エリスロポイエチンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > エチン > エリスロポイエチンの意味・解説 

エリスロポイエチン

別表記:erythropoietinエリスロポエチン

体内赤血球産生調節するホルモン。不足すると貧血などを起こす。エリスロポイエチンは遺伝子組み換え技術により人工的製造可能となっており、慢性腎不全による貧血症などに対す医薬品として用いられる。

エリスロポエチン

(エリスロポイエチン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/19 08:07 UTC 版)

エリスロポエチン英語: Erythropoietin; 略称: EPO)とは、赤血球の産生を促進する造血因子の一つ(ホルモンともサイトカインとも)。分子量は約34000、165個のアミノ酸から構成されている。血液中のエリスロポエチン濃度は、貧血赤血球増加症などの鑑別診断に用いられる。腎性貧血の治療に主に使用されているが、ドーピングにも使用され問題となっている。






「エリスロポエチン」の続きの解説一覧





エリスロポイエチンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エリスロポイエチン」の関連用語

エリスロポイエチンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

西教寺の石仏

ムラサキサギ

横断歩道

エゾシカ

土井ヶ浜海水浴場

ちくさ雁皮紙

勝浦修

ニシキツバメガイ





エリスロポイエチンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエリスロポエチン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS