クリント・イーストウッドとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 俳優・女優 > アメリカ合衆国の俳優 > クリント・イーストウッドの意味・解説 

Clint Eastwood

以下の映画Clint Eastwood関連しています。
コロンビアトライスター映画配給
ワーナー・プラザース


クリント・イーストウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/28 03:34 UTC 版)

クリント・イーストウッド(Clint Eastwood(本名:Clinton Eastwood Jr.(クリントン・イーストウッド・ジュニア)), 1930年5月31日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身の映画俳優映画監督映画プロデューサー作曲家政治活動家。公称身長193 cm(6フィート4インチ)。




[ヘルプ]
  1. ^ Schickel 1996, p. 21.
  2. ^ guardian.co.uk Gentle man Clint, November 2, 2008.
  3. ^ McGilligan (1999), p. 22
  4. ^ Smith, Paul (1993). Clint Eastwood a Cultural Production. Minnesota: University of Minnesota Press. ISBN 0-8166-1958-1. 
  5. ^ adherents.com The Religious Affiliation of actor/director Clint Eastwood.
  6. ^ Zmijewsky, p. 13
  7. ^ CBS Evening News interview, February 6, 2005.
  8. ^ a b c d McGilligan (1999), p. 34
  9. ^ Locke, Sondra (1997). The Good, the Bad, and the Very Ugly – A Hollywood Journey. William Morrow and Company. ISBN 978-0-688-15462-2. 
  10. ^ McGilligan (1999), p. 35
  11. ^ a b McGilligan (1999), p. 37
  12. ^ a b c McGilligan (1999), p. 40
  13. ^ McGilligan (1999), p.41
  14. ^ The King of Western Swing - Bob Wills Remembered. Rosetta Wills. 1998. p. 165 0-8230-7744-6.
  15. ^ McGilligan (1999), p.43
  16. ^ McGilligan, p. 49
  17. ^ a b Schickel 1996, pp. 51–55.
  18. ^ Accident Report: AD-1Q BU#409283 Eastwood”. U.S. Navy (1951年). 2017年6月21日閲覧。
  19. ^ Zmijewsky (1982), p. 16
  20. ^ Schickel 1996, p. 50.
  21. ^ McGilligan (1999), p.54
  22. ^ a b McGilligan (1999), p. 55
  23. ^ a b Zmijewsky (1982), p. 17
  24. ^ McGilligan (1999), p. 56
  25. ^ Zmijewsky (1982), p. 19
  26. ^ a b c McGilligan (1999), p. 52
  27. ^ a b c McGilligan (1999), p. 60
  28. ^ a b McGilligan (1999), p.84
  29. ^ McGilligan (1999), p.61
  30. ^ McGilligan (1999), p. 62
  31. ^ a b c d McGilligan (1999), p. 63
  32. ^ McGilligan (1999), p. 64
  33. ^ http://www.marineland.net/history/php
  34. ^ a b McGilligan (1999), pp. 65–66
  35. ^ McGilligan (1999), p. 79
  36. ^ McGilligan (1999), p. 80
  37. ^ McGilligan (1999), p. 81
  38. ^ McGilligan (1999), p.86
  39. ^ McGilligan (1999), pp. 82–3
  40. ^ a b c d McGilligan (1999), p. 85
  41. ^ a b c McGilligan (1999), p. 87
  42. ^ a b McGilligan (1999), p. 90
  43. ^ McGilligan (1999), p. 91
  44. ^ McGilligan (1999), p. 93
  45. ^ McGilligan (1999), p. 94
  46. ^ a b McGilligan (1999), p. 95
  47. ^ McGilligan (1999), p. 100
  48. ^ Reader's Digest Australia: RD Face to Face: Clint Eastwood Archived July 26, 2008, at the Wayback Machine..
  49. ^ McGilligan (1999), p.102
  50. ^ McGilligan (1999), p.104
  51. ^ McGilligan (1999), p.105
  52. ^ a b c McGilligan (1999), p. 110
  53. ^ a b c McGilligan (1999), p. 111
  54. ^ McGilligan (1999), p. 113
  55. ^ McGilligan (1999), p. 114
  56. ^ McGilligan (1999), p. 115
  57. ^ McGilligan (1999), p. 125
  58. ^ a b c McGillagan (1999), p.126
  59. ^ Relive the thrilling days of the Old West in film | TahoeBonanza.com.
  60. ^ A Fistful of Dollars.
  61. ^ Richard Harrison interview.
  62. ^ a b c McGillagan (1999), p.127
  63. ^ a b c McGillagan (1999), p.128
  64. ^ a b McGillagan (1999), p.129
  65. ^ McGillagan (1999), p.131
  66. ^ McGillagan (1999), p.132
  67. ^ McGillagan (1999), p.137
  68. ^ a b c McGillagan (1999), p.144
  69. ^ a b McGillagan (1999), p.145
  70. ^ McGillagan (1999), p.146
  71. ^ McGillagan (1999), p.148
  72. ^ Frayling, Christopher (2000). Sergio Leone: Something To Do With Death. Faber & Faber. ISBN 0-571-16438-2. 
  73. ^ a b McGillagan (1999), p.150
  74. ^ a b c McGillagan (1999), p.151
  75. ^ a b c McGillagan (1999), p.152
  76. ^ a b McGillagan (1999), p.153
  77. ^ a b McGillagan (1999), p.154
  78. ^ a b McGillagan (1999), p.156
  79. ^ a b c McGillagan (1999), p.155
  80. ^ Texas, Adios (Franco Nero: Back In The Saddle) (DVD). Los Angeles, California: Blue Underground.. (1966年) 
  81. ^ a b c d McGillagan (1999), p.158
  82. ^ a b c McGillagan (1999), p.159
  83. ^ a b McGillagan (1999), p.157
  84. ^ a b c McGillagan (1999), p.162
  85. ^ a b McGillagan (1999), p.163
  86. ^ a b McGillagan (1999), p.164
  87. ^ a b c McGillagan (1999), p.165
  88. ^ McGillagan (1999), p.167
  89. ^ a b McGillagan (1999), p.172
  90. ^ McGillagan (1999), p.173
  91. ^ McGillagan (1999), p.177
  92. ^ Frayling (1992), p. 7
  93. ^ Smith (1993), p.76
  94. ^ Schickel (1996), p.225
  95. ^ Schickel (1996), p.226
  96. ^ a b McGilligan (1999), p.179
  97. ^ McGilligan (1999), p. 181
  98. ^ a b McGilligan (1999), p. 182
  99. ^ a b c McGilligan (1999), p.183
  100. ^ Kauffman, Stanley (1970年8月1日). “Stanley Kauffman on Films”. The New Republic 
  101. ^ Schickel (1996), p. 227
  102. ^ Canby, Maslin & Nichols (1999)
  103. ^ a b McGilligan (1999), p. 184
  104. ^ Kelly's Heroes, rottentomatoes.com; accessed June 16, 2014.
  105. ^ a b McGilligan (1999), p. 185
  106. ^ McGilligan (1999), p. 187
  107. ^ McGilligan (1999), p.186
  108. ^ a b McGilligan (1999), p. 189
  109. ^ McGilligan (1999), p. 190
  110. ^ a b c McGilligan (1999), p. 192
  111. ^ a b c d McGilligan (1999), p. 193
  112. ^ Boucher, Geoff (2010年9月7日). “Clint Eastwood as Superman or James Bond? ‘It could have happened,’ he says [updated]”. 2017年7月23日閲覧。
  113. ^ a b McGilligan (1999), p. 218
  114. ^ McGilligan (1999), p. 219
  115. ^ a b McGilligan (1999), p. 205
  116. ^ a b McGilligan (1999), p. 206
  117. ^ a b c McGilligan (1999), p. 207
  118. ^ McGilligan (1999), p. 209
  119. ^ McGilligan (1999), p. 210
  120. ^ a b McGilligan (1999), p. 211
  121. ^ a b McGilligan (1999), p. 212
  122. ^ McGilligan (1999), p.233
  123. ^ a b c McGilligan (1999), p.234
  124. ^ McGilligan (1999), p. 235
  125. ^ a b c McGilligan (1999), p. 236
  126. ^ a b McGilligan (1999), p.268
  127. ^ McGilligan (1999), p.273
  128. ^ a b McGilligan (1999), p.274
  129. ^ McGilligan (1999), p.276
  130. ^ a b McGilligan (1999), p.277
  131. ^ a b c McGilligan (1999), p. 278
  132. ^ McGilligan (1999), p. 260
  133. ^ McGilligan (1999), p.196
  134. ^ a b McGilligan (1999), p. 194
  135. ^ a b McGilligan (1999), p.195
  136. ^ a b McGilligan (1999), p. 221
  137. ^ McGilligan (1999), p. 223
  138. ^ McGilligan (1999), p. 228
  139. ^ a b McGilligan (1999), p. 229
  140. ^ a b McGilligan (1999), p. 230
  141. ^ McGilligan (1999), p.231
  142. ^ 『ゼロ年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)p.126f。
  143. ^ イーストウッド俳優引退宣言、監督専念へ
  144. ^ “イーストウッド監督「引退」は使わない”. nikkansports.com. (2010年1月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/p-et-tp1-20100118-586794.html 2010年1月19日閲覧。 
  145. ^ http://www.inquisitr.com/.../clint-eastwood-awaits-true-crime-praises...
  146. ^ “俳優イーストウッド氏がロムニー氏支持を表明 米大統領選”. (2012年8月5日). http://www.cnn.co.jp/usa/35020092.html 2012年8月13日閲覧。 
  147. ^ クリント・イーストウッド監督の米共和党大会での一人芝居が賛否両論” (2012年9月5日). 2012年9月12日閲覧。
  148. ^ C・イーストウッド トランプ氏を「建前」打破できる人物と評価
  149. ^ クリント・イーストウッドがトランプ氏支持 「軟弱な時代だ。誰もが発言に細心の注意を払う」
  150. ^ C・イーストウッド トランプ氏を「建前」打破できる人物と評価
  151. ^ a b クリント・イーストウッドが日本政府から「旭日中綬章」を叙勲”. 映画.com (2009年4月30日). 2017年6月16日閲覧。
  152. ^ クリント・イーストウッド監督に春の叙勲、渡辺謙、二宮和也らも祝福”. オリコンスタイル (2009年4月29日). 2017年6月16日閲覧。
  153. ^ Clint Eastwood: Wife of actor-director files for divorce”. Washington Times. 2013年10月24日閲覧。
  154. ^ クリント・イーストウッドさんの妻、離婚を申請”. CNN.co.jp (2013年10月25日). 2014年6月6日閲覧。
  155. ^ なんでOKしたの? クリント・イーストウッドがリアリティ番組出演で私生活を公開”. TV Groove (2011年12月16日). 2014年6月6日閲覧。
  156. ^ “京都国際映画祭開幕!牧野省三賞は木村大作が受賞「あと5年は頑張る」”. 映画.com. (2014年10月16日). http://eiga.com/news/20141016/19/ 2014年10月17日閲覧。 
  157. ^ “ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表”. 映画.com. (2014年12月3日). http://eiga.com/news/20141203/15/ 2014年12月4日閲覧。 
  158. ^ 2014年 第88回キネマ旬報ベスト・テン”. KINENOTE. 2015年1月8日閲覧。
  159. ^ “「そこのみにて光輝く」が日本映画1位…キネマ旬報ベスト・テン”. スポーツニッポン. (2015年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/08/kiji/K20150108009593960.html 2015年1月8日閲覧。 


「クリント・イーストウッド」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

クリント・イーストウッドに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クリント・イーストウッド」の関連用語

クリント・イーストウッドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山下 順源

アカアマダイ

渋川海水浴場

八段堰堤

921T

レース・エンゼル

水槽付ポンプ車

蹄鉄





クリント・イーストウッドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリント・イーストウッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS