クレアチンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > アミノ酸 > クレアチンの意味・解説 

クレアチン

分子式C4H9N3O2
慣用名クレアチン、メチルグリコシアミン、Creatine、Methylglycocyamine、N-Guanyl-N-methylglycine、(1-Methylguanidino)acetic acid、1-Methylguanidinoacetic acid、N-Methyl-N-amidinoglycine
体系名:N-グアニル-N-メチルグリシン、(1-メチルグアニジノ)酢酸、1-メチルグアニジノ酢酸、N-メチル-N-アミジノグリシン


クレアチン

英訳・(英)同義/類義語:creatine

骨格筋含まれる低分子アミノ酸一種で、リン酸化されてホスホクレアチンとなり筋肉におけるエネルギー貯蔵役目を果たす。

クレアチン

【仮名】くれあちん
原文creatine

体で作られ、エネルギー貯蔵に使われる物質。がんに関連する体重減少治療の分野研究されている。アルギニンというアミノ酸由来する。

クレアチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/07 05:16 UTC 版)

クレアチン (creatine) とは、1-メチルグアニジノ酢酸(あるいはメチルグリコシアミン)のことで、有機酸の一種である。略号は Cr。筋肉中に存在する。




「クレアチン」の続きの解説一覧





クレアチンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

クレアチンに関連した本

クレアチンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クレアチン」の関連用語

クレアチンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




クレアチンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレアチン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS