クロマニヨン人とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 考古学 > 人骨 > クロマニヨン人の意味・解説 

クロマニヨン じん [5] 【クロマニヨン人】

1868年フランス南西部のクロマニヨン(Cro-Magnon岩陰遺跡発見された化石人骨同類人骨その後ヨーロッパ各地発掘された。身長は高く、約1.8メートル年代は約四万一万年前と推定される。新人に属し、後期旧石器文化をもつ。

クロマニヨン人

英訳・(英)同義/類義語:Cro-Magnon man

数万年前よりも新し時期化石として発見される、現生人類直接祖先ヨーロッパ氷河冷凍状態の遺体発見されている。
「生物学用語辞典」の他の用語
生物の名前総称など:  クモ類  クライン  クラゲ  クロマニヨン人  ケイ藻類  ケヤリムシ  ゲンジボタル

クロマニョン人

(クロマニヨン人 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 08:00 UTC 版)

クロマニョン人(クロマニョンじん、Cro-Magnon man)とは、南フランスで発見された人類化石に付けられた名称である。1868年[1]、クロマニョン (Cro-Magnon) 洞窟で、鉄道工事に際して5体の人骨化石が出土し[2]古生物学者ルイ・ラルテフランス語版英語版によって研究された。その後、ヨーロッパ北アフリカ各地でも発見された。




  1. ^ "Cro-Magnon 1 is a middle-aged, male skeleton of one of the first modern human fossils ever found, at Cro-Magnon, France in 1868."Homo sapiens”. Smithsonian Institution. 2015年12月19日閲覧。
  2. ^ "...the remains of four adult skeletons, one infant, and some fragmentary bones..." Cro-Magnon 1”. Smithsonian Institution. 2015年12月23日閲覧。
  3. ^ 楢崎 1997, p. 161, 「クロマニヨン人は...最近解剖学的現代人と呼ばれている」.
  4. ^ Currat, M.; Excoffier, L. (2004). "Modern Humans Did Not Admix with Neanderthals during Their Range Expansion into Europe". PLoS Biol. 2 (12): e421. PMC 532389 Freely accessible. PMID 15562317. doi:10.1371/journal.pbio.0020421.
  5. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)クロマニョン人くろまにょんじん Cro-Magnon man 香原志勢
  6. ^ 楢崎 1997, p. 163, ネアンデルタール人とクロマニヨン人の形態比較.
  7. ^ Caramelli, D; Lalueza-Fox, C; Vernesi, C; Lari, M; Casoli, A; Mallegni, F; Chiarelli, B; Dupanloup, I; Bertranpetit, J; Barbujani, G; Bertorelle, G (May 2003). "Evidence for a genetic discontinuity between Neandertals and 24,000-year-old anatomically modern Europeans". Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 100 (11): 6593–7. Bibcode:2003PNAS..100.6593C. doi:10.1073/pnas.1130343100. PMC 164492. PMID 12743370.
  8. ^ Eppie R. Jones, Gloria Gonzalez-Fortes, Sarah Connell, Veronika Siska, Anders Eriksson, Rui Martiniano, Russell L. McLaughlin, Marcos Gallego Llorente, Lara M. Cassidy, Cristina Gamba, Tengiz Meshveliani, Ofer Bar-Yosef, Werner Müller, Anna Belfer-Cohen, Zinovi Matskevich, Nino Jakeli, Thomas F. G. Higham, Mathias Currat, David Lordkipanidze, Michael Hofreiter et al.(2015) Upper Palaeolithic genomes reveal deep roots of modern Eurasians Nature Communications 6, Article number: 8912 doi:10.1038/ncomms9912
  9. ^ Fu, Qiaomei; et al. (2016). "The genetic history of Ice Age Europe". Nature. doi:10.1038/nature17993.
  10. ^ Sikora, Martin; Seguin-Orlando, Andaine; Sousa, Vitor C.; Albrechtsen, Anders; Korneliussen, Thorfinn; Ko, Amy; Rasmussen, Simon; Dupanloup, Isabelle et al. (2017). “Ancient genomes show social and reproductive behavior of early Upper Paleolithic foragers”. Science: eaao1807. doi:10.1126/science.aao1807. ISSN 0036-8075. 
  11. ^ Eupedia
  12. ^ ただしコーカソイドを特徴づけるような形質はまだ獲得していなかった可能性が極めて高い。
  13. ^ 楢崎 1997, p. 167, 2.道具.
  14. ^ 楢崎 1997, p. 167, 5.芸術と象徴.
  15. ^ a b シャンスラード人(シャンスラードじん)とは - コトバンク
  16. ^ a b グリマルディ人(グリマルディじん)とは - コトバンク
  17. ^ Sollas, William Johnson (1927). “The Chancelade Skull”. Journal of the Anthropological Institute of Great Britain and Ireland 57: 89-122. http://www.jstor.org/stable/2843679 2015年12月22日閲覧。. 
  18. ^ Chancelade skeleton”. Encylopædia Britannica. 2015年12月22日閲覧。
  19. ^ en:Grimaldi_Man#Grimaldi_man_as_"negroid"


「クロマニョン人」の続きの解説一覧





クロマニヨン人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

クロマニヨン人に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クロマニヨン人」の関連用語

クロマニヨン人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

インウェンドウ

メバル

スクロール

土堤

ダンディーGO

幅員減少

大癋見

第二しょうどしま丸





クロマニヨン人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロマニョン人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS