クマとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > クマの意味・解説 

ジクマロール

分子式C19H12O6
その他の名称:ジクマリン、ジクモール、ズファロン、メリトキシン、ジクマロール、Dicumol、Dufalone、Dicumarol、Melitoxin、Dicoumarin、Dicoumarol、3,3'-Methylenebis(4-hydroxy-2H-1-benzopyran-2-one)、Bishydroxycoumarin、ビスヒドロキシクマリン、アカジル、クマ、バラクミン、アンチトロンボシン、アカビル、Kumoran、Dicumarine、Dicumaol R、Dicuman、Cumid、Cuma、Antitrombosin、Baracoumin、Acavyl、Acadyl、トロンボサン、テンパリン、クモランクミド、ジクマン、Temparin、Trombosan、3,3'-Methylenebis(4-hydroxycoumarin)
体系名:3,3'-メチレンビス(4-ヒドロキシ-3-クロメン-2-オン)、3,3'-メチレンビス(4-ヒドロキシクマリン)、3,3'-メチレンビス(4-ヒドロキシ-2H-1-ベンゾピラン-2-オン)


クマ 【熊】

ネコ目クマ科哺乳類総称。クマは猟として昔から人間生活と関係深く欧州旧石器時代遺跡から骨が出、洞窟壁画に絵があり、土偶出土する(日本でも同様)。アラスカシベリア地方ではクマを神聖視し、供犠祭りをするが、アイヌ熊祭も同じである。日本では、「山の親父」と呼ぶが、インド-ヨーロッパ語系で「おじいちゃん」と呼ぶ所がある。神話伝説民話なかでも星・月、または生殖に関して登場する。北欧凶暴戦士を「熊皮を着た者」と呼ぶ所があるが、たくまし成長霊として信仰する所もある。ゲルマン人は熊の歯や爪を幸運御守とし、星座大熊座小熊座には各民族由来話がある。とのつながりの話もあり、日本でも福井県大野郡に、熊が高僧清水の場所を教えたとする「熊清水」の話がある。民話では遅鈍動物として語られることが多い。→ 熊祭

クマ

作者志賀直哉

収載図書志賀直哉短篇集
出版社岩波書店
刊行年月1989.5

収載図書小僧の神様
出版社講談社
刊行年月1993.4
シリーズ名講談社 青い鳥文庫


クマ

収載図書はいいろ童話集
出版社東京創元社
刊行年月2008.9
シリーズ名アンドルー・ラング世界童話集


読み方:クマ(kuma

クマ科動物総称


クマ

読み方:くま

  1. 火口ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・埼玉県
  2. 火口ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・愛知県

分類 埼玉県愛知県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:クマ(kuma

冬ごもりをする、雑食性クマ科動物

季節

分類 動物


久万

読み方:クマ(kuma

所在 愛媛県上浮穴郡久万高原町


読み方:クマ(kuma

所在 福島県双葉郡大熊町


読み方:クマ(kuma

所在 静岡県浜松市


読み方:クマ(kuma

所在 大分県宇佐市


読み方:クマ(kuma

所在 福岡県筑紫野市


読み方:クマ(kuma

所在 大分県日田市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

クマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/09 04:48 UTC 版)

熊は、食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称[注 1]


[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<http://www.cites.org/>(accessed Oct 21, 2015)
  2. ^ a b W. Christopher Wozencraft, "Family Ursidae," Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, p. 586-590.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m Fred Bunnell 「クマ科」渡辺弘之訳『動物大百科1 食肉類』今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編、平凡社、1986年、98-99頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 川口幸男 「クマ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、70-77頁。
  5. ^ 『ナショナルジオグラフィック 最強の捕食者たちホッキョクグマ編』より。
  6. ^ a b c d e f 中里竜二 「パンダ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、67-68頁。
  7. ^ 坪田敏男・山崎晃司 編『日本のクマ ヒグマとツキノワグマの生物学』、東京大学出版会、2011年、 9-10頁。
  8. ^ a b クマと遭遇しないためには…もし、クマに遭遇してしまったら… 朝日町、2017年2月8日閲覧。
  9. ^ 知床博物館作成動画「ヒグマ生息地での注意」(2009年作成) 知床博物館協力会ブログ, 2011年3月1日。
  10. ^ 片桐誠二他「西日本で発生した旋毛虫症について」(日本獣医師会雑誌 37(11) 1984)
  1. ^ 類縁関係が比較的薄いジャイアントパンダ亜科は除くこともある。
  2. ^ ホッキョクグマは生息環境から例外的に視力も高い[5]


「クマ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

クマに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クマ」の関連用語

クマのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ディアスシア・バルベラエ

藍場川

安東河回村

F/A-18

サイロ

矮鶏屋久島矢竹

クロモドーリス・プレキオーサ

刺し子





クマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS