オウギタケとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 食品 > 食用キノコ > オウギタケの意味・解説 

オウギタケ

学名Gomphidius roseus (Fr.) Karst.
オウギタケ科 オウギタケ属
オウギタケ
夏から秋にかけてアカマツクロマツ林内地上点々発生する。若いアカマツの多い多く見られる。とくにアミタケ相性良いようで、 ほとんどの場合この2種同時に出てくる。横から見たがちょうオウギを開いたように見えるのでこの名前があるのだろう。食用きのことしても知られている。

特 徴
傘は初め鐘形から円錐形最後には開いて平らになる。表面の色はバラ色から紫紅色で湿っている時はゼラチン質。ひだは灰白色から暗灰褐色並び方はやや疎で、柄に垂生する。 柄の上部は白色、根もとは細まって傘とほぼ同色で、中ほどに綿毛状の不完全なつばをもつ。柄の根もとは黄色になる場合もある。

オウギタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/09 09:28 UTC 版)

オウギタケ(扇茸、Gomphidius roseus)は、イグチ目オウギタケ科オウギタケ属に分類されるきのこの一種である。


  1. ^ Olsson, P. A., Münzenberger, B., Mahmood, S., and S. Erland, 2000. Molecular and anatomical evidence for a three-way association between Pinus sylvestris and the ectomycorrhizal fungi Suillus bovinus and Gomphidius roseus Mycological Research 104:1372–1378. (abstract)
  2. ^ a b c 今関六也・本郷次雄(編著)、1987. 原色日本新菌類図鑑(I). 保育社. ISBN 4-586-30075-2
  3. ^ a b 小川眞(編著)、1987. 見る・採る・食べる きのこカラー図鑑. 講談社、東京. ISBN 4-06-141391-0
  4. ^ 本郷次雄、1978. 日本産ハラタケ目の地理的分布. 日本菌学会会報19: 319-323.
  5. ^ 宮城元助、1964. 沖縄島産マツタケ目について. 琉球大学文理学部紀要(理学編) (7): 57-70.
  6. ^ Besl, H., and Kronawitter, I., 1975. Notizen über Vorkommen und systematische Bewertung von Pigmenten in Höheren Pilzen (1). Zeitschrift für Pilzkunde 41: 81-98.
  7. ^ Hayashi, T., Kanetoshi, A., Ikura, M., and H. Shirahama, 1989. Bolegrebilol, a new lipid peroxidation inhibitor from the edible mushroom Suillus grevillei. Chemical and pharmaceutical bulletin 37(5), 1424-1425
  8. ^ Besl, H., and A. Bresinsky, 1997. Chemosystematics of Suillaceae and Gomphidiaceae (suborder Suillineae). Plant Systematics and Evolution 206: 223-242.
  9. ^ Ardenne, R. von, and Steglich, W., 1974: 1.2.4-Trihydroxybenzol, ein charakteristischer Inhaltsstoff von Gomphidius (Boletales). Zeitschrift für Naturforschung C 29: 446.
  10. ^ Gill, M., and W. Steglich, 1987. Pigments of fungi (Macromycetes). In: Herz, W., Grisebach H, Kirby, G. W., and C. Tamm (eds), Progress in the Chemistry of Organic Natural Products, 51: Springer Verlag, Berlin. ISBN 978-3211819722
  11. ^ a b c Singer, R., 1949. The genus Gomphidius Fr. in North America. Mycologia 41: 462-489.
  12. ^ a b Singer, R., 1986. The Agaricales in Modern Taxonomy (4th and reviced ed.). Koeltz Scientific Book. ISBN 3-87429-254-1.
  13. ^ Kauffman, C. H., 1925. The genus Gomphidius in the United States. Mycologia 17: 113-125.
  14. ^ Miller O. K., Jr, 1971. The genus Gomphidius with a revised description of the Gomphidiaceae and a key to the genera. Mycologia 63: 1129-1163.
  15. ^ Bresinsky, A., and H. Besl, 1979. Untersuchungen an Boletales aus Amerika. Zeitschrift für Mykologie 45: 247-264.
  16. ^ Miller, O. K. Jr., 2003. The Gomphidiaceae revisited: a worldwide perspective. Mycologia 95: 176-183.
  17. ^ Miller, O. K. Jr., Aime, M. C., Camacho F. J., and U. Peintner, 2002. Two new species of Gomphidius from the Western United States and Eastern Siberia. Mycologia 94: 1044-1050.
  18. ^ (ラテン語)Fries, Elias Magnus (1821). Systema mycologicum, sistens fungorum ordines, genera et species huc usque cognitas [Taxonomical System for Mycology, consisting of an ordering of the fungi, genera and species, as currently understood], Vol. 1. p. 315. 
  19. ^ Fries, E. M., 1838. Epicrisis systematis mycologici, seu synopsis Hymenomycetum. Upsala & Lund.
  20. ^ Fries, E. M., 1836. Corpus florarum provincialum Sueciae I Florarum scanicam scripsit.
  21. ^ Binder, M., and D. S. Hibbett, 2006. Molecular systematics and biological diversification of Boletales. Mycologia 98: 971-981.
  22. ^ Kawamura, S., 1912. Illustrations of Japanese Fungi. The Forest Experimental Station of the Department of Agriculture and Forestry, Tokyo.
  23. ^ 川村清一、1929. 原色版日本菌類図説. 大地書院、東京.
  24. ^ 川村清一、1954. 原色日本菌類図鑑(第五巻)暗子亞科. 風間書房、東京.
  25. ^ 奥沢康正・奥沢正紀、1998. きのこの語源・方言事典. 山と渓谷社、東京. ISBN 978-4-63588-031-2
  26. ^ Liddell HJ, Scott R (1980). Greek-English Lexicon, Abridged Edition. Oxford University Press, Oxford, UK. ISBN 0-19-910207-4. 
  27. ^ Simpson DP (1979). Cassell's Latin Dictionary (5 ed.). London: Cassell Ltd.. p. 883. ISBN 0-304-52257-0. 
  28. ^ Lamaison, Jean-Louis; Polese, Jean-Marie (2005). The Great Encyclopedia of Mushrooms. Könemann. p. 34. ISBN 3-8331-1239-5. 


「オウギタケ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オウギタケ」の関連用語

オウギタケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハナガサタケ

ムラサキシメジ

ニワタケ

オオカシワギタケ

イロガワリベニタケ

コゲイロハツタケ

アシボソムラサキハツ

キイロケチチタケ





オウギタケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会
Copyright © 1998-2017 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオウギタケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS