オキノタユウとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オキノタユウの意味・解説 

アホウドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/25 07:53 UTC 版)

(オキノタユウ から転送)

アホウドリ(信天翁[1][2][3]、阿房鳥[1][3]、阿呆鳥[4][2][3]Phoebastria albatrus)は、ミズナギドリ目 アホウドリ科 キタアホウドリ属に分類される。信天翁の漢字音読みにして、「しんてんおう」とも呼ばれる。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 広辞苑 第5版』、岩波書店
  2. ^ a b c 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、36-37頁。
  3. ^ a b c フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.36 1988年 永岡書店
  4. ^ 『明鏡国語辞典』、大修館書店
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、60-63、190頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 加藤陸奥雄、沼田眞、渡辺景隆、畑正憲監修 『日本の天然記念物』、講談社、1995年、642-645頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版、2000年、28-29頁。
  8. ^ a b c d e f 河野裕美 「アホウドリ」『沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(レッドデータおきなわ)-動物編-』、沖縄県文化環境部自然保護課編 、2005年、61-62頁。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n 長谷川博 「アホウドリの保護」 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科7 鳥類I』、平凡社1986年、60-61頁。
  10. ^ a b c d e 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会2007年、66-67頁。
  11. ^ a b c d e f g h i j 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、21頁。
  12. ^ ミッドウェー環礁から、アホウドリのひなが今年も巣立つ”. 東邦大学メディアネットセンター (2012年7月6日). 2013年3月2日閲覧。
  13. ^ ミッドウェー環礁でオキノタユウの3羽目のひなが誕生”. 東邦大学メディアネットセンター (2014年1月21日). 2014年3月21日閲覧。
  14. ^ アホウドリは2種類? 遺伝子解析で可能性共同通信(47NEWS) 2011年10月8日付
  15. ^ ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜 小笠原で初産卵!若きアホウドリ夫婦の挑戦(5月26日放送)
  16. ^ 同日、東京都教育委員会告示第9号「文化財保護法第七十条第一項の規定により、仮指定する件」
  17. ^ 同日、文化財保護委員会告示第37号「文化財保護法第六十九条第一項の規定により、指定する件」
  18. ^ 東邦大学による第104回鳥島アホウドリ調査報告
  19. ^ 新繁殖地の島でアホウドリが初産卵”. ナショナルジオグラフィック (2012年12月6日). 2013年3月2日閲覧。
  20. ^ 聟島のアホウドリの卵について(お知らせ) (pdf)”. 山階鳥類研究所 (2013年1月17日). 2013年3月2日閲覧。


「アホウドリ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

オキノタユウに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オキノタユウ」の関連用語

オキノタユウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




オキノタユウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアホウドリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS