ケイトとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > ケイトの意味・解説 

ケイト【ケイト】(草花類)

登録番号 第13067号
登録年月日 2005年 3月 23日
農林水産植物の種類 カーネーション
登録品種の名称及びその読み ケイト
 よみ:ケイト
品種登録の有効期限 20 年
育成者権の消滅 2005年 3月 23日
品種登録者の名称 P.コーイゾーネン
品種登録者の住所 オランダ王国 1432GP アールスメール ホーンウェッヒ 132
登録品種の育成をした者の氏名 吉田洋之
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、育成系統どうしを交配して育成されたものであり、花は黄白地色淡黄緑色のぼかしが入る盛咲で、中輪の1花茎当たりの花数が中、花柄当たりの最多花数が少の切花向きの品種である。草姿中間開花草丈高、節数はやや多である。長径は中、硬さは剛、折れ難易は中、中央部の色は灰緑、ろう質の有無及び立数は中、1側芽及び側数は多、側着生位置全体節間長はやや長、最長節間位置は第3節以下である。全体の形は線形先端部の形は鋭くとがる、葉巻き程度は巻く、最大葉長はやや長、幅は狭、葉色は緑、ろう質は中である。つぼみの形は倒卵形大きさは中、花の重ね八重、上から見た花形円形側面から見た花形は盛咲、花径は中、地色黄白JHS カラーチャート2701)、複色模様色は淡黄緑(同3303)、色彩模様はぼかし、花弁波状程度波状鋸歯深さ、数、花弁長さ及び幅は中、数は少、ほう葉の形はⅠ型、数は4長さは中、がくの形は鐘形がく筒の色は緑、がくの太さは中、長さはやや長、1花茎当たりの花数は中、花柄当たりの最多花数は少、花の香りは弱である。開花習性四季咲き早晩性晩生、がく割れ難易性は難である。「ミルキーウェイ」と比較して、1側芽及び側数が多いこと、葉色が緑であること、花弁数が少ないこと等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、平成8年育成者所属する会社温室栃木県小山市)において、育成系統どうしを交配し、その実生の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し、10年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。



ケイト

名前 CaitCateKateCatoKayteKeith

毛糸

読み方:ケイト(keito

編み物につかう毛をつむいで糸にしたもの

季節

分類 人事


競渡

読み方:ケイト(keito

五月五日節供行事として行なわれる競漕

季節

分類 人事


ケイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/12 13:45 UTC 版)

ケイト英語: Cate, Kate)は英語圏の女性名。キャサリン(Catherine, Katherine)の愛称形。




「ケイト」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ケイトに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ケイト」の関連用語

ケイトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Mi-24

50型

差水

フラワーナイフ

イーグル1

ハイロースト

偕楽園の梅林

ストール





ケイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS