エボラ出血熱とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > エボラ出血熱の意味・解説 

エボラ出血熱

読み方:エボラしゅっけつねつ
別名:エボラ熱エボラウイルス疾患エボラウイルス感染症エボラウイルス病エボラウィルス疾患エボラウィルス感染症エボラウィルス病気
英語:Ebola Virus DiseaseEVD

エボラウィルス病原とするウィルス性出血熱近年、公式名称が「EVD」に改められた。

エボラ出血熱は中央アフリカ集中的に発生蔓延している。1970年代にはじめて確認され、以来断続的に流行している。一度流行数十名から百名以上の死者出している。2014年現在、ワクチン効果的治療法確立されていない

エボラ出血熱は致死性極めて高いことで知られる。感染した患者死に至る確率70パーセント以上とも75パーセント以上とも、場合によっては90パーセント超えるケースがあるとも言われている。感染危険度の目安としてもしばしば参照されるバイオセーフティレベルBSL)では、エボラ出血熱は最高ランクの「グループ4」に分類される。

エボラ出血熱への感染もたらす自然宿主は、コウモリではないか推定されているが、2014年現在では特定には至っていない。なお、エボラ出血熱は動物にもヒトにも感染するズーノーシス人畜共通感染症)であるが、とりわけヒト対す感染力致死性が高い。ヒトからヒトへの感染力きわめて高い。

2014年3月に、ギニアでエボラ出血熱の発症および流行確認された。国境なき医師団MSF)は、3月時点死者78名、感染の疑われる患者120余名に上っていると報告した。その後もエボラ出血熱の流行感染拡大続けた。2014年8月には、WHOが西アフリカでエボラ出血熱による死者880名を超えたことを報告した。同月西アフリカリベリアでは非常事態宣言が出された。9月初頭には死者1900人を超えた。局地的大流行アウトブレイク)の域を超えて世界規模パンデミック)に至る可能性濃厚になりつつあり、危惧されている。

関連サイト
ギニア:エボラ出血熱が「前例のない規模」の流行に - 国境なき医師団 2014年04月01日掲載
ギニア共和国: エボラ出血熱、首都で4件の発症を確認 - 日本ユニセフ
エボラ出血熱について(ファクトシート) - 厚生労働省検疫所
Ebola virus disease (EVD) - WHO(世界保健機関

エボラ出血熱

エボラ出血熱はエボラウイルスによる急性熱性疾患であり、ラッサ熱マールブルグ病クリミア・コンゴ出血熱とともにウイルス性出血熱Viral Hemorrhagic FeverVHF)の一疾患である。

最も重要な特徴は、血液体液との接触によりヒトからヒト感染拡大し、多数死者を出す流行起こすことであり、しばしば注目を浴びている。2000年10月ウガンダ北方グル流行があったときに日本人専門家派遣されたことは耳新しい自然界宿主が今もって不明なことからも、今後発生危惧される。(表1

ウイルス性出血熱と出血を生ずるウイルス病

疫 学

エボラ出血熱は現在まで、コートジボアール除けアフリカ中央部でのみ発生している。ラッサ熱では自然宿主がマストミスであることがわかっているが、エボラ出血熱の場合患者の発 生があるたびに周辺生態調査が行われているにもかかわらず、自然宿主特定には至ってはいない。1995年のキクウイットでの発生の際に、ヒトでの発生終焉した後、昆虫ネズミ類、サル類等の血液組織5万検体にわたり調査されたが、エボラウイルスウイルス遺伝子抗体も見つかってはいない。ただし、コウモリ一種ではウイルス接種しても病気発症しなかったことから、自然宿主ではないかと疑われている。ヒトでの発生係るエピソード過去12 回ある(表2 、図1)。表中の6と9は宿主についてさかのぼった調査南アフリカ移動したヒトでの発生で、6ではウイルス分離されてはおらず抗体調査のみ、9では南アフリカ自然界ウイルス存在していたわけではなく、非流行地への感染者の侵入である。その後2000年から2001年にはウガンダで、さらに2001 年から2002 年にはガボンコンゴ共和国国境地帯での流行報告されている。

?\?Q?G?{???o???M???≠?∂
?}?P?G?{???o???M?≠?∂?????z

表2. エボラ出血熱の発生

図1. エボラ出血熱発生分布

スーダン1976、1979):1976年6月末、スーダン南部のヌザラ、マリディを中心に284名が感染し、151名(53%)が死亡した。ヌザラの町の綿工場倉庫番男性発症し、次々と家族医療関係者等に伝播したもので、さらに独立した2例から家族内、院内感染として感染拡大が生じた。1979年にはヤンピオで5家族34名が発症し、22名が死亡した。

ザイール(現コンゴ民主共和国)(197619771995):1976 年スーダンでの発生から2カ月後、北部のヤンブク教会病院舞台として大発生が起こった。病院とそこに出入りしていた患者家族医療関係者の間で感染拡大が生じたものである初めは、ヤンブク教会学校教師44男性)がマラリア疑い注射を受け、その同じ注射器で他の注射を受けた9人全員感染し、全員死亡した。それらの患者との接触医療通じ伝播が起こった。マスク手袋ガウン注射器等の基本的不足による。約2カ月の間に318名の患者280名(88%)が死亡した。結局CDC、WHO、ベルギーチーム入り終焉した。スーダンの例もヤンブクの例も、ヒトからヒトへの伝播急性期患者との直接接触よるもので、空気感染airborne)の可能性はないとされている。ヤンブクでは病院スタッフ17名中13名が発症し、11名が死亡し、病院閉鎖された。この時の疫学調査は最も密度の濃いもので、ヤンブク、ヤンドンギ等周辺部落各戸構成員全て詳細に(感染抗体保有発症等)調べられた。翌年近くのタンダラで9歳の女児発症死亡したが、"もしや"ということもあり誰も接触せず、他に感染者は生じなかった。それから18年後の1995年遠く離れザイール中央部のキクウイットで、町の総合病院中心に4月初め患者発生した。244 名の死亡者中100名以上は医療関係者であった。この際もガウン手袋長靴注射器等の不足が感染拡大最大理由であった。発生1カ月後に情報米国入り、その10日エボラウイルスによることが判明し、直ちに米、WHO、ベルギー等のチーム入り6月20日終焉した。なお、このときに分離されたウイルスは、19年前のヤンブクのそれとほとんど同じ遺伝子配列示していた。

1994年コートジボアール1996 年ガボン:この2カ所での発生にはいずれもチンパンジー関与しているが、チンパンジーヒトと同様終末宿主であり、自然界宿主ではないとされている。前者は、死亡したチンパンジー解剖に携わっていたスイス人女性感染したもので、後者では、死亡していたチンパンジー子供たち接触し、感染発症したことが発端である。1996年10月ガボンでの発生では、原因経路不明である。ヒト抗体保有調査発生があったときその周辺でなされてきたが、不顕性感染者が数%(男女とも)いることもわかっている。
20002001年ウガンダスーダンとの国境接す北方地域グル10月始まり、南のマシンデイ(27例)や遠く離れたムバララ(5名)でも発生し、計425名の患者225名の死亡者(53%)を出し過去最大流行となった。他地域への感染拡大は、グル地区行われ葬式参加した感染者や家族感染者が国内移動したことによる死者清拭や、葬儀の際の死者とのお別れの儀式による血液体液との接触感染拡大原因である。そのため女性感染者が269名(63.3%)を占めたが、患者平均年齢27歳で、最低年齢3日齢、最高齢72歳であった。また、しばしば問題となる医療従事者感染29 例であった。この流行時に活躍した現地マチウス医師は、エボラ出血熱に感染した同僚から感染し、死亡した。この場合飛沫感染が疑われている。この時のアウトブレイク時では、WHO を主体全世界から23チーム104名の人材派遣され、国際的対策チーム組織され対応した。日本人専門家は計5名が参加し、臨床例の対応にあたった(IASR 2001,vol 22,57-59 ;http://idsc.nih.go.jp/iasr/22/253/fr2531.html )。

20012002 年ガボンコンゴ共和国2001 年12 月ガボンコンゴ共和国国境地帯発生し、2002 年4 月までにガボン65 例(死亡者数53 名)、コンゴ32 名(死亡者数20 名)の流行があった。致命率両方75%になる。

病原体

エボラウイルスはマールブルグウイルスと共にフィロウイルス科(Filoviridae) に属する。短径80~100nm 、長径700~ 1,500nm で、U 字状、ひも状、ぜんまい状等多形性を示す(図2)が、組織内では棒状示し、700nm 前後サイズがもっとも感染性が高い。スーダンザイールとの間には生物学的にかなり差がある。

?}?Q

図2.(米国CDC Fred Murphy 博士より)

たとえば、in vitro での細胞培養Vero 細胞)で、スーダンはあまり強い変性を示さないのに対し、ザイールは急速に細胞変性壊死いたらしめるまた、in vivo でもマウスサル類での感染性大きく異なる。ザイール極めて強い病原性示し速やかに死に至らしめる病原体は他のVHF ウイルス同様にレベル4に分類されており、ウイルス増殖を伴う作業には最高度安全実験施設(BSL-4 あるいはP4)が必要である。フィリピンでカニクイサルが発症したときの原因であるレストンは、ヒトへの病原性はない。
わが国では国立感染症研究所村山分室キャビネットP4施設19年前に設置されたが、現在まで使用されていない世界では宇宙服式、キャビネット式を含めて10所以上で稼働中である。仏パスツール研究所2 年前より現地での連続的分離作業を行うため、ガボン現地密林の)にP4施設をつくり稼働中である。


臨床症状
発症突発的進行早い潜伏期は2 ~21 日で、汚染注射器通し感染では早く接触感染では長いインフルエンザ症状進行し、重篤化する発熱頭痛100%に、腹痛咽頭痛筋肉痛胸部痛が80%に、出血吐血口腔歯肉消化管)が70%にみられる出血死亡例の大部分みられる2000 年のウガンダでの流行では上記症状加えて衰弱のほか下痢等の消化器症状が目立ち、出血症状10%以下であった。肝臓でのウイルス増殖(図3)による肝腫脹により、右季肋部圧痛叩打痛特徴的である。症状として“エボラ出血熱に特徴的なもの”はない。

?}?R?G?{???E?C???X???±?\???T????????  

?}?R

病原診断

迅速診断としてはウイルスゲノムRT-PCR 法等で検出する。そのほか血中抗原抗体ELISA 法で検出する。RT-PCR 法では血中抗原測定よりも1 日早く検出が可能である。抗体検出免疫蛍光法でも行える。血液体液等からウイルス分離するのがもっとも確実であるが、現地では困難である。死亡者では頚部等の小さな皮膚片をパンチ生検し、ホルマリン固定材料免疫組織化学的にウイルス抗原検出が行われる。国立感染症研究所村山分室外来ウイルス室で検査が可能である。


治療予防
感染予防のためのワクチンはない。治療対症療法のみである。抗体検出されるようになると急速に回復に向かう。感染者や検体接触した人のみに対応すれば十分で、疑い患者血液等を素手触れないこと(手袋を必ず使用する)が重要である。空気感染はないとされているが、飛沫感染否定できない

感染症法における取り扱い
エボラ出血熱は1 類感染症定められており、診断した医師直ち最寄り保健所届け出る疑似患者患者無症状病原体保有者のいずれであっても届け出は必要である。報告のための基準は、以下の通りとなっている。
当該疾患を疑う症状所見があり、かつ、以下の方法によって病原体診断または血清学診断がなされたもの
材料血液血清剖検材料及び生剖検皮膚ホルマリン固定)など
 ・病原体検出
  例、ウイルスの分離など
 ・抗原検出
  例、ELISA 法など
 ・病原体ゲノム検出
  例、RT‐ PCR 法など
 ・血清抗体検出
  例、IgM あるいはIgG免疫蛍光法あるいはELISA 法による検出など
当該疾患を疑う症状所見はないが、病原体抗原検出されたもの
 (病原体抗原検出されず、遺伝子抗体のみが検出されたものを含まない
疑似症の診断
 臨床特徴合致し、以下の疾患鑑別診断がなされたもの
 (鑑別診断)他のウイルス性出血熱チフス赤痢マラリアデング熱黄熱

備考
当該疾患を疑う症状所見はないが、病原体抗原検出されず、遺伝子抗体のみが検出されたものについては、法による報告要しないが、確認のため保健所相談することが必要で ある。

学校保健法における取扱い
エボラ出血熱は学校において予防すべき伝染病第1 種定められており、治癒するまで出席停止となる。

国立感染症研究所感染病理部 佐多太郎

  


エボラ出血熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/20 20:59 UTC 版)

エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ Ebola hemorrhagic fever、または エボラウイルス病 Ebola virus disease - EVD[1])は、フィロウイルス科エボラウイルス属ウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症出血熱の一つ。「エボラ」の名は発病者の出た地域に流れるエボラ川の名を取って命名された。ヒトにも感染し、50-80%という死亡率を持つ種類も存在する。人類が発見したウイルスの内で最も危険なウイルスの1つである。




[ヘルプ]
  1. ^ …必ずしも出血症状を伴うわけではないことなどから…呼称されることが多い。西アフリカ諸国におけるエボラ出血熱の流行に関するリスクアセスメント 国立感染症研究所 2014年8月8日
  2. ^ Diane Bennett; David Brown (1997年). “Ebola virus” (英語). British Medical Journal. 2009年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月19日閲覧。
  3. ^ Ebola virus - Pathogen Safety Data Sheets カナダ保健省
  4. ^ a b c d Ebola virus disease” (英語). Media centre Fact sheets. WHO (2014年4月). 2014年6月19日閲覧。
  5. ^ 夏休み期間中における海外での感染症予防について”. 2.動物からうつる感染症 (3)エボラ出血熱. 厚生労働省 (2010年7月). 2012年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月19日閲覧。
  6. ^ National Geographic: October 2007
  7. ^ http://www.jsvetsci.jp/05_byouki/prion/pf168.html
  8. ^ ニュートン別冊 からだと病気 p.64
  9. ^ エボラ出血熱 - 国立感染症研究所 感染症情報センター
  10. ^ ホット・ゾーン
  11. ^ エボラ出血熱の感染は、飛行機で広まるのか WIRED.jp 2014年8月4日
  12. ^ a b c 出血熱に感染しないための心得 IBTimes 2014年10月18日
  13. ^ エボラ対策にハンドジェルが効く―在庫なくなる店も、米国 IBTimes 2014年10月17日
  14. ^ HSPA5 is an essential host factor for Ebola virus infection. Science Direct 2014年7月
  15. ^ 1日1~5杯の緑茶で小学生のインフルエンザが40~50%減 あなたの健康百科 2011年10月19日
  16. ^ How to avoid being infected with Ebola The Guardian 2014年10月13日
  17. ^ Changes to Ebola Protection Worn by U.S. Hospital Workers The New York Times 2014年10月15日
  18. ^ 米、1000人の健康観察 エボラ、2人目感染確認 日本経済新聞 2014年10月18日
  19. ^ a b c 感染症法に基づく消毒・滅菌の手引き 山口県環境保健センター
  20. ^ ※平成22年度食品安全確保総合調査「食品により媒介される感染症等に関する文献調査報告書」より抜粋 (株式会社 東レリサーチセンター作成) 食品安全委員会
  21. ^ キンバリークラーク社 エボラウイルス病(EVD)予防策の概要:2014 年 10 月
  22. ^ エボラウイルスについて (ファクトシート) FORTH 2014年3月 WHO
  23. ^ 2014年の流行では平均11.4日だが、5%程度21日を越え、40日になる場合もあった。決して21日を超えれば安全というわけではない。そのため実務ではウイルスが検出できなくなるまで隔離する。
  24. ^ WHO | Frequently asked questions on Ebola virus disease 2014年8月10日閲覧
  25. ^ Q & A on Ebola | Ebola Hemorrhagic Fever | CDC 2014年8月10日閲覧
  26. ^ 2014年8月にナイジェリアにエボラを持ち込んだリベリア系アメリカ人のPSは、妹からエボラ感染されたとされるが、妹の隔離からPSの発症まで3週間以上あるため、潜伏期間が3週間以上ある可能性がある。
  27. ^ エイズよりはるかに怖いエボラ出血熱、蔓延の兆し1/3 JB Press 2014年7月31日
  28. ^ 型によって異なる。高いのはザイール株であって、一人の死者も確認されていない型もある。
  29. ^ この療法には疑問点が生じ、2014年10月初旬WHOは勧告を出す。
  30. ^ エボラ出血熱について - 活動ニュース - 国境なき医師団日本
  31. ^ “死のウイルス”エボラ出血熱、空気感染しないが血液・唾・汗には要注意(2) 中央日報 2014年8月4日
  32. ^ エボラ出血熱:死者2000人超える WHO) 毎日新聞 2014年9月6日
  33. ^ 回復医師の血液でエボラ出血熱を治療 患者は快方にcnn.co.jp 2014年9月12日
  34. ^ エボラ、死者2000人超す 1カ月足らずで倍増東京新聞夕刊 2014年9月6日
  35. ^ 関東晋慈 (2009年2月13日). “エボラ出血熱:ワクチン開発…マウス実験で確認 東大”. 毎日新聞. オリジナル2014年1月5日時点によるアーカイブ。. http://archive.today/GgikR#selection-603.125-603.129 2014年6月19日閲覧。 
  36. ^ サルのエボラ治療成功、ヒトへの応用は - ナショナルジオグラフィック ニュース 2010年6月10日
  37. ^ 実験用エボラ治療剤「ZMapp」、生体武器防御目的で開発 - 中央日報 2014年8月6日
  38. ^ 実験用薬剤という性質上、生産供給量は限られており、2008年8月初旬の出荷で在庫は切れたとされる。
  39. ^ Opting Not to Give Ebola Drug to African Doctor New York Times, Aug 12, 2014 シエラレオネの指導的医師に投与が検討されたが、MSFとWHOの合同医療チームは投与しないと決めた。その2日後に当該の人物は死亡した。
  40. ^ Questions and Answers on experimental treatments and vaccines for Ebola CDC, August 8, 2014
  41. ^ Gatherer, D (2014 Aug). “The 2014 Ebola virus disease outbreak in West Africa.”. The Journal of general virology 95 (Pt 8): 1619-1624. PMID 24795448. 
  42. ^ “エボラ出血熱で世界が注目する日本発のある薬剤”. 日経メディカル. (2014年8月11日). http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/eye/201408/537890.html 2014年8月18日閲覧。 
  43. ^ “富士フイルムのインフル治験薬、エボラ出血熱治療に有望か”. ブルームバーグ. (2014年8月13日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9X6ZO6S972F01.html 2014年8月13日閲覧。 
  44. ^ “エボラ出血熱「国際的緊急事態」富士フイルム“特効薬”治療利用”. スポーツ報知. (2014年8月9日). http://www.hochi.co.jp/topics/20140809-OHT1T50036.html 2014年8月13日閲覧。 
  45. ^ “エボラ熱治療薬候補に 富士フイルムの薬 米で手続き”. 日本経済新聞. (2014年8月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM0701X_X00C14A8FF1000/ 2014年8月13日閲覧。 
  46. ^ a b Johansen LM, Brannan JM, Delos SE, Shoemaker CJ, Stossel A, Lear C, Hoffstrom BG, Dewald LE, Schornberg KL, Scully C, Lehár J, Hensley LE, White JM, Olinger GG (2013). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3955358 “FDA-approved selective estrogen receptor modulators inhibit Ebola virus infection”]. Sci Transl Med 5 (190): 190ra79. doi:10.1126/scitranslmed.3005471. PMC 3955358. PMID 23785035. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3955358. Lay summary – Healthline Networks, Inc.. 
  47. ^ Gehring G, Rohrmann K, Atenchong N, Mittler E, Becker S, Dahlmann F, Pöhlmann S, Vondran FW, David S, Manns MP, Ciesek S, von Hahn T (2014). “The clinically approved drugs amiodarone, dronedarone and verapamil inhibit filovirus cell entry”. J. Antimicrob. Chemother. 69 (8): 2123–31. doi:10.1093/jac/dku091. PMID 24710028. 
  48. ^ a b カナダ、エボラ熱ワクチン提供へ 未承認治療薬で効果に不透明な点も 2014年8月13日 スポーツ報知(共同通信)
  49. ^ Doctor treats Ebola with HIV drug in Liberia -- seemingly successfully. Elizabeth Cohen, CNN news. 29 September 2014”. CNN (2014年9月27日). 2014年10月7日閲覧。
  50. ^ A Liberian doctor is using HIV drugs to treat Ebola victims. The NIH is intrigued. Elahe Izadi, Washington Post. 2 October 2014”. Washington Post. 2014年10月7日閲覧。
  51. ^ IUCN Red List of Threatened Species Gorilla gorilla
  52. ^ Gretchen Vogel, "Scientists Say Ebola Has Pushed Western Gorillas to the Brink", Science 317, 1484 (2007). doi:10.1126/science.317.5844.1484
  53. ^ http://www.city.sapporo.jp/zoo/chimpanzee/zetsumetsu.html
  54. ^ http://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2012/08221034.html
  55. ^ ブタに感染したエボラウイルス〜日経サイエンス2009年11月号より”. 日経サイエンス (2009年11月). 2014年8月9日閲覧。
  56. ^ 感染症法6条2項1号エボラウイルス属ザイールウイルス
  57. ^ “エボラ出血熱、ギニアとリベリアで死者142人に”. CNN. (2014年4月23日). http://www.cnn.co.jp/world/35046985.html 2014年6月19日閲覧。 
  58. ^ Ebola virus disease, West Africa – update”. WHO (2014年7月8日). 2014年7月9日閲覧。
  59. ^ 隣国ではないナイジェリアにも感染者が複数出た。
  60. ^ Level 1
  61. ^ リベリア、ギニア、シエラレオネ、ナイジェリア、セネガル
  62. ^ もう一つはイスラム国
  63. ^ 感染症指定医療機関の指定状況(平成26年4月1日現在) 厚生労働省
  64. ^ Is it acceptable to cremate the Ebola dead if it goes against their human rights? DW.DE 2014年10月15日
  65. ^ Ebola: Cremation Law Amid Controversy LEADERSHIP 2014年9月13日
  66. ^ ケニア航空が西アフリカ諸国との毎週70便の定期航空便を全便停止するとの報道を受け発表され、ケニア航空は運航停止を取りやめた。
  67. ^ あくまで「航空機内での感染可能性は低い。」と言っているだけで、潜伏期感染者の移動に対する対策は、各国が警戒態勢を強化することによって対応するように求めている。


「エボラ出血熱」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エボラ出血熱に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エボラ出血熱」の関連用語

エボラ出血熱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




エボラ出血熱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
国立感染症研究所 感染症情報センター国立感染症研究所 感染症情報センター
Copyright ©2014 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエボラ出血熱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS