カール・ポパーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > 思想家 > カール・ポパーの意味・解説 

カール・ポパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/03 19:07 UTC 版)

カール・ライムント・ポパーSir Karl Raimund Popper1902年7月28日 - 1994年9月17日)は、オーストリア出身イギリス哲学者ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授を歴任。社会哲学政治哲学にも言及した。純粋な科学的言説の必要条件としての反証可能性を提唱した。精神分析マルクス主義を批判。ウィーン学団には参加しなかったものの、その周辺で、反証主義的観点から論理実証主義を批判した。また、「開かれた社会」において全体主義を積極的に批判した。




  1. ^ The London Gazette: no. 43592. p. 2239. 1965年3月5日2016年1月29日閲覧。
  2. ^ Popper; Sir; Karl Raimund (1902 - 1994)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2016年1月29日閲覧。
  3. ^ Bryan Magee 1973: Popper (Modern Masters series)
  4. ^ Kuhn, Thomas (1970). The Structure of Scientific Revolutions. Chicago: University of Chicago Press. 
  5. ^ 'K R Popper (1970)', "Normal Science and its Dangers", pages 51-58 in I Lakatos & A Musgrave (eds.) (1970), at page 51.
  6. ^ 'K R Popper (1970)', in I Lakatos & A Musgrave (eds.) (1970), at page 56.
  7. ^ Popper, Karl, (1934) Logik der Forschung, Springer. Vienna. Amplified English edition, Popper (1959), ISBN 0-415-27844-9
  8. ^ See: "Apel, Karl-Otto," La philosophie de A a Z, by Elizabeth Clement, Chantal Demonque, Laurence Hansen-Love, and Pierre Kahn, Paris, 1994, Hatier, 19-20. See Also: Towards a Transformation of Philosophy (Marquette Studies in Philosophy, No 20), by Karl-Otto Apel, trans., Glyn Adey and David Fisby, Milwaukee, 1998, Marquette University Press.
  9. ^ ポストモダン批判書であるアラン・ソーカルジャン・ブリクモン『「知」の欺瞞 ポストモダン思想における科学の濫用』(田崎晴明・大野克嗣・堀茂樹共訳、岩波現代文庫、2012年2月16日初版、ISBN:978-4-00-600261-9)でも同様の批判がなされている(p95-97)。そして、ポパー自体がポストモダンと同様の難点を抱えているわけではないが、ポパーの理論の矛盾点がファイヤアーベントなどの反科学的な姿勢を生み出したのだとソーカルらは論じている(p93、p105)。
  10. ^ a b c 伊勢田哲治カールポパーの生い立ちと哲学
  11. ^ 高島弘文「帰納の実践的問題:反 D.ミラー 論」『批判的合理主義・第1巻:基本的諸問題』、未來社、2001年8月30日。ISBN 4624011562
  12. ^ [1](日本ポパー哲学研究会HPより)
  13. ^ 蔭山泰之「第2章 正当化主義と帰納の問題」『批判的合理主義の思想』未來社、2000年10月30日。ISBN 978-4-624-93244-2
  14. ^ 『実在論と科学の目的』上下巻、岩波書店、2002年3月25日
  15. ^ Hacking, Ian (1979). “Imre Lakatos' Philosophy of Science”. British Journal for the Philosophy of Science 30 (30): 381–410. doi:10.1093/bjps/30.4.381. 
  16. ^ John Kadvany. Imre Lakatos and the Guises of Reason. Durham: Duke University Press, 2001. ISBN 9780822326496
  17. ^ "Professor Paul Krugman at war with Niall Ferguson over inflation"
  18. ^ When "Ludwig met Karl..."
    • See also (by the same authors as the online review listed above): David Edmonds and John Eidinow (2001) Wittgenstein's Poker: the story of a ten-minute argument between two great philosophers ISBN 0-06-621244-8 340pp. index, chronology of Wittgenstein's and Popper's lives.
  19. ^ Taylor, Charles, "Overcoming Epistemology", in Philosophical Arguments, Harvard University Press, 1995, ISBN 0-674-66477-9
  20. ^ Philosophia. Philosophical Quarterly of Israel, William W. Bartley: The Philosophy of Karl Popper, Part I: Biology and Evolutionary Epistemology, Philosophia Vol 6 (1976), pp. 463–494.
    (deposit account required)
  21. ^ See: "Popper is committing a serious historical error in attributing the organic theory of the state to Plato and accusing him of all the fallacies of post-Hegelian and Marxist historicism--the theory that history is controlled by the inexorable laws governing the behavior of superindividual social entities of which human beings and their free choices are merely subordinate manifestations." Plato's Modern Enemies and the Theory of Natural Law, by John Wild, Chicago, 1964, The University of Chicago Press, 23. See Also: "In spite of the high rating one must accord his initial intention of fairness, his hatred for the enemies of the 'open society,' his zeal to destroy whatever seems to him destructive of the welfare of mankind, has led him into the extensive use of what may be called terminological counterpropaganda ..." and "With a few exceptions in Popper's favor, however, it is noticeable that reviewers possessed of special competence in particular fields--and here Lindsay is again to be included--have objected to Popper's conclusions in those very fields ..." and "Social scientists and social philosophers have deplored his radical denial of historical causation, together with his espousal of Hayek's systematic distrust of larger programs of social reform; historical students of philosophy have protested his violent polemical handling of Plato, Aristotle, and particularly Hegel; ethicists have found contradictions in the ethical theory ('critical dualism') upon which his polemic is largely based." In Defense of Plato, by Ronald B. Levinson, New York, 1970, Russell and Russell, 20.
  22. ^ John Gray, Straw Dogs, p.22 Granta Books, London, 2002
  23. ^ John Gray, Straw Dogs, Granta Books, London, 2002
  24. ^ John Gray, Straw Dogs, p.22, Granta Books, London, 2002
  25. ^ Karl Popper, Replies to my Critics, Open Court, London, 1974
  26. ^ Karl Popper, Replies to my Critics, p1009 Open Court, London, 1974


「カール・ポパー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

カール・ポパーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カール・ポパー」の関連用語

カール・ポパーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

杉林孝法

大谷海水浴場

エコバック包み

焼香の作法

W62PT

妙義荒船佐久高原国定公園

第八十一玉高丸

ナカイ田





カール・ポパーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカール・ポパー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS