オルニチン回路とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > 回路 > オルニチン回路の意味・解説 

オルニチンかいろ -くわい- [6] 【オルニチン回路】

哺乳動物肝臓における尿素生合成回路有毒なアンモニア尿素変換する。オルニチンおよび酵素量が,摂取タンパク質量に対応して変動調節されている。尿素回路

オルニチン回路

英訳・(英)同義/類義語:ornithine cycle

肝臓内で、ンモニアを尿素変換する反応経路で、オルニチン二酸化炭素アンモニアが加わってシトルリンになり、さらにアルギニン変わった後に加水分解され、オルニチン再生される共に尿素が生じる回路

尿素回路

(オルニチン回路 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/07 02:16 UTC 版)

尿素回路(にょうそかいろ、Urea cycle)、またはオルニチン回路(Ornithine cycle)は、ほとんどの脊椎動物に見られる代謝回路のひとつ。肝臓細胞のミトコンドリア細胞質において発現し、アンモニアから尿素を生成する[1]。最初に発見された代謝回路であり、1932年ハンス・クレブスとクルツ・ヘンゼライトによって発見された(クレブスのクエン酸回路1937年に発見)。




[ヘルプ]
  1. ^ 畑山巧 『ベーシック生化学』 化学同人、2009年、212頁。ISBN 978-4-7598-1176-6


「尿素回路」の続きの解説一覧





オルニチン回路と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オルニチン回路」の関連用語

オルニチン回路のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ミシマオコゼ

エリゲロン・グラウクス

鄭 銘琦

ハナビラウミウシ

セル・シュール・シェル

K 1200 LT

物理・化学系凍結抑制舗装弾性体・添加剤 空隙充填型

高圧ナトリウムNAV-TS型





オルニチン回路のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尿素回路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS