コピ・ルアクとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コピ・ルアクの意味・解説 

コピ・ルアク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/17 17:52 UTC 版)

コピ・ルアク(インドネシア語:Kopi Luwak)とは、ジャコウネコから採られる未消化のコーヒー豆のことである。「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名である。日本では、コピー・ルアークコピ・ルアックルアック・コーヒーとの呼称も通用している。独特の香りを持つ。産出量が少なく、高価である。






「コピ・ルアク」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コピ・ルアク」の関連用語

コピ・ルアクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゲルスドルフ鉱

千枚田

P001

ヤマモモ

74式戦車

クロチチタケ

イヌマキ

なかとじ





コピ・ルアクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコピ・ルアク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS