クロッケーとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > クロッケーの意味・解説 

クロッケー [2]フランス croquet】

球技の一。芝生の上に,数個鉄製小門を並べ,その間を木の木製の球を打っ通過させ,得点を争うもの。

クロッケー

歴史と沿革

羊飼いボール打ちで作った門(ゲート)を通過させるという、1314世紀ごろに南フランス農民たちが楽しんでいた「ペル・メル」というゲームルーツだと言われています。17世紀にはフランスイタリア宮廷貴族の間で人気になり、ルイ14世好んで宮廷内部で楽しんでいたようです

19世紀後半になってイギリス盛んになり、急速に組織化競技化されて今日の形となりました。日本明治維新前の1867年には第1回の全英選手権開催され、1869年には現在はテニスで有名なウィンブルドンに『オール・イングランド・クロッケークラブ』が創設されています。また、1902年の第2回近代オリンピック・フランス大会でも公開競技として取り上げられるほどになりました。

以降長らくイギリスアメリカオーストラリアニュージーランド南アフリカなどの英連邦諸国行われてきましたが、1986年には世界クロッケー連盟組織され、参加国も増加し、現在では4大陸26カ国・地域で楽しまれています。

なお、日本で盛んなゲートボールは、明治期紹介された初期のクロッケーをベースわが国で独自にルール化されたものです。


競技方法

クロッケーは、の上プレイすることが大前提になっています。そして、ドレスコードは白と決められているので、緑の芝生の上で白いユニフォームに身を包んだプレイヤーがゆったりとゲーム興じる様は、なかなか優雅印象与えます。また、何よりも体力的なハンディキャップほとんどない珍しい球技なので、高齢者女性若い男性と一緒にプレイしてもまったく問題ありません。

ゲームとしての特徴は、なんといってもクロッケー・ショットにあります。これは、接触させた2個(場合によっては3個)のボールのうち自分ボール打ちそれぞれのボール戦局に応じてコート上の任意の位置に転がすショットのことです。つまり、ビリヤード同様に自分ボールと他のボールの転がる距離の割合と、それぞれが転がる方向違いを、たった1本のマレットによるさまざまな打ち方駆使実現するショットになります。

このように、クロッケー・ショットを自在操りながら、他の3つのボール戦略的利用して、途切れることなく次々フープ通過させていき、相手より早くペグ辿り着くことを競い合います。技術知力総動員するところに、クロッケーの奥深い楽しみと魅力があるのです。


ルール


道具・コース


参照リンク:

日本クロッケー協会
http://www.croquet.jp/


クロッケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/09 00:40 UTC 版)

クロッケー: Croquet英語発音: [krouˈkei] クロゥイ)とは、芝生コートで行われるイギリス発祥の球技。日本におけるゲートボールの原型である。






「クロッケー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

クロッケーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クロッケー」の関連用語

クロッケーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

気功

カーリング

軟式野球

キャンプ

デンマーク体操

マイクロライトプレーン

カバディ

ラグビーフットボール





クロッケーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロッケー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS