エルニーニョとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > エルニーニョの意味・解説 

エル ニーニョ [3]スペイン El Niño】

幼子キリスト),男の子の意〕

エルニーニョ現象

読み方:エルニーニョげんしょう
別名:エルニーニョ
英語:El NiñoEl Niño eventEl Nino

太平洋東部赤道付近ペルーエクアドル沖合から西へ太平洋のほぼ中心部まで数千キロメートルに及ぶ海域において、海面水温局所的に異常上昇する現象

エルニーニョ現象はおおよそ4~5年一度割合発生し、発生すると数ヶ月から1年ほどの期間にわたり続く。水温は高いところでセ氏5度ほど上昇する。また、エルニーニョ現象は「南方振動」と呼ばれる海面気圧変動と密接に関連することが知られている。

エルニーニョ現象が発生すると、世界各地気候連動して変化する。季節地域によって異なるが、平年より気温が高くなったり、逆に低くなったり、雨量が増えたり、減ったりする。日本場合低温多雨になりやすいとされるが、過去観測では暖冬にも寒冬にも、冷夏にも猛暑にも転じており、変化は必ずしも一様でない。

海水温上昇するエルニーニョ現象に対して、同海水域の海水温低下する現象が「ラニーニャ現象」(La Niña)と呼ばれる。エルニーニョ現象とラニーニャ現象は、おおむね交互発生する傾向にある。

関連サイト
エルニーニョ現象に伴う世界の天候の特徴 - 気象庁

エルニーニョ

エルニーニョの語源は、スペイン語の"神の子"

エルニーニョとは南米エクアドルからペルー沿岸にかけて、海水温4年から5年おきに上昇する現象のことで、水温の高い状態は半年から1年半程度続きます。例年クリスマスのころになると局所的な水温の上昇が起こることが多いのですが、折からバナナなどの収穫期に当たるため、神の恵み感謝込めスペイン語のエルニーニョ(神の子)と名づけられました。これとは反対に、東太平洋赤道域の海面水温平年より低くなる現象ラニーニャといいます。スペイン語で"女の子"のことで、エルニーニョの"男の子"に呼応して名づけられました。

世界各地に異常気象を引き起こすエルニーニョのすごさ

エルニーニョ現象は、数1,000km以上にわたって水温の異常上昇を引き起こし大気流れを変え、世界各地高温低温多雨小雨など異常気象を引き起こします。1982~83年にかけて発生したときはオーストラリアインドアフリカなどにかんばつアメリカ熱波日本梅雨寒暖冬もたらすなど世界的規模異常気象発生しました。最近では1990年春に発生し、1992年夏に一時弱まりました。しかし1997年春に4年ぶりに発生したエルニーニョ現象は、世界各地にもたらした多く異変によって今世最大規模のものとされています。

衛星から送られてきた海面温度分布データ。色は海面温度を表し、矢印は風向きを表している。
衛星から送られてきた海面温度分布データ。色は海面温度を表し、矢印風向きを表している。

NASAの報告によると、エルニーニョが1998年1月には最高時の40%に収縮

1997年以降続いていたエルニーニョは収縮傾向に入った」。NASAジェット推進研究所(JPL)は1998年1月16日までの観測確認しました。エルニーニョは、1997年12月にいったん衰退兆しをみせましたが、再び増大傾向示していました。衛星から送られてきた1998年1月海面温度分布データによると、エルニーニョの勢力は、これまで最高だった1997年11月上旬にくらべ、約40%減少しています。しかし、JPL海洋学者らは、これまでのエルニーニョも収縮増大くりかえしており、異常気象もたらす海面からの大きなエネルギー大気中にすでに放出されているなどとして、「今後異常気象への警戒は怠ってはならない」とよびかけました。

エルニーニョの影響が残る西部太平洋海域

1998年5月NASAエルニーニョ現象東部太平洋では衰えているものの、西部太平洋赤道海域では冷たい海が広がっており、依然として影響続いていることを示す衛星画像発表しました。画像は、同年5月海面の高さをとらえた衛星データを基にしており、太平洋のほぼ中央からニューギニア東岸にかけた広い海域で、平年にくらべ水位が約30cmも低いことがわかりましたNASAによると、水位が低いのは海水温度が低いためで、水温の低い海域が広がっていることを示します。これをNASAは、西部太平洋海域にはまだエルニーニョの影響が残っているためと分析しています。

海面の高さをとらえた衛星データ。正常時の高さと比較して表している。
海面の高さをとらえた衛星データ。正常時の高さと比較して表している。


エルニーニョ・南方振動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/22 07:40 UTC 版)

(エルニーニョ から転送)

エルニーニョ・南方振動(エルニーニョ・なんぽうしんどう、英語:El Niño-Southern Oscillation、ENSO、エンソ)とは、




[ヘルプ]
  1. ^ エルニーニョとラニーニャ中島洋 やしの実大学ミクロネシア講座
  2. ^ GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, VOL. 28, NO.1, PAGES 25, 2001[1]
  3. ^ Nature, 2000, 405(6788)775[2]
  4. ^ Science, 2002, 298, no.5596, 1179[3]
  5. ^ Journal of Marine Research, 64, 797, 2006[4]
  6. ^ 地球温暖化予測情報 第5巻 HTML版、気象庁。
  7. ^ エルニーニョ現象に関するQ & A エルニーニョ現象と地球温暖化は関係があるのですか、気象庁、2007年7月1日閲覧。
  8. ^ a b c d 「エルニーニョ/ラニーニャ現象などに伴う天候の特徴」日本1, 日本2 日本3 気象庁のまとめ、1979年 - 2008年の観測データに基づく。季節区分は気象庁のもの(春:3 - 5月、夏:6 - 8月、秋:9 - 11月、冬:12 - 2月)。
  9. ^ a b c d 海洋の健康診断表「総合診断表」2.3 エルニーニョ現象 気象庁。
  10. ^ a b 「エルニーニョ/ラニーニャ現象などに伴う天候の特徴」 世界1, 世界2 気象庁のまとめ、1979年3月 - 2009年2月の観測データに基づく。季節区分は気象庁のもの(春:3 - 5月、夏:6 - 8月、秋:9 - 11月、冬:12 - 2月)。
  11. ^ 異常気象レポート2005 1.5.3 エルニーニョ/ラニーニャ現象と世界の天候および台風の活動 気象庁
  12. ^ Low-latitude Climate Prediction Research 海洋研究開発機構 JAMSTEC
  13. ^ エルニーニョモドキ (PDF)
  14. ^ 大西洋赤道域の新たな気候変動メカニズム海洋研究開発機構 JAMSTEC
  15. ^ インド洋ダイポール 海洋研究開発機構 JAMSTEC
  16. ^ カリフォルニア・ニーニョ/ニーニャ現象を世界で初めて発見 海洋研究開発機構 JAMSTEC 2014年4月25日



エルニーニョ

出典:『Wiktionary』 (2009/11/15 09:44 UTC 版)

名詞

エルニーニョ

  1. 海面温度平年より高くなる現象

語源

関連語

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エルニーニョに関係した商品

「エルニーニョ」に関係したコラム

  • CFDの大豆相場の見方

    CFDのコモディティの銘柄の1つに大豆があります。大豆は、主に商品先物市場で取引されている銘柄です。CFDでは商品先物市場での価格をベースに取引が行われています。大豆相場を分析する基本情報として、アメ...

  • CFDのトウモロコシ相場の見方

    CFDのトウモロコシ相場は、生産国や消費国の情勢、気候などにより値動きが大きくなります。この値動きは、テクニカル指標では分析できないほど荒い値動きになります。ここでは、過去のトウモロコシ相場を振り返り...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エルニーニョ」の関連用語

エルニーニョのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




エルニーニョのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
JAXAJAXA
Copyright 2014 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエルニーニョ・南方振動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエルニーニョ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS