クマリンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 香りの分子 > クマリンの意味・解説 

クマリン [1] 【coumarin】

誘導体多く配糖体として,同様の植物含まれる有毒なものもあるが,日焼け止め血液凝固阻止剤となるものもある。

クマリン

分子式C9H6O2
その他の名称:2-クロメノン、クマリン酸無水物、トンカビーンカンファー、Cumarin、Coumarin、2-Chromenone、Tonka bean camphor、Coumarinic anhydride、2H-1-Benzopyran-2-one、ラテックス、NCI-C-07103、Rattex、クマリニックアンヒドリド、5,6-ベンゾ-2-ピロン、5,6-Benzo-2-pyrone、3-Chromen-2-one、α-Chromen-2-one
体系名:3-クロメン-2-オン、α-クロメン-2-オン2H-1-ベンゾピラン-2-オン、クマリン


クマリン

名称クマリン
英名coumarin
別名2H-1-ベンゾピラン-2-オン
化学式C9H6O2
香り甘い芳香
状態s(白色結晶
融点71
沸点291
比重
性質エタノールエーテルクロロホルムに易溶/熱湯可溶冷水難溶
用途各種調合香料
有機180
無機112
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

クマリン

【仮名】くまりん
原文coumarin

血管内での凝血塊形成対す予防薬および治療薬ならびに特定の心臓の病態対す治療薬合成するのに用いられる物質。クマリンは特定の植物から得られるが、製造ラボ合成することも可能である。抗凝固薬一種である。

クマリン

名前 Kumarin

クマリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/20 15:40 UTC 版)

クマリン (coumarin) はの葉に代表される植物の芳香成分の一種。ラクトンの一種で、芳香族化合物である。バニラに似た芳香があり、苦く、芳香性の刺激的な味がする。桜湯や天然のオオシマザクラ塩蔵葉を用いた桜餅の香りはこれらに含まれるクマリンなどによるものである。




「クマリン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クマリン」の関連用語

クマリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ピニャ・コラーダ

対鶴図鐔

山猪

ファンシータキシード

アジア競馬会議

大腿骨

Sストローク

アボカド油





クマリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクマリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS