キハツダケとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > キハツダケの意味・解説 

キハツダケ

学名Lactarius tottoriensis Matsuura
ベニタケ科 チチタケ属
キハツダケ
秋にモミ類やマツ類林内地上発生する。日本のきのこは名前がつけられていない種類が多い。また、正式な学名与えられていると思っていたのに、 本当別の名前が正式な学名であったという例もある。このキハツダケもそのひとつで、以前にはL.flavidulus という名前が一般的に使用されていたが、 最近研究L.tottoriensis というのが本来の名前であることがわかった食用キノコとしてあつかわれるが、モミ類の樹下発生するきのこには苦みのあることが多い。

特 徴
傘は初め中央部がくぼんだ平たいまんじゅう形で後に浅いじょうご形に開く。色は淡い黄色から淡黄褐色。ひだの並び方は密で淡黄色。柄は傘とほぼ同色。 きのこを傷つけると初め白色乳液が出て後には青緑色変色する。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キハツダケ」の関連用語

キハツダケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シロカノシタ

ハダイロガサ

オオキノボリイグチ

コウタケ

オオダイアシベニイグチ

ニオイハリタケモドキ

クサウラベニタケ

ショウゲンジ





キハツダケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人農林水産技術情報協会社団法人農林水産技術情報協会
Copyright © 1998-2017 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS