オープン・ストリート・マップとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オープン・ストリート・マップの意味・解説 

オープンストリートマップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/17 13:32 UTC 版)

オープンストリートマップ英語:OpenStreetMap、OSM)は自由に利用でき、なおかつ編集機能のある世界地図を作るための共同作業プロジェクトである。GPS機能を持った携帯端末、空中写真やほかの無料機械からのデータをもとに作られていくのが基本である。与えられた画像とベクトルデータセットはオープンデータベースライセンス (ODbL) 1.0のもと再利用可能である[1]。登録したユーザーであれば、GPSのログファイルをアップロードしたり、ベクトルデータをエディタで修正することができる。OpenStreetMapはウィキペディアのようなウェブサイトに触発され[2]、「編集」タブや履歴機能も保たれている。




[ヘルプ]
  1. ^ RWeait (2012年9月12日). “OpenStreetMap データライセンスはODbL になりました”. OSM Foundation. 2012年11月5日閲覧。
  2. ^ Pacific Connection(英語):OpenStreetMap: The Map that Anyone Can Edit|gihyo.jp … 技術評論社
  3. ^ Fairhurst, Richard (2008年1月7日). “The licence: where we are, where we’re going”. OpenGeoData. 2011年4月15日閲覧。
  4. ^ Simon Poole. “OSM V1 Objects ODbL acceptance statistics”. 2012年5月21日閲覧。
  5. ^ Legal FAQ”. OpenStreetMap Wiki. 2011年4月15日閲覧。 “Several contributors additionally make their code available under different licences”
  6. ^ Android Open Street Map Wiki”. 2010年9月19日閲覧。
  7. ^ AndNav Feature Comparison - Bicycle Navigation”. 2010年9月19日閲覧。
  8. ^ mgmapslib”. 2010年9月19日閲覧。
  9. ^ Cloudmade mobile API”. 2010年9月19日閲覧。
  10. ^ Around the world and back again”. blog-flickr.net. 2008年11月7日閲覧。
  11. ^ More cities”. blog-flickr.net. 2008年11月7日閲覧。
  12. ^ Japanese progress in osm. Amazing stuff!”. 2010年9月19日閲覧。
  13. ^ WordPress OpenStreetMap plug-in”. 2010年4月4日閲覧。
  14. ^ Index of /”. 2010年9月19日閲覧。
  15. ^ CloudMade Downloads”. 2010年9月19日閲覧。
  16. ^ GEOFABRIK Downloadbereich”. 2010年9月19日閲覧。


「オープンストリートマップ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

オープン・ストリート・マップに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オープン・ストリート・マップ」の関連用語

オープン・ストリート・マップのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




オープン・ストリート・マップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオープンストリートマップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS