オゾン層とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > オゾン層の意味・解説 

オゾンそう [2] 【オゾン層】

オゾン濃度の高い大気の層。地上1050キロメートルのあたり。太陽からの紫外線吸収する。

オゾン層(おぞんそう)

上空位置し、オゾン濃度が特に高い大気の層

オゾン層とは、成層圏のうち、上空10~25kmの範囲を指す。地球全体をやわらかく覆い太陽から降り注ぐ有害な紫外線阻止し、地上生物を守ってくれる。

大気中のオゾンの量は、ミリアトム・センチメートル(m atm-cm)という単位測る。この単位は、上空存在するオゾン集めて、標準状態 (0度1気圧) に換算したときの厚さ表する日本付近では、通常250450ミリアトム・センチメートルである。

オゾンの量が端に少なくなり、オゾン層にポッカリと穴が開いたところをオゾンホール」と呼ぶ。

オゾンホールは、1980年代はじめに南極発見された。毎年9月下旬から10月上旬にかけて最も大きくなるという性質がある。また、北極でも同様のオゾンホール観測されている。

2000年 9月現在、南極オゾンホール大きさ南極大陸の2倍にも広がり過去最大となっている。

オゾン層の破壊は、皮膚ガン誘発に代表されるように、人体与え影響大きく地球規模環境問題として関心が高まっている。日本では、オゾン層保護法1989年施行し、オゾン層を破壊する原因とされたフロンガス使用規制された。

しかし、それまで冷蔵庫半導体洗浄に使われていたフロン大気中をいまだに上昇しており、オゾン層の傷は回復ていない

(2000.09.14更新


オゾン層

地上から約10~15km上空成層圏存在するオゾンにより形成される、地球取り巻く層。太陽光含まれる有害紫外線大部分吸収し、地球上の生物保護する役割を果たす

オゾン層

地表から15~50km上空成層圏内にあるオゾンの多い領域大気中の酸素が、太陽からの高エネルギー紫外線による光化学反応で、一部オゾン化して地球全体すっぽり覆う。オゾン層が平衡状態にあるためには、多くエネルギーを必要とし、結果として、オゾン層の存在は、生物に有害な紫外線吸収して地表到達することを防いでおり、皮膚ガンに代表される紫外線障害から地球上の生物を守っている。近年南極オゾンが急激に減少する現象オゾンホール)で、皮膚がん増加や、農作物への影響懸念されている。原因フロンハロンなどがオゾン層を破壊するためと考えられている。

オゾン層

 大気中のオゾンは、その90%が地上から10~50km上空成層圏呼ばれる領域に集まっており、「オゾン層」と呼ばれている。

 地球をとりまくオゾン層は、太陽光含まれる紫外線のうち有害なものの大部分吸収しているが、このオゾン層が特定フロンなどの物質により破壊されることにより地上到達する有害紫外線の量が増加し、人の健康や生態系などに悪影響が生じるおそれがある懸念されている。


オゾン層

英訳・(英)同義/類義語:ozone layer

大気中の酸素太陽からの光や放射線によってオゾンとなり、地上1050km成層圏形成した層。紫外線吸収して、地上紫外線入射するのを和らげている。

オゾン層(そう)

 

地表から10~50Kmの上空にあり、太陽からくる有害(ゆうがい)な紫外線しがいせん)を吸収きゅうしゅう)し、わたしたち生き物を守ってくれる気体酸素原子3つからなるオゾン)の層(そう)。

オゾン層
参考:ふしぎ大陸南極展図録

オゾン層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/06 20:36 UTC 版)

※()内は中緯度における高度(km) /




[ヘルプ]
  1. ^ a b オゾン層を守ろう 2オゾン層の破壊とは? 環境省、2011年9月29日閲覧。
  2. ^ TWENTY QUESTIONS AND ANSWERS ABOUT THE OZONE LAYER United Nations Environment Programme、2011年9月29日閲覧。
  3. ^ a b ozonosphere AMS Glossary、American Meteorological Society、2011年9月29日閲覧。
  4. ^ オゾン層の保護のためのウィーン条約 和文仮訳 環境省、2011年9月29日閲覧。
  5. ^ The History of the Ozone Layer
  6. ^ HISTORY OF THE OZONE LAYER Bob Keesee
  7. ^ 島崎達夫,成層圏オ ゾ ン, 1989, p.224, 東京大学出版会
  8. ^ 島崎達夫,成層圏オ ゾ ン, 1989, p.224, 東京大学出版会
  9. ^ 昨日今日いつかくる明日〜読切り「エネルギー・環境」〜
  10. ^ 7 オゾン層の話(4)地球のオゾン層の歴史
  11. ^ 川上紳一 『生命と地球の共進化』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2000年、p.170-192。ISBN 4-14-001888-7
  12. ^ [1] 独立行政法人国立環境研究所
  13. ^ 他、米国のカリフォルニア大学での調査研究では、1993年から2000年までの期間、1年に平均で224億トンの酸素が減少しているという報告がある[要出典]。こちらも大気濃度に換算して約0.0004%となり、上記の研究結果を裏付けている
  14. ^ a b c フロンによるオゾン層の破壊 国立環境研究所
  15. ^ 亜酸化窒素(N2O)問題とその低減技術 宮寺達雄、資源環境技術総合研究所(現・産総研)
  16. ^ Nitrous Oxide (N2O): The Dominant Ozone-Depleting Substance Emitted in the 21st Century A. R. Ravishankara,  John S. Daniel, Robert W. Portmann論文へのリンク
  17. ^ オゾン層と紫外線 国立環境研究所
  18. ^ Variability of the Antarctic Ozone Hole during the Past Decade as Dictated by the Stratospheric and Tropospheric Meteorology Craig S. Long et al., 14th Conference on Middle Atmosphere, 2007
  19. ^ Large decadal scale changes of polar ozone suggest solar influence B.-M. Sinnhuber et al, Atmos. Chem. Phys. Discuss., 5, 12103–12117 (2005)
  20. ^ [2] 気象庁
  21. ^ 環境省独立行政法人国立環境研究所「成層圏化学気候モデルを用いたオゾンホールの回復予測」について」(大気圏環境研究領域 大気物理研究室)
  22. ^ 経済産業省・独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)[NEDO海外レポート NO.913, 2003. 8. 20」」(NEDO ワシントン事務所)
  23. ^ 気象庁[昭和基地上空のオゾン全量が過去最小を記録」(気象庁)
  24. ^ 気象庁[成層圏のオゾンは依然として少ない状態」(気象庁







オゾン層と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

オゾン層に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オゾン層」の関連用語

オゾン層のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




オゾン層のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2014 時事用語のABC All Rights Reserved.
内閣官房総合海洋政策本部内閣官房総合海洋政策本部
Copyright© Cabinet Secretariat, Cabinet Public Relations Office. All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2014 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2014 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
環境省環境省
Copyright © 2014 Kankyosho All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオゾン層 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS