クロナゼパムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > クロナゼパムの意味・解説 

クロナゼパム

分子式C15H10ClN3O3
その他の名称:クロノピン、ランドセン、リボトリル、イクトリビル、クロナゼパム、Sentil、Clonopin、Ribotril、Ro5-4023、Iktorivil、Clonazepam、5-(2-Chlorophenyl)-1,3-dihydro-7-nitro-2H-1,4-benzodiazepin-2-one、5-(o-Chlorophenyl)-7-nitro-2,3-dihydro-1H-1,4-benzodiazepin-2-one、Rivotril、Landsen、Ro-5-4023、ID-691、リボトリール
体系名:5-(2-クロロフェニル)-7-ニトロ-1H-1,4-ベンゾジアゼピン-2(3H)-オン、1,3-ジヒドロ-7-ニトロ-5-(2-クロロフェニル)-2H-1,4-ベンゾジアゼピン-2-オン、5-[2-クロロフェニル]-7-ニトロ-1H-1,4-ベンゾジアゼピン-2(3H)-オン、7-ニトロ-5-(2-クロロフェニル)-1H-1,4-ベンゾジアゼピン-2(3H)-オン、5-(o-クロロフェニル)-7-ニトロ-2,3-ジヒドロ-1H-1,4-ベンゾジアゼピン-2-オン、5-(2-クロロフェニル)-1,3-ジヒドロ-7-ニトロ-2H-1,4-ベンゾジアゼピン-2-オン


クロナゼパム

薬物クロナゼパム
英名clonazepam
化合物名or商品名ランドセン
分子式C15H16ClN3O3
分子データ
用途てんかん痙攣
副作用眠気ふらつき喘鳴など
胎,授乳児への影響安全度
備考耐性上昇依存注意
融点240
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

クロナゼパム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/27 09:31 UTC 版)

クロナゼパム(Clonazepam)は、ベンゾジアゼピン系の抗てんかん薬筋弛緩薬である。抗不安作用も有する[1]。日本では1981年より、商品名ランドセンリボトリールで販売され、適応はてんかんである。




  1. ^ Cowen PJ; Green AR, Nutt DJ (March 1981). “Ethyl beta-carboline carboxylate lowers seizure threshold and antagonizes flurazepam-induced sedation in rats”. Nature 290 (5801): 54?5. doi:10.1038/290054a0. PMID 6259533. 
  2. ^ a b c 厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長, “催眠鎮静薬、抗不安薬及び抗てんかん薬の「使用上の注意」改訂の周知について (薬生安発0321第2号)” (pdf) (プレスリリース), https://www.pmda.go.jp/files/000217230.pdf 2017年3月25日閲覧。 、および、使用上の注意改訂情報(平成29年3月21日指示分)”. 医薬品医療機器総合機構 (2017年3月21日). 2017年3月25日閲覧。
  3. ^ a b 日本神経学会(監修) 『てんかん治療ガイドライン2010』 医学書院、2010年、102頁。ISBN 978-4-260-01122-8
  4. ^ Grupo Brasileiro de Estudos em Síndrome das Pernas Inquietas (GBE-SPI) (September 2007). “Síndrome das pernas inquietas: diagnóstico e tratamento. Opinião de especialistas brasileiros [Restless legs syndrome: diagnosis and treatment. Opinion of Brazilian experts]” (Portuguese). Arq. Neuro-Psiquiatr. 65 (3a): 721–7. doi:10.1590/S0004-282X2007000400035. ISSN 0004-282X. PMID 17876423. 
  5. ^ Trenkwalder C, Hening WA, Montagna P, Oertel WH, Allen RP, Walters AS, Costa J, Stiasny-Kolster K, Sampaio C (December 2008). “Treatment of restless legs syndrome: an evidence-based review and implications for clinical practice”. Mov Disord 23 (16): 2267–302. doi:10.1002/mds.22254. PMID 18925578. http://www.movementdisorders.org/publications/ebm_reviews/treatmentofrls.pdf. 
  6. ^ Schenck CH, Arnulf I, Mahowald MW (June 2007). “Sleep and Sex: What Can Go Wrong? A Review of the Literature on Sleep Related Disorders and Abnormal Sexual Behaviors and Experiences”. Sleep 30 (6): 683–702. PMC 1978350. PMID 17580590. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1978350. 
  7. ^ Ferini-Strambi L, Zucconi M (September 2000). “REM sleep behavior disorder”. Clin Neurophysiol 111 Suppl 2: S136–40. doi:10.1016/S1388-2457(00)00414-4. PMID 10996567. 
  8. ^ Silber MH (February 2001). “Sleep disorders”. Neurol Clin 19 (1): 173–86. doi:10.1016/S0733-8619(05)70011-6. PMID 11471763. 
  9. ^ a b 医薬品医療機器総合機構 (2017年2月28日), “調査結果報告書” (pdf) (プレスリリース), 医薬品医療機器総合機構, http://www.pmda.go.jp/files/000217061.pdf 2017年3月25日閲覧。 
  10. ^ 医薬品医療機器総合機構 (2017-03). “ベンゾジアゼピン受容体作動薬の依存性について” (pdf). 医薬品医療機器総合機構PMDAからの医薬品適正使用のお願い (11). https://www.pmda.go.jp/files/000217046.pdf 2017年3月25日閲覧。. 


「クロナゼパム」の続きの解説一覧





クロナゼパムと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クロナゼパム」の関連用語

クロナゼパムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

mamorino

木槌

タイヤパッチ

澄田智

色打掛

沖縄そば

チンパンジー

樫尾俊雄





クロナゼパムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロナゼパム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS