カッパーベルトとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > カッパーベルトの意味・解説 

カッパーベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/01 14:37 UTC 版)

カッパーベルト英語: Copper Belt)は、アフリカ大陸南部・ザンビア中部のカッパーベルト州からコンゴ民主共和国南部のカタンガ州にかけて広がる銅山地帯の呼称。その名の通りの世界的産地。銅鉱床は始生界の古海岸線沿いに堆積した銅鉱物からなる。鉱床規模はポーフィリーカッパー鉱床に匹敵する2000万t級の埋蔵量ではあるが、両国の政治経済的混乱により世界の銅生産におけるカッパーベルトの占有率は減り続けていた。2009年現在、DRC(コンゴ民主共和国)の許可がおり、いくつかの鉱山が再開予定であり、銅価の回復もあって生産割合は増えると考えられる。また、銅生産の副産物であるコバルトも重要な産出品となっており、2005年時点で世界生産量の約50%を産する。キトウェンドラルブンバシなどが地域内の代表的な都市である。




「カッパーベルト」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カッパーベルト」の関連用語

カッパーベルトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Xeon 7500

Xmini

GBU-39

マイアサウラ・ペーブレソルム

ブラッディ・メアリー

シグナスX FI

イブリック

BMW Z4 M クーペ





カッパーベルトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカッパーベルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS