クマラスワミ報告とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > クマラスワミ報告の意味・解説 

クマラスワミ報告書

読み方:クマラスワミほうこくしょ
別名:クマラスワミ報告、女性に対する暴力に関する特別報告書女性への暴力に関する特別報告書女性に対する暴力その原因および結果に関する特別報告者

1996年国連人権委員会提出された、女性に対する暴力テーマとする特別報告書の通称。特別報告者ラディカ・クマラスワミの名にちなむ。

このクマラスワミ報告書の「付属文書1」が、日本の、いわゆる従軍慰安婦問題に関する調査報告となっている。

クマラスワミ報告書・付属文書1では、日本軍女性を「性奴隷」として扱った、軍隊性奴隷制(military sexualsl avery)の実態があった、と断言さえている。「被害者」として調査取材に応じた朝鮮人女性らの証言もとづき日本軍が行たとする蛮行」の様子仔細記述し、その上で、日本政府被害者女性への謝罪賠償などを行うよう勧告している。

産経新聞2014年4月に報じたところによれば、クマラスワミ報告書が提出された直後日本政府国連人権委員会反論文書提出している。反論文書は、この「付属文書1」の内容が「極めて問題が多い」「法的には成り立たない恣意的な解釈に基づく政治的主張である」として、これを全面的否定するものとなっている。しかし、この反論文書はすぐに撤回されている。文書内容非公開とされた。

日本政府は、クマラスワミ報告書に対して、「甘受」とでも表現すべき立場示してきたといえる

いわゆる従軍慰安婦問題は、1980年代朝日新聞などで取り上げられた吉田清治による証言いわゆる吉田証言」)に依拠するところが少なくない吉田証言慰安婦問題基調となり、クマラスワミ報告書にも影響与えている。しかし吉田証言信憑性には疑義も持たれていた。2014年朝日新聞が「吉田証言」の内容虚偽誤報があることを認め吉田証言虚言であったことが確定的となった。

この流れを受けて、2014年10月半ば菅義偉内閣官房長官が、日本政府としてクマラスワミ報告書の内容一部撤回するよう特別報告者ラディカ・クマラスワミ要請したことを明らかにした。

関連サイト
「慰安婦=性奴隷」に対する日本の反論文書を入手 国連報告は「不当」「歪曲」と批判も撤回 - MSN産経ニュース 2014年4月1日
「クマラスワミ報告書」に対する日本政府の反論文書の要旨 - MSN産経ニュース 2014年4月1日


クマラスワミ報告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/31 14:13 UTC 版)

クマラスワミ報告(クマラスワミほうこく)とは、国際連合人権委員会の決議に基づいて提出された、女性に対する暴力と、その原因及び結果に関する報告書の通称である。「クマラスワミ」は、国際連合人権委員会に任命された特別報告者であるラディカ・クマラスワミRadhika Coomaraswamy)を指す。クマラスワミ報告書ともいう。


[ヘルプ]
  1. ^ 秦郁彦 1999, p. 260
  2. ^ アジア女性基金 [1] 21ページ
  3. ^ 秦郁彦 1999, p. 334
  4. ^ a b 西岡力世界中にばら撒かれた「慰安婦問題」が捏造である完全なる根拠 (5/7)」、『SAPIO』2012年8月22・29日号、小学館2012年9月13日2012年10月20日閲覧。
  5. ^ 『戦争と性』第25号2006年5月[要ページ番号]
  6. ^ a b [2] 日弁連会長土屋公献声明「従軍慰安婦問題への政府の対応に関する声明」1995年11月16日。
  7. ^ 西岡力「世界中にばら撒かれた「慰安婦問題」が捏造である完全なる根拠 (6/7)」、『SAPIO』2012年8月22・29日号、小学館、2012年9月13日2013年6月6日閲覧。
  8. ^ アジア女性基金 アジア基金と私たち(P21-23)
  9. ^ 全文はアジア女性基金サイト内「慰安婦問題と償い事業をめぐる国内外の論議」>国連等国際機関における審議>国連関係>人権委員会(国連人権理事会)>E/CN.4/1996/53/Add.1.,4 January 1996「Addendum Report of the Special Rapporteur on violence against women, its causes and consequences, Ms. Radhika Coomaraswamy, in accordance with Commission on Human Rights resolution 1994/45, Report on the mission to the Democratic People’s Republic of Korea, the Republic of Korea and Japan on the issue of military sexual slavery in wartime」で英語・日本語ともに読めるほか、ラディカ・クマラスワミ 2003もある。
  10. ^ クマラスワミ報告 附属文書1 日本語訳 (44-48ページ)
  11. ^ 秦郁彦 1999, p. 268
  12. ^ 秦郁彦 1999, pp. 268-270
  13. ^ 日本語訳『従軍慰安婦 : 性の奴隷』三一書房 1995年
  14. ^ 秦郁彦 1999
  15. ^ 金子兜太「私の履歴書」日本経済新聞1996年7月12日。
  16. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 267
  17. ^ 日本語訳p287-288
  18. ^ 『慰安婦と戦場の性』p401
  19. ^ 「クマラスワミ報告」解説 【荒井信一】
  20. ^ 秦郁彦 1999, pp. 266-267
  21. ^ a b 秦郁彦 1999, pp. 273-274
  22. ^ 秦郁彦 1999, p. 274
  23. ^ 大師堂経慰『慰安婦強制連行はなかった』展転社1999年 [要ページ番号]
  24. ^ クマラスワミ報告 付属文書1.IV.証言 54節
  25. ^ 秦郁彦 『慰安婦と戦場の性』 新潮社〈新潮選書〉、1999年6月。
  26. ^ 秦郁彦 『慰安婦と戦場の性』 新潮社〈新潮選書〉、1999年6月。
  27. ^ 秦郁彦 1999, p. 265
  28. ^ 【あの戦争と向き合う(中)】従軍慰安婦:もつれた糸、ほぐして 戦後の歩みこそ「誇り」 47NEWS 2014年8月19日
  29. ^ アジア女性基金 アジア基金と私たち (PDF) (p.23)
  30. ^ 【歴史戦】「クマラスワミ報告書」に対する日本政府の反論文書の要旨+(4/4ページ) MSN産経ニュース 2014年4月1日
  31. ^ 【歴史戦】「慰安婦=性奴隷」に対する日本の反論文書を入手 国連報告は「不当」「歪曲」と批判も撤回+(1/2ページ) MSN産経ニュース 2014年4月1日
  32. ^ 秦郁彦 1999, p. 328
  33. ^ 秦郁彦 1999, p. 334
  34. ^ “従軍慰安婦報告書の修正不要 元国連調査人と会見”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年9月4日). http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014090401000893.html 2014年9月4日閲覧。 
  35. ^ a b 読売新聞2014年9月6日13S版2面
  36. ^ 国連人権委報告「朝日の記事が影響」…官房長官 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2014年9月5日
  37. ^ 読売新聞2014年10月16日13S版1面
  38. ^ クマラスワミ報告書の記述撤回要請…日本政府、ク氏に面会し直接申し入れ 産経ニュース
  39. ^ 2014年10月21日参議院、内閣委員会、サイバーセキュリティ基本法案(第186回国会衆第35号)、官房長官の10月16日記者会見に対し山下芳生質問、菅義偉官房長官答弁


「クマラスワミ報告」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クマラスワミ報告」の関連用語

クマラスワミ報告のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

MEDIAS W N-05E

興津海水浴場

プレキャストコンクリート版舗装

村上幸史

ダグラス式MD-90-30型

踵骨

グラン マルニエ・サイドカー

ボルボV50





クマラスワミ報告のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクマラスワミ報告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS