カガンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > カガンの意味・解説 

家顔

読み方:カガン(kagan

もてなしの意か。


カガン

名前 QaghanKaganCaganKhaghanKo-hanQagan

花眼

読み方:カガン(kagan

作者 森澄雄

初出 昭和44年

ジャンル 句集


カガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/31 14:24 UTC 版)

カガン古テュルク語Old Turkic letter N1.svgOld Turkic letter G1.svgOld Turkic letter Q.svg[1] qaγan、漢語:可汗、可寒)は、古代北方遊牧騎馬民族で用いられた君主号の一つ。後に訛ってカアン (qa'an / qaγan) →ハーン (хаан / khaan) となった。


  1. ^ 右から読む。
  2. ^ 『魏書』、『北史』、『旧唐書』、『新唐書』
  3. ^ 右から読む。
  4. ^ 白鳥庫吉「可汗及可敦称号考」東洋学報十一
  5. ^ 内田吟風「柔然族に関する研究」
  6. ^ 梅村坦「草原とオアシスの世界」『岩波講座 世界歴史9 中華の分裂と再生』、岩波書店、1999年。ここで梅村は、本来は部族内部の長を意味した可寒号が道武帝拓跋珪の皇帝即位によって最高君主の称号として権威付けられ、彼によって北方に追われた社崙が北魏との対抗上意識的に可汗号を採用したとしている。
  7. ^ 『通典』、『資治通鑑』、『宋書』、『晋書』、『北史』
  8. ^ 白鳥 1970,p141-148
  9. ^ 内田 1975,p284-292


「カガン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カガン」の関連用語

カガンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドチザメ

八幡賢司

SH001

八丈島

南三陸金華山国定公園

流し雛

秘密探偵雑誌

日野プロフィア セミトラクター





カガンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカガン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS