キシレンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 化合物 > キシレンの意味・解説 

キシレン

読み方きしれん
【英】: xylene

無色芳香族炭化水素で、分子式 C8H10キシロール、ザイレンともいう。
オルソ(o)、メタ(m)、パラ(p)の 3 種異性体持ち沸点それぞれ 144.4 、139.1 、138.4 である。比重約 0.87 。なお、キシレンと同じ分子式を持つものとしてエチルベンゼン沸点 136.2 )がある。コールタール分留によっても得られるが、主としてナフサ改質熱分解によりベンゼントルエンとともに得られる。パラキシレンはポリエステル繊維向けのテレフタル酸原料、オルソキシレンは無水フタル酸原料として重要である。メタキシレンは一般的に異性化してパラキシレンとしている。

キシレン

示性式(CH3)2(C6H4) CAS番号1330-20-7】 0-,m-,p- の異性体がある。
無色特有の臭気があり、常温可燃性液体接着剤塗料溶剤希釈剤として用いられる。揮発性が高く、高濃度では喉や目に刺激があり、頭痛、めまい、意識低下などを引き起こすことがある厚生労働省室内濃度指針値は、870μg/m3
EPS建材にはスチレンモノマー不純物として微量混入する場合がある。

キシレン(C8H10)

キシレンは揮発性有機化合物1つで、無色透明液体です。様々な化成品原料塗料溶剤等に広く使用されています。人体への影響としては、中枢神経障害があり、頭痛吐き気錯乱種々の症状現れます。指針値は、「0.4mg/リットル以下」と定められています。

キシレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/02 07:28 UTC 版)

キシレン (xylene) は分子式 C8H10分子量 106.17 の芳香族化合物で、ベンゼン水素のうち2つをメチル基で置換したものである。キシロールとも呼ばれる。




「キシレン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

キシレンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キシレン」の関連用語

キシレンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す




キシレンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2014 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2014 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2014 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキシレン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS