エイチ・ツー・オー リテイリングとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > 北区 (大阪市)の企業 > エイチ・ツー・オー リテイリングの意味・解説 

エイチ・ツー・オー リテイリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/19 04:38 UTC 版)

エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社H2O Retailing Corporation)は、阪急阪神東宝グループの一翼を担う「エイチ・ツー・オー リテイリンググループ」の純粋持株会社である。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 第95期有価証券報告書 (Report). エイチ・ツー・オー リテイリング. (2014-6-24). 
  2. ^ 50年史編集委員会 『株式会社阪急百貨店50年史』 阪急百貨店、1998年4月
  3. ^ 阪神電気鉄道開業百周年史編集室 『阪神電気鉄道百年史』 阪神電気鉄道、2005年12月27日
  4. ^ a b c d “H2O発足、梅田2本店を一体化”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2007年10月2日) 
  5. ^ a b c d e f g h 西井由比子 (2008年10月1日). “「阪急阪神百貨店」が誕生 経営効率の向上を図る”. 神戸新聞 (神戸新聞社) 
  6. ^ a b c d e f g h “統合効果、どこまで? 阪急阪神経営陣に課題”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2006年6月6日) 
  7. ^ 小林由佳、末永陽子 (2012年4月2日). “決断のとき 世紀の統合 阪急・阪神(10)6年目の効果 沿線地域実感乏しく”. 神戸新聞 (神戸新聞社) 
  8. ^ a b c d e f “阪急阪神百貨店、きょう誕生 個性競演、誘客共演”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2008年10月1日) 
  9. ^ a b c d e 松村信仁 (2012年3月5日). “百貨店裏話 村上ファンドに振り回され、阪神はあり得ない選択を…”. 産経新聞 (産経新聞社) 
  10. ^ “阪神百貨店にメガ「いか焼き」登場 阪急とのとの合併記念”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2008年9月17日) 
  11. ^ 徳永清誠 (2010年5月19日). “近畿中四国業務用流通特集:百貨店惣菜売場ルポ=阪急・阪神梅田本店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社) 
  12. ^ 小林由佳、末永陽子 (2012年3月20日). “決断のとき 世紀の統合 阪急・阪神(1)村上ファンド 私鉄再編「本気だった」”. 神戸新聞 (神戸新聞社) 
  13. ^ a b “阪急・阪神百貨店を統合、TOB案に阪神賛同へ、持ち株会社から分離”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2006年4月22日) 
  14. ^ a b “阪神社長「百貨店再編、年度内に結論」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2006年7月21日) 
  15. ^ a b c “「阪急百貨店」と「阪神百貨店」が統合へ”. 京都新聞 (京都新聞社). (2007年1月26日) 
  16. ^ 段貴則 (2007年3月27日). “阪急阪神HD中期経営計画 県内の不動産開発推進 マンション共同供給”. 神戸新聞 (神戸新聞社) 
  17. ^ a b 小林由佳、末永陽子 (2012年3月30日). “決断のとき 世紀の統合 阪急・阪神(9)静かなスタート 問いかけた「企業価値」”. 神戸新聞 (神戸新聞社) 
  18. ^ 小林由佳、末永陽子 (2012年3月29日). “決断のとき 世紀の統合 阪急・阪神(8)TOB価格 ぎりぎりの着地点探る”. 神戸新聞 (神戸新聞社) 
  19. ^ “阪急主導で「経営会議」阪急阪神HD すみれとトラが連係プレー”. 産経新聞 (産経新聞社). (2006年9月25日) 
  20. ^ “阪急百貨店、阪神百貨店と包括的な業務提携を合意 来春までに具体策検討”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2006年9月30日) 
  21. ^ a b c d e “阪急百貨店と阪神百貨店 10月にも経営統合 共同持ち株会社を設立”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2007年3月17日) 
  22. ^ a b c d e f g “阪急百貨店と阪神百貨店、経営統合に基本合意 10月に新会社、ブランド力を強化”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年3月30日) 
  23. ^ 岸本英樹 (2008年9月30日). “2つのブランド生かせるか 阪急阪神百貨店あす発足”. 読売新聞 (読売新聞社) 
  24. ^ a b “阪急・阪神百貨店が「H2O」に 1日発足”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2007年10月1日) 
  25. ^ “阪急百貨店:阪神優勝で優勝セール開催へ”. 産経新聞 (産経新聞社). (2008年7月10日) 
  26. ^ a b c d “阪急と阪神が合併、10月1日「阪急阪神百貨店」に”. 読売新聞 (読売新聞社). (2008年3月27日) 
  27. ^ 阪神百貨店 第66期有価証券報告書 (Report). 阪神百貨店. (2006-6-29). 
  28. ^ a b 今後のグループ体制について (Report). エイチ・ツー・オー リテイリング. (2008-10-1). 
  29. ^ “御影グラッセ内「阪神・御影」の食品売場 地元色強く打ち出す がんこ新業態・洋惣菜店も”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2008年3月28日) 
  30. ^ “阪神百貨店に阪急オアシス 初の店舗連携”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2009年8月1日) 
  31. ^ a b “阪急阪神百、店舗管理3分割、組織再編、郊外店テコ入れ急ぐ。”. 日経MJ (日本経済新聞社). (2011年4月11日) 
  32. ^ “阪急阪神共通カードの名称「スタシア」に-グループ共通、10月募集”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2007年9月5日) 
  33. ^ “カード共通化 特典UP 百貨店総合効果を実感”. 京都新聞 (京都新聞社). (2008年1月31日) 
  34. ^ a b “阪急阪神HDとH2O、共通カード発行、沿線飲食店とも連携”. 日経MJ (日本経済新聞社). (2009年2月25日) 
  35. ^ a b “エイチ・ツー・オーリテイリング取締役執行役員森忠嗣氏(情報技術戦略を聞く)”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社). (2009年3月31日) 
  36. ^ “阪急阪神の各社 ポイント共通化”. 産経新聞 (産経新聞社). (2010年8月31日) 
  37. ^ a b “「STACIAカード」10月、阪急阪神とH2O、ポイント共通化”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2010年8月31日) 
  38. ^ a b c 小平和良. “時事深層 統合断念は大再編への序章”. 日経ビジネス 2010年4月5日号 (日経BP) (2010-4-5). 
  39. ^ a b c d 須賀彩子. “inside Enterprise 第48回 高島屋、高島屋、阪急阪神百貨店が提携 統合まで3年の長い道のり”. 週刊ダイヤモンド 2008年10月25日号 (ダイヤモンド社) (2008-10-20). 
  40. ^ a b “高島屋と阪急阪神、資本提携へ 統合前提に株式持ち合い”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2008年10月10日) 
  41. ^ a b c d e 須賀彩子. “inside Enterprise 第242回 高島屋、H2O統合破談 成長戦略はどこにあるのか”. 週刊ダイヤモンド 2010年4月10日号 (ダイヤモンド社) (2010-4-5). 
  42. ^ “高島屋と阪急阪神百貨店、相互に社外取締役を選任”. 読売新聞 (読売新聞社). (2009年4月11日) 
  43. ^ “高島屋とH2O、ネット通販、共同販促、提携第1弾、特典を共通化”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2009年4月14日) 
  44. ^ “高島屋、阪急阪神百、婦人服を共同調達、13ブランドから、統合前、第2弾”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2009年9月19日) 
  45. ^ a b c d e f “高島屋とエイチ・ツー・オー、経営統合を断念”. 読売新聞 (読売新聞社). (2010年3月26日) 
  46. ^ a b c d e “高島屋とH2Oリテイリング、経営統合を断念”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2010年3月31日) 
  47. ^ 田中陽 (2010年4月2日). “高島屋と阪急阪神、統合断念-構成年齢の違い一因に(ニュースの理由)”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社) 
  48. ^ a b “高島屋・阪急百「破談」の先を読む 鈴木、椙岡両ワンマン並び立たずのお粗末。恥を忍んで「次の相手」探しに乗り出すか。”. FACTA 2010年5月号 (ファクタ出版) (2010-4-20). 
  49. ^ 三越伊勢丹、大阪撤退の敗因~高島屋ら関西連合の執念で人気商品扱えず、伊勢丹流も不発(2/2) Business Journal(サイゾー)、2014年2月6日(同日閲覧)。
  50. ^ 伊豆丸亮 (2010年12月23日). “【関西経済2010 記者回顧】社風不一致 高い壁 大型統合相次ぐ破談”. 産経新聞 (産経新聞社) 
  51. ^ a b “阪急阪神百貨店と高島屋、洋菓子の新ブランド「PURE FOREST」を共同開発”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2011年1月31日) 
  52. ^ a b “ブランドは共同開発 阪急阪神百貨店と高島屋”. 産経新聞 (産経新聞社). (2011年1月21日) 
  53. ^ 阪急百貨店 第85期報告書(平成15年4月1日から平成16年3月31日まで) (Report). 阪急百貨店. (2006-6-28). 
  54. ^ “食材 ネット注文 宅配脚光”. 京都新聞 (京都新聞社). (2008年7月9日) 
  55. ^ “優良顧客囲い込み戦略が活発化 食品宅配を中心に制度整備進む”. 日本流通産業新聞 (日本流通産業新聞社). (2010年10月1日) 
  56. ^ a b c “コンビニ・百貨店、食事宅配拡大、高齢者・働く主婦に照準-阪急系、即日に対応”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2010年3月10日) 
  57. ^ a b c “宅配、首都圏で拡大、H2O、スマホ注文も開始”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年7月25日) 
  58. ^ a b “エイチ・ツー・オー リテイリング オレンジライフを子会社化 博多阪急との連携強化を促進”. 日本流通産業新聞 (日本流通産業新聞社). (2011年4月7日) 
  59. ^ a b c “H2Oリテ、九州の宅配業者を子会社化”. 産経新聞 (産経新聞社). (2011年4月2日) 
  60. ^ a b c “H2O、食品宅配、10月首都圏で開始、仕分け、国分に委託”. 日経MJ (日本経済新聞社). (2011年8月8日) 
  61. ^ a b “三越伊勢丹VS阪急 ネットスーパー首都圏で過熱”. 日本流通産業新聞 (日本流通産業新聞社). (2011年11月3日) 
  62. ^ “阪急キッチンエール、11年秋に首都圏進出 5年後200億円目指す”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2010年11月10日) 
  63. ^ a b c “阪急阪神百貨店、冷凍離乳食の宅配事業に参入 早期20億円目指す”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2011年10月12日) 
  64. ^ a b c “エブリデイ・ドット・コム/無店舗販売向け物流システム販売開始/宅配ビジネスのノウハウ生かす”. 日本流通産業新聞 (日本流通産業新聞社). (2011年11月3日) 
  65. ^ “阪急百貨店が無農薬 ブランド野菜の生産に新法人を設立”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2004年2月16日) 
  66. ^ a b “貸農園、野菜作りの拠点… 耕作放棄地、企業が活用”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2010年4月27日) 
  67. ^ “食の信頼性向上へ 農水省FCP、「協働の着眼点」認知目指し初会合”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2010年7月16日) 
  68. ^ a b 牧田圭介 (2009年10月6日). “センコー H2Oの子会社を買収 百貨店物流の効率化へ”. 輸送経済新聞 (輸送経済新聞社) 
  69. ^ a b “H2Oと近鉄百 情報システムで提携”. 産経新聞 (産経新聞社). (2011年8月11日) 
  70. ^ a b “H2O、外食参入へ 家族亭の株を公開買い付け”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2011年8月12日) 
  71. ^ a b c “H2O、家族亭へのTOB成立”. 産経新聞 (産経新聞社). (2011年9月10日) 
  72. ^ a b “南海、ワゴンショップ会社を買収”. 産経新聞 (産経新聞社). (2012年3月29日) 
  73. ^ a b “モザイク経営権三菱倉庫に譲渡 神戸ハーバーランド”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2012年2月11日) 
  74. ^ a b c 松岡達郎 (2009年10月1日). “阪急阪神HD誕生3年 再編一段落、相乗効果が具体化”. 産経新聞 (産経新聞社) 
  75. ^ a b “阪急HD社長、阪神百貨店本店建て替えに意欲─改装方針「白紙に」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2006年8月8日) 
  76. ^ a b “阪神百貨店梅田本店、13年の建て替え延期”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2011年2月19日) 
  77. ^ “阪神百貨店:建て替え 2段階で-22年秋、新阪急ビル先行”. 産経新聞 (産経新聞社). (2008年9月23日) 
  78. ^ a b “阪神百貨店立て替え、新阪急ビルも高層化…ツインタワー連結”. 読売新聞 (読売新聞社). (2011年1月18日) 
  79. ^ 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) 2014年10月1日(水)に事業着手します ~2022年春頃の全体竣工を目指します~ - 阪神電気鉄道・阪急電鉄 2014年9月25日
  80. ^ エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社とイズミヤ株式会社の株式交換による経営統合のお知らせ エイチ・ツー・オー リテイリング公式サイト 2014年1月31日
  81. ^ エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 第93期有価証券報告書 (Report). エイチ・ツー・オー リテイリング. (2012-6-28). 
  82. ^ 「エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 平成22年3月期第2四半期 決算発表補助資料 」 {{{1}}} (PDF) 1ページ(表紙も含めた通算枚数では2枚目)の(注)3に記述がある。
  83. ^ “飼い主安心の「犬の幼稚園」、阪急西宮ガーデンズに”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2009年2月15日) 
  84. ^ “"すみれエージェンシー"と"エフケイ"がコラボ”. 新日本保険新聞 (新日本保険新聞社). (2010年7月26日) 
  85. ^ 阪急ライフスタイル研究所 第34期貸借対照表及び個別注記表 {{{1}}} (PDF)
  86. ^ 「株式会社エイチディ・プランニング・ウエストの株式取得に関するお知らせ」 南海電気鉄道の発表したプレスリリース。2012年(平成24年)3月29日発表。
  87. ^ a b 「エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 子会社の江坂運輸株式会社および阪神運送株式会社の株式譲受について」 {{{1}}} (PDF) センコーが2009年(平成21年)10月2日に発表したプレスリリース。
  88. ^ エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 第90期報告書 {{{1}}} (PDF) 26ページに記述がある。


「エイチ・ツー・オー リテイリング」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エイチ・ツー・オー リテイリング」の関連用語

エイチ・ツー・オー リテイリングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




エイチ・ツー・オー リテイリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエイチ・ツー・オー リテイリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS