キスツス・アルビドゥスとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > キスツス・アルビドゥスの意味・解説 

キスツス・アルビドゥス (午時葵)

Cistus albidus

Cistus albidus

Cistus albidus

ヨーロッパ南西部アフリカ北部分布しています。高さは1.2メートルほどになり、長楕円形から披針形対生します。萼片柔らかい白い軟毛で被われます。春と秋に、茎頂葉腋から花序をだし、赤紫色の花を咲かせます。花冠真ん中には黄色い目あります園芸品種多く花色藤色ピンク白色と豊富です。一日花のため、和名では「ゴジアオイ(午時葵)」と呼ばれます。
ハンニチバナ科ゴジアオイ属常緑小低木で、学名Cistusalbidus。英名は White-leaved rockrose
ハンニチバナのほかの用語一覧
ゴジアオイ:  キスツス・アルビドゥス





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

キスツス・アルビドゥスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




キスツス・アルビドゥスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2014 shu(^^). All rights reserved.

©2014 Weblio RSS