オーケーゴルフとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > オーケーゴルフの意味・解説 

オーケーゴルフ

歴史と沿革


オーケーゴルフは日本生まれスポーツで、「誰でも一緒に楽しめる」をコンセプトに、一般的なゴルフ道具ルールなどをアレンジしたスポーツです。

誕生きっかけ1982年山田昌夫氏(日本オーケーゴルフ協会理事長)がアメリカゴルフ財団NGFのゲーリー・ワイレン博士論文出合い、「環境配慮し、誰でも安価気軽に楽しめる新しゴルフ日本に」と思ったことに由来します。翌1983年東京女子体育大学共同飛距離落とした「飛ばないボール」の開発着手。さらに、ゴルフコース小規模にしたり、グリーン上に「OKゾーン」を設置することで難易度を落とすなどルール上の見直しも進めました。

1991年おおよそ構想まとまり、モデルコースとして「オーケーゴルフ立川」を造り、ここでルール道具実験開発重ねました。同時に普及促進目的とした「日本オーケーゴルフ協会」も設立しました。その後数年わたってさまざまな開発実験加えながらノウハウ確立を進めました。


2002年島根県美都町国内1号となるオーケーゴルフ場「ひだまりパークみと」が開設され、一般ゴルファープレイできるようになりました。以来愛好者徐々に増え、現在は年齢障害有無に関わらず幅広い人が楽しめるスポーツとして、今後発展期待されています。


競技方法

基本的競技方法ゴルフ準じますが、オーケーゴルフには主に4つの独特の特徴あります


ルール

基本ルール一般ゴルフ準じますが、一部、独自のルール設定されています。


道具、コートなどの説明




ボール特製OKボールを使う。一般的なゴルフボール比べ初速スピードはほぼ同じだが、飛距離は約5565%(個人差あり)で開発されている。

クラブ一般ゴルフクラブ、またはオーケーゴルフ専用クラブを使う。パターを含め、7本以内まで使用可。

シューズスパイクのないシューズ、または運動靴

コース敷地面積7,00020,000程度グリーンティーグランドには人工芝採用車いす乗り入れも可能。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

オーケーゴルフに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オーケーゴルフ」の関連用語

オーケーゴルフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウォールハンドボール

セイルトレーニング

パワーリフティング

フリスビードッグ

カーリング

ウォールハンドボール

ラジオ体操

シャトルボール





オーケーゴルフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団

©2016 Weblio RSS