ゲーリッケとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > 各国の技術者 > ゲーリッケの意味・解説 

ゲーリッケ (Guericke, Otto von)

ゲーリッケという人は

オットー・フォン・ゲーリッケ オットー・フォン・ゲーリッケ

ドイツマグデブルグ市の名家生まれる。ドイツの大学数学力学を学んだ後、ライデン大学イギリスフランスへも遊学し、1627年帰国する。 建築技師としてマグデブルグ市に大きく貢献し、1646年マグデブルグ市長就任する。科学実験彼の趣味であった。

ゲーリッケの主な経歴

ガリレイ空気重さがあることを証明したことによって真空興味持ち始める。 で満たした後に密閉処理を施しポンプを抜いていったところ、がつぶれたとき、音を立てて空気を吸い込んだ。 木製では壊れてしまうので、銅製の中が空洞になっている球状容器用いてみたが、ある点以上は大人4人がかりでもポンプピストンが動かなくなった。

ゲーリッケの真空実験(樽) ゲーリッケの真空実験

ゲーリッケの真空実験(マグデブルグの半球) ゲーリッケの真空実験マグデブルグの半球

トリチェリの実験自分やってみると、ガラス管上部真空としていた部分には、水銀中に溶け込んでいた空気水銀から分離してたまっており、完全な真空なっていないことに気づいた。 これをヒントに、真空をつくるには密閉した空間から水や水銀を抜くのではなく空気を抜く必要がある気づき各部分が密着して空気漏れしない構造空気を抜くポンプ1650年考案する。 当初木製であった容器は後に金属へと変化する。現在のコンプレッサのような往復運動をするフイゴ型のピストンポンプである。

1654年ローマ皇帝であるフェルディナンド3世求めに応じ、中空半球(ゲーリッケがマグデブルグ市長であったことからマグデブルグの半球呼ばれている)を合わせて球とし真空ポンプ空気抜き両側から馬8頭ずつで引かせても離れないという実験披露した。 さらに、球にわずかな空気を入れると簡単に離れることも実証した。 実験感動したフェルディナンド3世は、研究結果整理して出版するようゲーリッケに命じた。

 

ゲーリッケの起電機 ゲーリッケの起電機

1663年摩擦起電機発明する。 琥珀羽毛吸い寄せることに興味を持っていたゲーリッケは琥珀強くこすり、これを他の物体に近づけるとパチパチと音を立てること、また暗闇ではわずかに光ることを発見し、もっと強い電気求めた。 琥珀代わりに硫黄を用い、直径25センチ硫黄球をつくり、これに軸をつけて焼き物のろくろのように回転させ、乾いた手を触れていくと強い電気発生した。 何度でも電気取り出せる機械としては世界初のものであり、この機械により火花放電現象などの確認や、後のフランクリン凧揚げ実験につながっていくことになる。

オットー・フォン・ゲーリッケ

真空中では音が伝わらないことや、ろうそく燃えないこと、また、金属内の空気ポンプで抜いてから球の重さ測定したらわずかに軽くなっていることも確認している。

当時実験のような汚れ仕事低級肉体労働考えられていたが、この頃から教養がある上流階級でも実験が行われるようになる。新し発見への興味関心が、それまで労働という認識を変えてしまったようである。


ゲーリッケ

名前 GerickeGuericke





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ゲーリッケ」の関連用語

ゲーリッケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホークスビー

フレミング

スワン

クロイジ

キャベンディッシュ

フレミング

ガウス

バチェラー





ゲーリッケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2016 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2016 Weblio RSS