クリーン開発メカニズムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 理論・法則 > 政策 > 気候変動に関する政策 > クリーン開発メカニズムの意味・解説 

クリーンかいはつ メカニズム [11] 【クリーン開発メカニズム】 〔Clean Development Mechanism〕


クリーン開発メカニズム

読み方:クリーンかいはつメカニズム
別名:CDM
英語:Clean Development Mechanism

先進国途上国に対して資金援助技術提供などを行うことによって削減成功した温室効果ガス排出量のうち、その一部自国排出削減分に充てることができるシステム途上国持続可能な発展地球規模温室効果ガス削減貢献するといわれる柔軟性措置一つである。

クリーン開発メカニズムは、1997年採択された京都議定書盛り込まれた京都メカニズム一つである。1997年提案された当時は、詳細規定などが定まっていなかったため、数年協議の後、2001年COP7でクリーン開発メカニズムの運用が正式決定した。

先進国は、途上国内での排出削減行い、その一部を「認定輩出削減量」として自国削減分に加えることができる。温室効果ガス削減めぐっては、先進国途上国との間に対立があったが、クリーン開発メカニズムなどによって双方協力し、温室効果ガス削減促す効果があるとされている。
2013年07月17更新

クリーン開発メカニズム

CDMの略。

クリーン開発メカニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/30 05:26 UTC 版)

クリーン開発メカニズム(クリーンかいはつメカニズム、英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国開発途上国において技術資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度である。京都議定書第12条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。






「クリーン開発メカニズム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クリーン開発メカニズム」の関連用語

クリーン開発メカニズムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

神通川

蘭嶼豚

竹春蘭図縁頭

立木観音

日野リエッセII

RAV4

ゴホンツノカブト

パライソ・オレンジ





クリーン開発メカニズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2017 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリーン開発メカニズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS