エイブラハム・リンカーンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 海外の政治家 > アメリカ合衆国の大統領 > エイブラハム・リンカーンの意味・解説 

Abraham Lincoln

Abraham Lincoln
(16) Abraham Lincoln
(エイブラハム・リンカーン)
共和党 (1861-65)

( )内の年は在任期間

エイブラハム・リンカーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/09 15:54 UTC 版)

エイブラハム・リンカーン: Abraham Lincoln [ˈeɪbrəhæm ˈlɪŋkən] ( 音声ファイル)1809年2月12日 - 1865年4月15日)は、アメリカ合衆国政治家弁護士である。名前は、アブラハム[1]、姓はリンカンと表記されることもある[2]




  1. ^ “米大統領候補、使う言葉は「13歳以下」最下位はトランプ氏”. 時事通信社. (2016年3月17日). http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_all&k=20160317033960a 2016年3月17日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ 現在の教科書の表記はリンカーンではなくリンカンとなっている。世界一受けたい授業
  3. ^ Donald 1996, pp. 20-22.
  4. ^ Pessen, pp. 24-25.
  5. ^ a b White, pp. 12-13.
  6. ^ Donald 1996, p. 21.
  7. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.12
  8. ^ Donald 1996, pp. 22-24.
  9. ^ Pessen, pp. 24-25.
  10. ^ Lamb, p. 189.
  11. ^ a b Sandburg (1926), p. 20.
  12. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.13
  13. ^ Donald 1996, pp. 30-33.
  14. ^ Donald 1996, pp. 26-27.
  15. ^ White, pp. 25, 31, 47.
  16. ^ Donald 1996, p. 33.
  17. ^ name="donald-1996-p30-33">Donald 1996, pp. 30-33
  18. ^ Donald 1996, pp. 28, 152.
  19. ^ 茅野美ど里訳、伝記世界を変えた人々16、「エイブラハム・リンカーン」、偕成社、1994年3月、P.25
  20. ^ Donald (1996), pp. 38-43;Prokopowicz, pp. 18-19.
  21. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.14
  22. ^ Donald 1996, p. 36.
  23. ^ Thomas (2008), pp. 23-53;Carwardine (2003), pp. 3-5.
  24. ^ Donald 1996, p. 41.
  25. ^ Sandburg (1926), pp. 22-23.
  26. ^ 本間長世、p.14
  27. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.11-22
  28. ^ 本間長世、p.74
  29. ^ 高木八尺、「米国政治史における土地の意義」、『高木八尺著作集』第1巻、アメリカ史I、東京大学出版会、1970年、p.488-489
  30. ^ 本間長世、p.102
  31. ^ 本間長世、p.103
  32. ^ Winkle, pp. 86-95.
  33. ^ Oates pg. 18-20. Donald pg. 41
  34. ^ Winkle ch 7-8.[要ページ番号]
  35. ^ laughtergenealogy.com - Presidents Personal Information[要高次出典]
  36. ^ Donald 1996, p. 46.
  37. ^ Winkle, pp. 114-116.
  38. ^ Donald 1996, pp. 53-55.
  39. ^ White, p. 59.
  40. ^ Donald pg. 52-53
  41. ^ 本間長世, p. 35.
  42. ^ Donald 1996, pp. 55-58.
  43. ^ Donald 1996, p. 64.
  44. ^ White, pp. 71, 79, 108.
  45. ^ Simon 1990, p. 130.
  46. ^ Donald 1996, p. 134.
  47. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.18
  48. ^ Foner (2010), pp. 17-19, 67.
  49. ^ アメリカ植民地協会#リンカーンと協会を参照
  50. ^ Simon 1990, p. 283.
  51. ^ Donald (1996), pp. 67-69;Thomas (2008), pp. 56-57, 69-70.
  52. ^ Lamb, p. 43.
  53. ^ a b Sandburg (1926), pp. 46-48.
  54. ^ Donald 1996, p. 86.
  55. ^ Donald 1996, p. 87.
  56. ^ Sandburg (1926), pp. 50-51.
  57. ^ Donald 1996, p. 93.
  58. ^ White, p. 125.
  59. ^ Donald 1996, pp. 95-96.
  60. ^ White, p. 126.
  61. ^ Baker, p. 120.
  62. ^ White, pp. 179-181, 476.
  63. ^ Steers, p. 341.
  64. ^ Shenk, Joshua Wolf (2005年10月). “Lincoln's Great Depression”. The Atlantic. The Atlantic Monthly Group. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  65. ^ Foner (1995), pp. 440-447.
  66. ^ Fenster, Bob. They Did What!? The Funny, Weird, Wonderful, and Stupid Things Famous People Have Done, Andrews Publishing, 2002. p. 55.
  67. ^ Donald 1996, p. 222.
  68. ^ Boritt (1994), pp. 137-153.
  69. ^ Oates, p. 79.
  70. ^ Harris, p. 54;Foner (2010), p. 57.
  71. ^ Heidler (2006), pp. 181-183.
  72. ^ Holzer, p. 63.
  73. ^ 高木八尺、p.23
  74. ^ Oates, pp. 79-80.
  75. ^ a b Basler (1946), pp. 199-202.
  76. ^ a b 本間長世、p.37
  77. ^ McGovern, p. 33.
  78. ^ Basler (1946), p. 202.
  79. ^ Lincoln's Spot Resolutions”. National Archives. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  80. ^ Donald 1996, p. 128.
  81. ^ 高木八尺、解説p.158
  82. ^ Donald 1996, pp. 124-126.
  83. ^ 高木八尺、「自叙伝」p.21
  84. ^ Donald 1996, p. 140.
  85. ^ Harris, pp. 55-57.
  86. ^ Donald 1948, p. 17.
  87. ^ Donald 1996, p. 96.
  88. ^ Donald 1996, pp. 105-106, 158.
  89. ^ Donald 1996, pp. 142-143.
  90. ^ Donald 1996, pp. 156-157.
  91. ^ White, p. 163.
  92. ^ Abraham Lincoln's Patent Model:Improvement for Buoying Vessels Over Shoals”. Smithsonian Institution. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  93. ^ a b Donald (1996), p. 155.
  94. ^ Dirck (2007), p. 92.
  95. ^ Handy, p. 440.
  96. ^ 『sierratimes』(Michael Gaddy、「The American Indian And The "Great Emancipator"」2001年9月3日記事)
  97. ^ Donald 1996, pp. 155-156, 196-197.
  98. ^ a b c Donald (1996), pp. 150-151.
  99. ^ Harrison (1935), p. 270.
  100. ^ Donald pg. 104-106. Thomas pg. 142-153
  101. ^ Donald pg. 105-106, 149. Harris pg. 65
  102. ^ Donald pg. 146
  103. ^ Donald pg. 148. Thomas pg. 156
  104. ^ The Peculiar Instution”. Newberry Library and Chicago History Museum. 2011年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  105. ^ Lincoln Speaks Out”. Newberry Library and Chicago History Museum. 2011年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  106. ^ McGovern, pp. 36-37.
  107. ^ Foner (2010), pp. 84-88.
  108. ^ 渡辺惣樹『日米衝突の根源』
  109. ^ Thomas (2008), pp. 148-152.
  110. ^ Basler (1953), p. 255.
  111. ^ Oates, p. 119.
  112. ^ White, pp. 205-208.
  113. ^ McGovern, pp. 38-39.
  114. ^ Donald 1996, p. 193.
  115. ^ en:United States presidential election, 1856#Republican Party nomination
  116. ^ Zarefsky, pp. 69-110.
  117. ^ Jaffa, pp. 299-300.
  118. ^ 高木八尺、「ドレッド・スコット判決に関するスプリングフィールドにおける演説」p.41
  119. ^ Oates, pp. 138-139.
  120. ^ ただしマルコ伝の該当箇所の日本語訳は、文語訳「もし家分れ争はば、其の家立つこと能はざるべし」、口語訳「もし家が内わで分れ争うなら、その家は立ち行かないであろう」、新共同訳「家が内輪で争えば、その家は成り立たない」などとなっている。
  121. ^ White, p. 251.
  122. ^ 高木八尺、p.43
  123. ^ Harris, p. 98.
  124. ^ 高木八尺、解説 p.164
  125. ^ 高木八尺、解説 p.166
  126. ^ Donald 1996, p. 209.
  127. ^ McPherson (1993), p. 182.
  128. ^ Donald 1996, pp. 214-224.
  129. ^ Donald 1996, p. 223.
  130. ^ Carwardine (2003), pp. 89-90.
  131. ^ Donald 1996, pp. 242, 412.
  132. ^ Jaffa, p. 473.
  133. ^ Holzer, pp. 108-111.
  134. ^ マイケル・ジェイ・フリードマン (2009年2月). “ホワイトハウスへの道:1854年以降のエイブラハム・リンカーン (PDF)”. エイブラハム・リンカーン - 自由という遺産. 米国務省国際情報プログラム局. p. 29. 2012年2月21日閲覧。
  135. ^ Carwardine (2003), p. 97.
  136. ^ Holzer, p. 157.
  137. ^ Donald 1996, p. 240.
  138. ^ Donald 1996, p. 241.
  139. ^ 本間長世、p.124
  140. ^ Oates, pp. 175-176.
  141. ^ Donald 1996, p. 245.
  142. ^ Luthin, pp. 609-629.
  143. ^ Hofstadter, pp. 50-55.
  144. ^ Donald 1996, pp. 247-250.
  145. ^ Boritt (1994), pp. 10, 13, 18.
  146. ^ Donald 1996, p. 253.
  147. ^ Donald 1996, pp. 254-256.
  148. ^ Donald 1996, p. 254.
  149. ^ Mansch, p. 61.
  150. ^ Harris, p. 243.
  151. ^ White, p. 350.
  152. ^ Nevins (1950), p. 312.
  153. ^ Edgar, p. 350.
  154. ^ White, pp. 360-361.
  155. ^ Donald 1996, p. 268.
  156. ^ Vorenberg, p. 22.
  157. ^ Lupton, p. 34.
  158. ^ a b Donald (1996), p. 267.
  159. ^ Potter, p. 498.
  160. ^ White, p. 362.
  161. ^ Potter, pp. 520, 569-570.
  162. ^ White, p. 369.
  163. ^ 高木八尺、「スプリングフィールドを去ってワシントンに向かう別れの挨拶」p.92
  164. ^ Donald 1996, pp. 273-277.
  165. ^ 本間長世、p.140
  166. ^ Donald 1996, pp. 277-279.
  167. ^ Sandburg (2002), p. 212.
  168. ^ 高木八尺、「第一次大統領就任演説」p.93
  169. ^ 高木八尺、「第一次大統領就任演説」p.104
  170. ^ Donald 1996, pp. 283-284.
  171. ^ 高木八尺、「第一次大統領就任演説」p.107
  172. ^ Donald 1996, pp. 268, 279.
  173. ^ Donald 1996, pp. 292-293.
  174. ^ Nevins (2000), p. 29.
  175. ^ Sherman, pp. 185-186.
  176. ^ Donald 1996, p. 293.
  177. ^ Oates, p. 226.
  178. ^ Donald (1996), pp. 303-304;Carwardine (2003), pp. 163-164.
  179. ^ Heidler (2000), p. 174.
  180. ^ Donald 1996, p. 304.
  181. ^ Donald 1996, pp. 315, 338-339.
  182. ^ Scott, pp. 326-341.
  183. ^ Thomas (2007), p. 180.
  184. ^ Donald 1996, pp. 331-333, 417.
  185. ^ Donald (1996), p. 314;Carwardine (2003), p. 178.
  186. ^ Donald (1996), p. 314;Carwardine (2003), p. 178.
  187. ^ Donald 1996, pp. 314-317.
  188. ^ Carwardine (2003), p. 181.
  189. ^ Adams, pp. 540-562.
  190. ^ Donald 1996, p. 322.
  191. ^ Prokopowicz, p. 127.
  192. ^ Benjamin P. Thomas and Harold M. Hyman, Stanton, the Life and Times of Lincoln's Secretary of War (Knopf, 1962)[要ページ番号]
  193. ^ Donald 1996, pp. 295-296.
  194. ^ Donald 1996, pp. 391-392.
  195. ^ Ambrose, pp. 7, 66, 159.
  196. ^ Donald 1996, pp. 432-436.
  197. ^ Donald 1996, pp. 318-319.
  198. ^ Donald 1996, pp. 349-352.
  199. ^ Donald 1996, pp. 360-361.
  200. ^ 本間長世、p.164-165
  201. ^ Nevins (1960), pp. 2:159-162.
  202. ^ Donald 1996, pp. 339-340.
  203. ^ Goodwin, pp. 478-479.
  204. ^ Goodwin, pp. 478-480.
  205. ^ Goodwin, p. 481.
  206. ^ 高山正之「偉人リンカーンは奴隷好き」『歴史通』2013年5月号
  207. ^ Mackubin, Thomas Owens (2004年3月25日). “The Liberator”. National Review. National Review. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  208. ^ Guelzo (1999), pp. 290-291.
  209. ^ Donald 1996, pp. 364-365.
  210. ^ McPherson (1992), p. 124.
  211. ^ Donald (1996), p. 368.
  212. ^ 高木八尺、「ホレス・グリーリーにあてた書簡」、1862年8月22日、p.134-135
  213. ^ Guelzo (2004), pp. 147-153.
  214. ^ Donald 1996, pp. 364, 379.
  215. ^ Donald 1996, p. 407.
  216. ^ Donald 1996, p. 408.
  217. ^ Nevins (1960), pp. 2:239-240.
  218. ^ Donald 1996, pp. 430-431.
  219. ^ Donald 1996, p. 431.
  220. ^ Douglass, pp. 259-260.
  221. ^ 本間長世、p.178
  222. ^ Nevins (1960), pp. 318-322, quote on p. 322.
  223. ^ Donald 1996, pp. 389-390.
  224. ^ Donald 1996, pp. 429-431.
  225. ^ Nevins (1960), pp. 343-367.
  226. ^ Donald 1996, pp. 422-423.
  227. ^ Nevins (1960), pp. 2:432-450.
  228. ^ 本間長世、p.184
  229. ^ Donald 1996, pp. 444-447.
  230. ^ Donald 1996, p. 446.
  231. ^ Donald 1996, pp. 453-460.
  232. ^ a b c 高木八尺、「ゲティスバーグ演説」p.148-149
  233. ^ Donald 1996, pp. 460-466.
  234. ^ Wills, pp. 20, 27, 105, 146.
  235. ^ 本間長世、p.188
  236. ^ Thomas (2008), p. 315.
  237. ^ Nevins (2000), (Vol. IV), pp. 6-17.
  238. ^ Donald 1996, pp. 490-492.
  239. ^ McPherson (2009), p. 113.
  240. ^ Donald 1996, p. 501.
  241. ^ The Peacemakers”. The White House Historical Association. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  242. ^ Thomas (2008), pp. 422-424.
  243. ^ Neely (2004), pp. 434-458.
  244. ^ Thomas (2008), p. 434.
  245. ^ Donald 1996, pp. 516-518.
  246. ^ Fish, pp. 53-69.
  247. ^ Tegeder, pp. 77-90.
  248. ^ Donald 1996, pp. 494-507.
  249. ^ Grimsley, p. 80.
  250. ^ Basler (1953), p. 514.
  251. ^ Donald 1996, p. 531.
  252. ^ Randall & Current (1955), p. 307.
  253. ^ Paludan, pp. 274-293.
  254. ^ 本間長世、p.204
  255. ^ 高木八尺、「再選祝賀の歓呼の歌に対する挨拶の辞」p.151
  256. ^ Donald 1996, p. 565.
  257. ^ Noll, p. 426.
  258. ^ Basler (1953), p. 333.
  259. ^ 高木八尺、p.156
  260. ^ Donald 1996, p. 589.
  261. ^ Thomas (2008), pp. 509-512.
  262. ^ Donald 1996, pp. 471-472.
  263. ^ Donald 1996, pp. 485-486.
  264. ^ Nevins (2000), Vol IV., p. 206.
  265. ^ 本間長世、p.215
  266. ^ Donald 1996, p. 561.
  267. ^ Donald 1996, pp. 562-563.
  268. ^ Primary Documents in American History:13th Amendment to the U.S. Constitution”. Library of Congress. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  269. ^ Carwardine (2003), pp. 242-243.
  270. ^ Presidential Proclamation-Civil War Sesquicentennial”. The White House (2011年4月12日). 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。 “...a new meaning was conferred on our country's name...”
  271. ^ Jaffa, p. 399.
  272. ^ Diggins, p. 307.
  273. ^ Foner (2010), p. 215.
  274. ^ Jaffa, p. 263.
  275. ^ Belz (1998), p. 86.
  276. ^ 高木八尺、「第一次大統領就任演説」p.101
  277. ^ Donald (2001), p. 137.
  278. ^ Paludan, p. 116.
  279. ^ McPherson (1993), pp. 450-452.
  280. ^ Donald 1996, p. 424.
  281. ^ Paludan, p. 111.
  282. ^ Donald (2001), p. 424.
  283. ^ Cox, p. 182.
  284. ^ Nichols, pp. 210-232.
  285. ^ Donald 1996, pp. 501-502.
  286. ^ a b c Donald 1996, p. 471
  287. ^ 高木八尺、「感謝祭を行う旨の布告」p.145-147
  288. ^ Schaffer, p. 48.
  289. ^ Blue, p. 245.
  290. ^ Donald 1996, pp. 300, 539.
  291. ^ Donald 1996, p. 597.
  292. ^ Martin, Paul (2010年4月8日). “Lincoln's Missing Bodyguard”. Smithsonian Magazine. Smithsonian Institution. 2011年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  293. ^ Donald 1996, pp. 594-597.
  294. ^ 本間長世、p.234
  295. ^ Donald 1996, pp. 48-49, 514-515.
  296. ^ Donald 1996, pp. 48-49.
  297. ^ Parrillo, pp. 227-253.
  298. ^ Wilson 1999, pp. 251-254.
  299. ^ Wilson 1999, p. 254.
  300. ^ Donald 1996, p. 514
  301. ^ “【AFP記者コラム】米大統領選の政治と宗教、共和党予備選と「聖書地帯」”. フランス通信社. (2016年3月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/3079995 2016年3月14日閲覧。 
  302. ^ Taranto, p. 264.
  303. ^ Chesebrough, pp. 76, 79, 106, 110.
  304. ^ Schwartz (2000), p. 109.
  305. ^ Schwartz (2009), pp. 23, 91-98.
  306. ^ Belz (2006), pp. 514-518.
  307. ^ Graebner, pp. 67-94.
  308. ^ Smith, pp. 43-45.
  309. ^ Boritt (1994), pp. 196, 198, 228, 301.
  310. ^ Harris, p. 2.
  311. ^ Randall (1947), p. 175.
  312. ^ Zilversmit, pp. 22-24.
  313. ^ Smith, p. 42.
  314. ^ Bennett, pp. 35-42.
  315. ^ Dirck (2008), p. 31.
  316. ^ Striner, pp. 2-4.
  317. ^ Cashin, p. 61.
  318. ^ Kelley & Lewis, p. 228.
  319. ^ Schwartz (2009), p. 146.
  320. ^ Dennis, p. 194.
  321. ^ Renovation and Expansion of the Historic DC Courthouse (PDF)”. DC Court of Appeals. 2011年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  322. ^ Vinciguerra, Thomas (2009年2月7日). “Now if Only We Could Mint Lincoln Himself”. The New York Times: p. WK4. オリジナル2011年10月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jmhWehf 2011年11月10日閲覧。 
  323. ^ Mount Rushmore National Memorial”. U.S. National Park Service. 2011年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  324. ^ Abraham Lincoln Birthplace National Historic Site”. U.S. National Park Service. 2011年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  325. ^ Lincoln Boyhood National Memorial”. U.S. National Park Service. 2011年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  326. ^ Lincoln's New Salem”. Illinois Historic Preservation Agency. 2011年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  327. ^ Lincoln Home National Historic Site”. U.S. National Park Service. 2011年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  328. ^ About Ford's”. Ford's Theatre. 2011年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  329. ^ Peterson, pp. 312, 368.
  330. ^ The Abraham Lincoln Presidential Library and Museum”. Abraham Lincoln Presidential Library and Museum. 2011年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  331. ^ Lincoln Tomb”. Illinois Historic Preservation Agency. 2011年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。.
  332. ^ Schwartz (2009), pp. 196-199.
  333. ^ Peterson pp. 147, 263.
  334. ^ Carroll, James R. (2009年1月12日). “Let the Lincoln Bicentennial Celebrations Begin”. The Courier-Journal. オリジナル2011年10月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jn5TYV5 2011年11月10日閲覧。 
  335. ^ 『THE INDIANS』(Capps,Benjamin,TIMELIFE,1976)
  336. ^ 『sierratimes』(Michael Gaddy、「The American Indian And The "Great Emancipator"」2001年9月3日記事)
  337. ^ 『THE INDIANS』(Capps,Benjamin,TIMELIFE,1976)
  338. ^ 『sierratimes』(Michael Gaddy、「The American Indian And The "Great Emancipator"」2001年9月3日記事)
  339. ^ 『sierratimes』(Michael Gaddy、「The American Indian And The "Great Emancipator"」2001年9月3日記事)
  340. ^ 『sierratimes』(Michael Gaddy、「The American Indian And The "Great Emancipator"」2001年9月3日記事)
  341. ^ 『THE INDIANS』(Capps,Benjamin,TIMELIFE,1976)
  342. ^ 『THE INDIANS』(Capps,Benjamin,TIMELIFE,1976)
  343. ^ 『sierratimes』(Michael Gaddy、「The American Indian And The "Great Emancipator"」2001年9月3日記事)







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エイブラハム・リンカーンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エイブラハム・リンカーン」の関連用語

エイブラハム・リンカーンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

John Adams

Andrew Jackson

Woodrow Wilson

Ronald Reagan

Benjamin Harrison

Rutherford B. Hayes

William Howard Taft

Chester A. Arthur





エイブラハム・リンカーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
在日米国大使館在日米国大使館
この記事は「在日米国大使館」ホームページ内の、「歴代大統領のポートレート」の情報を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエイブラハム・リンカーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS