コモンレールとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 自動車用語 > コモンレールの意味・解説 

コモンレール

コモンレールとは、高圧化した燃料またはエンジンオイル蓄え、各インジェクター均一与えるための部屋(オイルレールまたはコモンレール)を示します。
より高圧での燃料噴射実現することでPM黒煙低減し、電子制御噴射圧力噴射時期噴射期間(噴射量)をきめ細かく、自由に制御することでNOx低減します。
現在、燃料加圧エンジンオイル利用するものと燃料直接加圧する方式2種類が実用化されており、いすゞではSUVエンジンエンジンオイル利用したものを、また、大・中トラックでは燃料直接加圧する方式採用しています。
従来型噴射ポンプ グラフ  
従来噴射ポンプ場合噴射圧力エンジン回転数比例しており、低回転域では噴射圧力上げることが困難だったため、燃料噴射ノズルの小噴口化と組み合わせていました。
コモンレールシステム グラフ  
コモンレールシステムエンジン回転数に関係無く噴射圧力を自由に制御できるため、走行状況かかわらず、つねにクリーン排出ガス実現します。

詳細説明こちらから

噴射ポンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/07 20:14 UTC 版)

(コモンレール から転送)

噴射ポンプ(ふんしゃポンプ、: Injection Pump)はディーゼルエンジンの燃焼室内に噴射する燃料を高圧で送り出す部品である。




  1. ^ なお、旧来の機械式噴射ポンプの潤滑対策として、ガソリンスタンドでは専用の潤滑添加剤を用いることで対処を行っている。
  2. ^ High-pressure injection injuries to the hand
  3. ^ Land Rover Defeder Workshop Manual 1999-2002
  4. ^ ECD-U2 - 日本の自動車技術180選
  5. ^ デンソーテクニカルレビュー Vol.7 No.1 2002 (PDF)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

コモンレールに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コモンレール」の関連用語

コモンレールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




コモンレールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
いすゞ自動車いすゞ自動車
Copyright(C) 2014 ISUZU MOTORS LIMITED
いすゞ自動車自動車用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの噴射ポンプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS