エドウィン・ハッブルとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 天文学者 > 天文学者 > エドウィン・ハッブルの意味・解説 

エドウィン・ハッブル

弁護士から転身し天文台で銀河の写真をとり続ける

エドウィン・ハッブル(1889~1953)は、アメリカ天文学者法律学び一度弁護士となりますが、結局天文学の道を選びシカゴ大学院勉強しなおしました。第1次世界大戦後ウィルソン山天文台勤め大望遠鏡で銀河写真をとり続けます。このころ、同じアメリカ天文学者スライフゼはアンドロメダ星雲地球から遠ざかっていることを観測発表しています。


アルバート・アインシュタインの「宇宙項」の波紋

1916年アルバート・アインシュタイン一般相対性理論発表翌年それにもとづく宇宙モデル発表します。これは静止宇宙示していましたが、オランダ天文学者ド・ジッターアルバート・アインシュタイン方程式を解くと、宇宙膨張するという答えが出ました。1922年になると、今度ロシア物理学者フリードマンが、アルバート・アインシュタイン方程式から「宇宙項」を除いて計算した結果宇宙は閉じて収縮するか、開いて膨張していくという2つの解答があることを発見したのです。

膨張宇宙を発見し、「ハッブルの法則」を明らかにする

このような時代背景のなか、ハッブル700光年という遠い銀河観測にも成功します。やがて、それらの観測結果から、「遠い銀河ほど速い速度で遠ざかっている」という法則性を発見するのです(ハッブルの法則)。この業績により、宇宙全体風船のように膨張していることが明らかになりました。1930年アルバート・アインシュタインウィルソン山天文台にやってきてハッブル撮影した銀河写真を見、静止した宇宙という自分宇宙モデル捨てざるをえませんでした。そして、いま、大気圏外から宇宙観測する目的軌道上を回っている「宇宙望遠鏡」に、ハッブルの名は刻まれています。


エドウィン・ハッブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/16 14:56 UTC 版)

エドウィン・パウエル・ハッブル(Edwin Powell Hubble, 1889年11月20日 - 1953年9月28日)は、アメリカ合衆国天文学者。我々の銀河系の外にも銀河が存在することや、それらの銀河からの光が宇宙膨張に伴って赤方偏移していることを発見した。近代を代表する天文学者の一人であり、現代の宇宙論の基礎を築いた人物である。


[ヘルプ]
  1. ^ 円盤投げ、ハンマー投げ、棒高跳び、立ち高跳び、走り高跳び、砲丸投げ、1マイルリレーで1位、走り幅跳びで3位であった。
  2. ^ 銀河の赤方偏移は実際には1910年代にヴェスト・スライファーによって観測されていたが、この業績は一般にはあまり知られていなかった。
    また、当初はハッブル自身が膨張宇宙モデルを正しいと信じていなかったことも、一般にはあまり知られていない。これは主として、当時の銀河の距離測定に誤差があり、宇宙の膨張率を大きく見積もりすぎていたため、膨張モデルではさまざまな矛盾が生じたことによる。正しい値は1950年代になって導かれた。
    "… if redshift are not primarily due to velocity shift … the velocity-distance relation is linear, the distribution of the nebula is uniform, there is no evidence of expansion, no trace of curvature, no restriction of the time scale … and we find ourselves in the presence of one of the principle of nature that is still unknown to us today … whereas, if redshifts are velocity shifts which measure the rate of expansion, the expanding models are definitely inconsistent with the observations that have been made … expanding models are a forced interpretation of the observational results" (E. Hubble, Ap. J., 84, 517, 1936.[1])
    "[If the redshifts are a Doppler shift] … the observations as they stand lead to the anomaly of a closed universe, curiously small and dense, and, it may be added, suspiciously young. On the other hand, if redshifts are not Doppler effects, these anomalies disappear and the region observed appears as a small, homogeneous, but insignificant portion of a universe extended indefinitely both in space and time." (Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, 97, 506, 1937[2])
  3. ^ Gale E. Christianson (1996). Edwin Hubble: mariner of the nebulae. University of Chicago Press. p. 362. "Grace heard that Enrico Fermi and Subrahmanyan Chandrasekhar, both members of the Nobel Committee, had joined their colleagues in unanimously voting Hubble the prize in physics, a rumor later confirmed by the astronomers Geoffrey and Margaret Burbidge after speaking with "Chandra"." 
  4. ^ Nomination Database”. Nobelprize.org. 2015年7月13日閲覧。
  5. ^ Nomination Database”. Nobelprize.org. 2015年7月13日閲覧。


「エドウィン・ハッブル」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エドウィン・ハッブル」の関連用語

エドウィン・ハッブルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ロケットの構造と設計

STS-64

NGC6205

日食と月食

H-IIAロケットを支えるLE-7Aエンジン

とびうお座

STS-97

ハッブル宇宙望遠鏡





エドウィン・ハッブルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエドウィン・ハッブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS