オル・チキ文字とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オル・チキ文字の意味・解説 

オル・チキ文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/29 05:21 UTC 版)

オル・チキ文字(オル・チキもじ、Ol Ciki)は、オル・チェメット文字(Ol Cemet')、または単にオルとも呼ばれ[1]1925年インド東部のサンタル人、ラグナート・ムルム英語版により、サンタル語を表記するために考え出された文字である[2]。左から右へ書かれる。インドで一般的なアブギダではなく、アルファベットである。




  1. ^ a b c Zide (1996) p.614
  2. ^ a b c d Ol Chiki Script, a Portal for Santals, http://wesanthals.tripod.com/id45.html 
  3. ^ Zide (1996) p.612
  4. ^ a b c Zide (1996) p.615
  5. ^ Sagun Mandi; Suprio Biswas. “Santali: A Never Ending Struggle for Existence”. South-Asian Journal of Multidisciplinary Studies 3 (2): 118-132. http://sajms.com/wp-content/uploads/2016/03/SANTHALI-SAJMS-final.pdf. 
  6. ^ Unicode 5.1.0, The Unicode Standard, http://www.unicode.org/versions/Unicode5.1.0/ 
  7. ^ Ol Chiki, The Unicode Standard, http://www.unicode.org/charts/PDF/U1C50.pdf 


「オル・チキ文字」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オル・チキ文字」の関連用語

オル・チキ文字のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

為末大

820SH

右背向屈曲あり

南場智子

F4-1000S

トニーダンカン

物理・化学系凍結抑制舗装弾性体・塩化物 添加型

春日山丸





オル・チキ文字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオル・チキ文字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS