コブラとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > コブラの意味・解説 

コブラ [1] 【cobra】

有鱗目コブラ科毒ヘビ総称。特に,威嚇する時に前半身を立て,えりの部分を平らに広げる種類をいう。上顎管状毒牙から神経毒を出す。メガネヘビ・タイガースネーク・マンバなど種類多く最大種はキングコブラ長さ4.5メートル達する。熱帯亜熱帯広く分布

こぶら 【腓

こむら(腓) 」に同じ。

【コブラ】(こぶら)

Cobra

  1. 1989年パリエアショーに於いてSu-27初め見せ低速からの急激な機首上げを行うポストストール機動当時西側多く人々驚愕させた。
    そのときSu-27操縦していたプガチョフ氏の名を取りプガチョフコブラとも呼ばれる
    Su-27だけではなくMiG-29F-22,F/A-18といった機でも同種の機動が可能で、エアショーなどで観客を沸かせている。
    戦闘機ではないがSu-31でも似た機動が可能で、ユルギス・カイリス氏のヤキトリ-ハラヘッタ(氏は親日家である)なども有名。
    http://www.masdf.com/altimeter/riat/2ndday2/s/IMG_0384.jpg
    Photo:MASDF
    http://www.masdf.com/altimeter/riat/2ndday2/s/IMG_0387.jpg
    Photo:MASDF
    http://www.masdf.com/altimeter/riat/2ndday2/s/IMG_0392.jpg
    Photo:MASDF
    http://www.masdf.com/altimeter/riat/2ndday2/s/IMG_0404.jpg
    Photo:MASDF

    MiG-29M OVTによるコブラの連続写真

    関連フック クルビット ダブルクルビット

  2. AH-1愛称

  3. F/A-18原型となった、P.530およびYF-17愛称

  4. トルコのオトカ・オトブス・カロセリ・サナイ社がプライベートベンチャーとして開発した軽装甲車。
    1995年試作車完成し、1997年からトルコ陸軍への配備開始された。
    シャーシにはHMMWVの物(ECVシャーシ)が使用されており、車体避弾経始優れた圧延防弾鋼板全溶モノコック構造である。
    また、地雷対策として車体下部V字になっている

    装甲は、車体全周渡って5.56mm弾、7.62mm弾及び対人対戦車地雷対処したものだが、必要に応じて防御力強化のための増加装甲ボルト止め装着する事も可能である。

    派生型多数製作されており、車体後部にウォータージェット・スラスター2基を装備する水陸両用型や指揮通信機材を搭載した指揮通信車、4基の担架または6名の患者収容可能な野戦救急車TOW対戦車ミサイル発射機を装備した対戦車車両などが製作されている。

    【スペックデータ】
    乗員2名+兵員8名
    全長5.00m
    全高2.10m
    全幅2.22m
    戦闘重量6.3t
    エンジンゼネラルモータース 4ストロークV型8気筒液冷ターボチャージド・ディーゼルエンジン(出力190hp)
    最大速度115km/h(路上
    航続距離500km
    兵装7.62mm機関銃×1挺(OWS搭載)、BGM-71TOW」またはスパイク対戦車ミサイル


ラクトフェン

分子式C19H15ClF3NO7
その他の名称:PPG-844、ラクトフェン、コブラ、コブラ(除草剤)、Cobra(henbicide)、Lactofen、Cobra、5-[2-Chloro-4-(trifluoromethyl)phenoxy]-2-nitrobenzoic acid 2-ethoxy-1-methyl-2-oxoethyl ester
体系名:5-[2-クロロ-4-(トリフルオロメチル)フェノキシ]-2-ニトロ安息香酸2-エトキシ-1-メチル-2-オキソエチル


コブラ

読み】:コブラ
【英】:COBRA

1948年アムステルダム結成された芸術家グループカレル・アペル,アスガーヨルン,コルネイユらが実験美術家称して集まったものである。コブラの名称は、結集した作家生国が、デンマークベルギーオランダ三国わたっていたことから、それぞれの首都コペンハーゲンブリュッセルアムステルダム頭文字をとってコブラと称するようになった激し筆触鮮やかな色彩による表現主義的な作風が共通しまた、精神障害者子供による作品表現可能性を見い出しアンフォルメル運動とも深くかかわりながら、ヨーロッパでの第二次大戦後新し絵画運動の代表のひとつとなった。しかし、グループとしての活動短命で、3回のグループ展を開催し、3年後の1951年解散している。

キングコブラ(一般和名); コブラ


コブラ

名前 Kobra

コブラ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/24 15:39 UTC 版)

(コブラ から転送)

コブラ科(コブラか、Elapidae)は、ヘビの一つ。


  1. ^ TODD A. CASTOE, ERIC N. SMITH, RAFE M. BROWN, CHRISTOPHER L. PARKINSON (2007). “Higher-level phylogeny of Asian and American coralsnakes, their placement within the Elapidae (Squamata), and the systematic affinities of the enigmatic Asian coralsnake Hemibungarus calligaster (Wiegmann, 1834)”. Zoological Journal of the Linnean Society 151 (4): 809–831. doi:10.1111/j.1096-3642.2007.00350.x. 
  2. ^ a b c d e J. Scott Keogh, Richard Shine, Steve Donnellan (1998). “Phylogenetic Relationships of Terrestrial Australo-Papuan Elapid Snakes (Subfamily Hydrophiinae) Based on Cytochrome b and 16S rRNA Sequences”. MOLECULAR PHYLOGENETICS AND EVOLUTION 10 (1): 67–81. doi:10.1006/mpev.1997.0471. 
  3. ^ J. Scott Keogh (1998). “Molecular phylogeny of elapid snakes and a consideration of their biogeographic history”. Biological Journal of the Linnean Society 63 (2): 177–203. doi:10.1111/j.1095-8312.1998.tb01513.x. 


「コブラ科」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コブラ」の関連用語

コブラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

たかなみ

ダチョウ

コンフォーマルタンク

アフリカゾウ

シリアルナンバー

ニューギニアワニ

装弾筒付翼安定式徹甲弾

アフリカゾウ





コブラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
全日本爬虫類皮革産業協同組合全日本爬虫類皮革産業協同組合
Copyright 2016 ALL JAPAN ASSOCIATION OF REPTILES SKIN AND LEATHER. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコブラ科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS