カッピング療法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > カッピング療法の意味・解説 

カッピング療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/05 00:35 UTC 版)

カッピング療法(カッピングりょうほう)は吸い玉療法吸角法などとも呼ばれ、東洋でも西洋でも行なわれてきた伝統的な身体治療方法で、ガラス容器(吸い瓢吸いふくべ吸角)にアルコール類を入れて燃やして皮膚にあてると吸いつくので、その身体部分が鬱血状態になり、それが治療に役立つと信じられているもの。




「カッピング療法」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

カッピング療法に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カッピング療法」の関連用語

1
12% |||||

2
6% |||||

3
2% |||||

カッピング療法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

化学消防艇ありあけ

焼入れ

培土プラウ

7050形

ベレンの塔

十字がけ

2000系

亀田川水源の森





カッピング療法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカッピング療法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS