コレラタケとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > 日本の毒キノコ > コレラタケの意味・解説 

コレラタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/02 01:48 UTC 版)

コレラタケ(虎列剌茸、学名 Galerina fasciculata)は、フウセンタケ科ケコガサタケ属キノコ本郷次雄により発見された当初の和名はドクアジロガサ(毒網代傘)であったが、細菌性感染症コレラに似た症状を呈し、致命的な毒性を持つことから、社会に対して毒キノコとしての注意を喚起するため、このように改名された[1]




「コレラタケ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コレラタケ」の関連用語

コレラタケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アクアマリン

羅臼岳

PC-98VX4/WN

ノウゼンカズラ

FLSTC ANV

岸川朱里

コードハンガー

サイドローディング





コレラタケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコレラタケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS