エイサーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 行事 > 日本の祭 > 盆踊り > エイサーの意味・解説 

エイサー

ヤマトの「盆踊り」に該当する沖縄の盆芸能

近世初頭、「ニンブチャー」などと呼ばれるヤマト遍歴念仏信仰者によって沖縄伝えられた念仏踊りが、沖縄風に発展したもの。「ヤイサー」「イェンサー」「七月舞(しちぐちもーい)」などという地域もある。現在も沖縄の盆は旧暦行われており、エイサーも旧暦行われる

戦前集落ごとに盆の先祖供養芸能として行われ家々信仰拠点巡って踊る「道ジュネーが行われていた。唄は念仏唄がベースであったが、毛遊びもーあしび)歌を採り入れて楽しく多彩な曲が増えた。「チョンダラー」などとよばれる道化役登場することも、ヤマト盆踊りと共通している。
「エイサー、エイサー、ヒヤルガエイサー、スリサーサー」という囃子詞特徴があり、エイサーの名称の起源とされる

戦後復興の中で、エイサーは人々の心のよりどころとなり、大きな飛躍遂げた。太鼓踊りを中心にあざやかなパフォーマンス加えポップスを採り入れるなど現代的魅力加えたエイサーは、「エイサーコンクール」や「エイサーまつり」を通じて沖縄を代表する芸能成長した。しかし、多く集落ではこれと並行して昔ながら伝統エイサーもひろく行われている。

近年ヤマトでも若者中心に人気が高い。沖縄人会などをベースにエイサーグループが結成されており、その数は100近くといわれる(03/09/01朝日新聞夕刊)、都会でのパフォーマンスも盛んである。


エイサー

沖縄県与那城町勝連町

●よく聞ける時期
旧暦7月15日16日本番の2ヶ月ほど前から始まる練習でも聞くことができる。

●よく聞けるところ
沖縄本島

屋慶名…屋慶名集落全体練習JAゆいな与那城支所駐車場与那城小学校運動場行われる

平敷屋…旧暦7月15日拝所近くのタキノー公園で。16日平敷小学校近く

寄りみち
屋慶名港通り抜け石段上りつめた展望台からは、エメラルドグリーンの海の向こうに浜比嘉島平安座島などの与勝諸島島々を望むすばらし景観広がる

 エイサーは沖縄旧盆青年中心として各地で踊られる、本土でいう盆踊りに相当するもの。

 旧暦7月1516日の夜、集落青年男女祭りごとを行う広場集まり無病息災家庭円満子孫繁栄などを祈念し、エイサーが披露される。

 先導役の酒持ち、そして旗持ち大太鼓パーランクー小型太鼓バチで打つ)、踊り手道化師の順で隊列を組んで入場華やか衣装を身にまとい、「エイサー、エイサー、スリエイサー」と、はやし言葉合唱しながら三線パーランクーリズムとともに激しく体を動かしながら、勇ましく踊る姿は圧巻である。打楽器の音が心臓まで響いてくる。エイサー

アクセス

《屋慶名》
バス那覇バスターミナルから約2時間屋慶名バスターミナル下車徒歩1分。
平敷屋》
バス那覇バスターミナルから約2時間5分。平敷屋下車、徒歩10分。

問合わせ先
屋慶名自治会沖縄県中頭郡与那城町字屋慶名1100、098・978・2228
平敷公民館沖縄県中頭郡勝連町、098・978・2231


エイサー


エイサー

名前 Asare

エイサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/17 19:13 UTC 版)

エイサーは、沖縄県鹿児島県奄美群島お盆の時期に踊られる伝統芸能


[ヘルプ]
  1. ^ a b 小松、2004年、P.54
  2. ^ a b 小松、2004年、P.55
  3. ^ 中津川、2007年、P.32
  4. ^ 小松、2004年、P.56
  5. ^ エイサーのまち沖縄市”. 沖縄市. 2016年7月6日閲覧。
  6. ^ 中津川、2007年、P.35
  7. ^ 中津川、2007年、P.31
  8. ^ 小松、1997年、P.77
  9. ^ 小松、2004年、P.59
  10. ^ 小松、1997年、P.74
  11. ^ 小松、2004年、P.63
  12. ^ 小松、2004年、P.61


「エイサー」の続きの解説一覧





エイサーと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エイサーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エイサー」の関連用語

エイサーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

井波の木彫りの音

水鳥公園の渡り鳥

室戸岬・御厨人窟の波音

後良川周辺の亜熱帯林の生き物

蓑脇の時水

諏訪洞・備中川のせせらぎと水車

那智の滝

八戸港・蕪島のウミネコ





エイサーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2017 bonodori.net
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.
ウルマックスウルマックス
©2017 Local Information Agent Co,Ltd
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエイサー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS