カクテル・グラスとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 工業製品 > 日用品 > 酒器 > カクテル・グラスの意味・解説 

カクテルグラス [5] 【cocktail glass】

円錐形で足と台がついた小型グラス薄手の透明なガラス製。

カクテル・グラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/18 15:19 UTC 版)

カクテル・グラスとは、ボウル(液体の入る部分)の形が、基本的に逆三角形型をした、ショートドリンク(ショートカクテル)を飲む際に広く用いられる、脚付きのグラスである。カクテル関連書籍では、基本的に「カクテルグラス」ではなく、「カクテル・グラス」と表記される。


  1. ^ なお、フルート型のシャンパン・グラスが、ゆっくりとシャンパンを楽しのに適しているのは、 その形状のため、ソーサー型よりも炭酸が逃げにくいためである。
  1. ^ a b c 花崎 一夫 監修 『ザ・ベスト・カクテル』 p.179 永岡書店 1990年6月5日発行 ISBN 4-522-01092-3
  2. ^ a b 稲 保幸 『カクテル こだわりの178種』 p.214 新星出版 1998年7月15日発行 ISBN 4-405-09640-6
  3. ^ a b 澤井 慶明 監修 『カクテルの事典』 p.77 成美堂出版 1996年12月20日発行 ISBN 4-415-08348-X
  4. ^ 杉田 米三 『最新カクテルブック』 p.9 柴田書店 1969年12月20日発行
  5. ^ 若松 誠志 監修 『ベストカクテル250』 p.261~p.263 日本文芸社 2003年6月25日発行 ISBN 4-537-20211-4
  6. ^ 稲 保幸 『カクテル こだわりの178種』 p.120 新星出版 1998年7月15日発行 ISBN 4-405-09640-6
  7. ^ 浜田 晶吾 『すぐできるカクテル505種』 p.38 有紀書房 1991年6月20日発行 ISBN 4-638-00531-4
  8. ^ 杉田 米三 『最新カクテルブック』 p.8 柴田書店 1969年12月20日発行
  9. ^ 堀井 浩一 『つくる・飲む・楽しむ カクテール』 p.22 文研出版 1986年4月5日発行 ISBN 4-580-90230-0
  10. ^ 片方 善治 『洋酒入門』 p.90 社会思想社 1959年12月15日発行
  11. ^ 若松 誠志 監修 『ベストカクテル』 p.24 大泉書店 1997年9月5日発行 ISBN 4-278-03727-9
  12. ^ 山本 祥一朗 監修 『カラー図解 カクテル』 p.141 成美堂出版 1994年12月10日発行 ISBN 4-415-07873-7
  13. ^ 後藤 新一 監修 『カクテル・ベストセレクション100』 p.13 日本文芸社 1996年5月20日発行 ISBN 4-537-01747-3
  14. ^ 上田 和男 監修 『カクテル・ブック』 p.20 西東社 1988年12月30日発行 ISBN 4-7916-0926-3
  15. ^ 花崎 一夫 監修 『自分でつくる おいしいカクテル』 p.153 永岡書店 2000年9月10日発行 ISBN 4-522-41081-6


「カクテル・グラス」の続きの解説一覧





カクテル・グラスと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

カクテル・グラスに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カクテル・グラス」の関連用語

カクテル・グラスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




カクテル・グラスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカクテル・グラス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS