カスケード接続とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 接続 > カスケード接続の意味・解説 

カスケード接続

読み方カスケードせつぞく
別名:多段接続
【英】Cascade joint

カスケード接続とは、LANなどのネットワークで用いられるケーブル接続方法のひとつで、接続中継する装置ハブ)どうしを直列接続することでて端末数を増やす接続法のことである。

ハブ1台で接続できる端末の数を超えて接続行いたいときに、カスケード接続が利用される。カスケード接続の代表的な例としては、Ethernet10BASE-Tハブなどの直列接続によって増設されたLAN形態スター型LAN)がある。中継するものが多ければ多いほど、データ減衰して通信が不安定になる恐れが出てくるので、カスケード接続はそれぞれの規格によって許容される接続段数異なる。たとえばEthernetでは最大4階層まで接続が可能で、USBハブ6階層まで接続可能である。






カスケード接続と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カスケード接続」の関連用語

カスケード接続のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

dynabook UX

dtab d-01G

超解像

プロジェクター

Wii

MEDIAS W N-05E

PlayStation 3

10.5インチiPad Pro





カスケード接続のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2017 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリカスケード接続の記事を利用しております。

©2017 Weblio RSS