エアースポーツシューティングとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > エアースポーツシューティングの意味・解説 

エアースポーツシューティング

歴史と沿革

エアースポーツシューティング(APS競技Air Precision Shoot)は、1993年に「誰でも楽しめるスポーツ射撃競技」として日本エアースポーツガン協会考案した競技です。エアースポーツガンは、スプリングガス等の圧力用いて直径6mmの球形弾丸BB弾)を発射し、5~10m先の標的を撃つ競技専用銃です。競技者や周囲の安全を考慮し、競技を行うための必要最小限威力抑えて作られています。そのため、エアースポーツガンは、他の複合射撃競技においてはジュニア育成用として使用されています。

銃によるスポーツシューティングの歴史古くヨーロッパをはじめ各国人気の高いスポーツです。
スポーツシューティングは、自己の集中力極限まで高め精神面と、その集中力持続させる肉体鍛錬する高度なスポーツです。APS競技では特別な資格許可必要のないエアースポーツガンを使用しています。また、体力をあまり必要としないため、性別を問わず幅広い年齢層参加することができますこうした特性から、近年では親子での参加も増えています。さらに、射撃通じコミュニケーションの場として、そしてルール・マナーを重んじるスポーツとしても注目されています。

APS競技各地練習会・記録会が開催されています。なかでも年に一度APSカップは、約400名の選手参加する国内最大規模射撃競技会です。
また、公式の競技会では規定得点に応じてマスターバッジが進呈されています。このマスターバッジを目標に、競技取り組む選手多くいます。


競技方法

競技専用のエアースポーツガン「公式認定競技銃」を用いて静止または移動する標的に対して射撃行います。競技には、厳格な規定クリアし、競技専用銃として認められたものだけが使用されます。
競技会では銃の検査を行っており、その取り扱いにおいては全面最優先事項とし、厳格な指導のもとで運営されています。
銃の形状によって「ハンドガンクラス」「ライフルクラス」の2クラス設けられ、サイト照準器)の仕様により「オープンサイト部門」「フリーサイト部門」の2部門設けられています。
ハンドガンクラスでは、「ブルズアイ」「プレート」「シルエット競技、ライフルクラスでは「ブルズアイ」「プレート」「ムーバー競技で、それぞれ特性異な3競技で構成されています。


ルール

ブルズアイ競技(ハンドガンクラス5m/ライフルクラス10m)

精密射撃の中で基本となるこの競技は、最も集中力要求されます。自分ペースを保ち、集中力持続させることが重要です。

● ハンドガンプレート競技

楕円形のプレートターゲットに対し、わずか3秒間で射撃を行う競技です。ターゲット15あり、持続力俊敏かつ正確な動作キーポイントです。

シルエット競技

6~10mの異なる距離にある、わずか3×3cmのターゲットに対し、射撃を行う競技です。スタンディング立射)、プローン伏射)で構成されており、高い技術力要求される競技です。

● ライフルプレート競技

10m先の8楕円形ターゲットに対し、射撃を行う競技です。ターゲットのうち3には遮蔽物があり、難易度の高い競技です。

ムーバー競技

10m先の移動するターゲットに対し、射撃を行う競技です。ターゲットモーション読みタイミングを外すことなく射撃を行うことが重要です。

写真クリックすると拡大表示できます


ブルズアイ競技


ハンドガンプレート競技


シルエット競技


ライフルプレート競技


ムーバー競技






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

エアースポーツシューティングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

セイルトレーニング

ラクロス

空手道

ゲートボール

ダブルダッチ

エアースポーツシューティング

ソフトボール

ビリヤード





エアースポーツシューティングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団

©2017 Weblio RSS