オープンシュート工法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 工法 > オープンシュート工法の意味・解説 

オープンシュート工法

比較急傾斜原石山階段採掘法ベンチカット法)を用いて原石採取する場合爆破された原石をそのベンチから搬出する方法として、ダンプホッパーまで運搬する方法とか、立孔に直接投入する方法とかあるが、この工法は、下の段にブルドーザ用いて押し落とす(運搬距離50m以下)、ホイールローダロードアンドキャリ工法放出する(運搬距離30m~160m)、ショベル・ダンプ工法放出する(運搬距離150m以上)などして原石落とし、そこからショベル・ダンプ工法などで原石ホッパー搬出する工法を言う。





オープンシュート工法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オープンシュート工法」の関連用語

オープンシュート工法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

モンツァ

ドライキープ機能

端午の節句

地方自治法施行60周年記念 茨城県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣

PRISMOID

耶馬日田英彦山国定公園

インドアンタエウス

第八十一玉高丸





オープンシュート工法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2017 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-

©2017 Weblio RSS