ガン細胞とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 細胞 > 細胞 > ガン細胞の意味・解説 

悪性腫瘍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/02 08:43 UTC 版)

(ガン細胞 から転送)

悪性腫瘍(あくせいしゅよう、: Malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめる[1][2]とされる。




[ヘルプ]

  1. ^ Jacob Furth, National Academy of Science

出典

  1. ^ a b 大西『スタンダード病理学』第3版、pp.139-141
  2. ^ a b Geoffrey M.Cooper『クーパー細胞生物学』pp.593-595
  3. ^ 日本成人白血病治療共同研究グループ・わかりやすい白血病の話20120125閲覧
  4. ^ ジョン・ブリッグズ『フラクタルな世界』松下 貢 監訳、深川洋一訳、丸善株式会社、1995年,102頁、さらに、この引用元は、米のNational Cancer Instituteである。
  5. ^ 広辞苑 第五版
  6. ^ Hirayama A, Kami K, Sugimoto M, Toki N, Onozuka H, Kinoshita T, Saito N, Ochiai A, Tomita M, Esumi H and Soga T (2009). “Quantitative metabolome profiling of colon and stomach cancer microenvironment by capillary electrophoresis time-of-flight mass spectrometry.”. Cancer Research 69 (11): 4918–4925. PMID 19458066. 
  7. ^ 南都伸介監修『閉塞性動脈硬化症(PAD)診療の実践』南江堂、2009年。p4。[1]
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 『消された科学史』みすず書房、pp.79-122
  9. ^ Warburgの「癌細胞の起原」に就いて、小野 興作, 大島 福造, 渡辺 漸, 八木 日出雄, 津田 誠次, 陣内 伝之助, 平木 潔, 妹尾 左知丸, 浜崎 幸雄、岡山医学会雑誌、Vol.70 (1958) No.12supplement, JOI:JST.Journalarchive/joma1947/70.12supplement_143
  10. ^ WHO Disease and injury country estimates”. World Health Organization (2009年). 2009年11月11日閲覧。
  11. ^ a b 5-24 悪性新生物の主な部位別にみた性・年次別死亡数及び率(人口10万対)、人口動態調査 人口動態統計 2013、2016年7月19日閲覧
  12. ^ 厚生労働省>統計情報・白書>各種統計調査>厚生労働統計一覧>人口動態調査>人口動態統計(確定数)の概況>平成22年(2010)人口動態統計(確定数)の概況>人口動態統計年報 主要統計表(最新データ、年次推移)>14ページ 第7表 死因順位(第5位まで)別にみた死亡数・死亡率(人口10万対)の年次推移
  13. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成23年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  14. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成23年度>第7表 死因順位(1〜5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  15. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成25年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  16. ^ a b 厚生労働省>人口動態統計>平成25年度>第7表 死因順位(1〜5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  17. ^ a b c 厚生労働省>人口動態統計>平成27年度>第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別
  18. ^ a b c 厚生労働省>人口動態統計>平成27年度>第7表 死因順位(1〜5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別
  19. ^ a b 重中義信 『細胞-その秘密を探る』 p170-179、1994年12月1日、共立出版、ISBN4-320-05422-9
  20. ^ Seluanov, Andrei; Hine, Christopher; Azpurua, Jorge; Feigenson, Marina; Bozzella, Michael; Mao, Zhiyong; Catania, Kenneth C.; Gorbunova, Vera (26 October 2009). “Hypersensitivity to contact inhibition provides a clue to cancer resistance of naked mole-rat”. Proceedings of the National Academy of Sciences 106 (46): 19352–19357. doi:10.1073/pnas.0905252106. http://www.pnas.org/content/106/46/19352 2016年4月7日閲覧。. 
  21. ^ 田沼靖一 『アポトーシスとは何か』 p117-124、1998年6月25日、講談社現代新書、ISBN4-06-149308-6
  22. ^ 『医者が患者を騙す時』
  23. ^ 渡邊昌 『食事でがんは防げる』 光文社、2004年4月23日、198-199頁。ISBN 978-4334974411
  24. ^ 米国国立がん研究所 (2006年9月1日). “Understanding Cancer Series: Cancer and the Environment” (英語). 2009年12月1日閲覧。
  25. ^ 本川裕 (2006年11月1日). “図録▽食生活の変化(1910年代以降の品目別純食料・たんぱく質供給量)”. 社会実情データ図録. 2009年12月1日閲覧。
  26. ^ 国立がんセンターがん対策情報センター (2006年10月4日). “食生活とがん”. がん情報サービス. 2009年12月1日閲覧。
  27. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成8年度>死亡 第2表 主な死因別にみた年齢階級別死亡数・死亡率(人口10万対)
  28. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成8年度>死亡 第3表 悪性新生物の主な部位別にみた性別死亡率(人口10万対)の年次推移
  29. ^ 石田英雄 『クレームに学ぶ 食の安全』 海鳥社、2005年、p.29。ISBN 978-4874155172
  30. ^ 変貌する生活習慣病の現状と課題:久山町研究、清原 裕、人間ドック (Ningen Dock)、Vol. 24 (2010) No. Suppl
  31. ^ 糖尿病とその後のがん罹患との関連について| 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 独立行政法人 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部
  32. ^ インスリン関連マーカーと大腸がん罹患との関係についてJPHC Study 多目的コホート研究 (独立行政法人国立がん研究センター)
  33. ^ a b 国立がんセンターがん対策情報センター (2009年2月25日). “日本人のためのがん予防法:現状において推奨できる科学的根拠に基づくがん予防法”. 2009年12月1日閲覧。
  34. ^ WHO technical report series 916. Diet, nutrition and the prevention of chronic diseases, 2003 & IARC monograph on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans, Volume83, Tobacco Smoke and Involuntary Smoking, 2004
  35. ^ IARC Monographs Programme on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans、IARC
  36. ^ Oral Sex Linked To Mouth Cancer Risk
  37. ^ Oral sex can cause throat cancer - 09 May 2007 - New Scientist
  38. ^ World Cancer Research Fund and American Institute for Cancer Research (2007). Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer: A Global Perspective. Amer. Inst. for Cancer Research. ISBN 978-0972252225. http://www.dietandcancerreport.org/?p=ER. 
  39. ^ 食べもの、栄養、運動とがん予防(日本語要約)世界がん研究基金米国がん研究機構
  40. ^ 健康・体力づくり事業財団 (2000年). “健康日本21 - 1. 栄養・食生活”. 2009年12月1日閲覧。
  41. ^ 国立がんセンターがん対策情報センター (2007年9月5日). “がんを防ぐための12ヵ条”. 2009年12月1日閲覧。
  42. ^ がん予防法の提示、| 科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 | 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター
  43. ^ がん死亡リスク、アスピリン常用で大幅減、英大研究記事:2010.12.07 閲覧:2010.12.15
  44. ^ 膵癌の治療. “膵がん”. 2011年10月4日閲覧。
  45. ^ 海外がん医療情報リファレンス - がんに対する標的光免疫療法の進展
  46. ^ BioMedサーカス.com:米国国立がん研究所/米国国立衛生研究所 小林久隆 主任研究員 2015年04月24日更新
  47. ^ 鳥取大学医学部 (2014年2月12日). “癌細胞は、正常細胞や良性細胞へ変換できる”. 2014年10月3日閲覧。
  48. ^ えむえむNEWS - プレシジョン・メディシン(精密医療)とは?
  49. ^ 国立がんセンターがん対策情報センター (2004年12月15日). “ストーマケア”. 2009年12月1日閲覧。
  50. ^ 国立がんセンターがん対策情報センター (2004年12月2日). “永久気管孔(永久気管瘻)”. 2009年12月1日閲覧。
  51. ^ 分裂病の起源I.I.ゴッテスマンISBN 9784535580367







ガン細胞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ガン細胞に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ガン細胞」の関連用語

ガン細胞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダイレイタンシー

擁壁

Rutherford B. Hayes

水槽付ポンプ車

きゃんべら丸

3000系 改造車

2000系

アピストグラマ・カカトゥオイデス ダブルレッド





ガン細胞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの悪性腫瘍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS