ウロボロスとは?

ウロボロス [3] [2] 【ouroboros】

自分の尾を吞み込んで,円環になっている竜や転じて,無限であるさまをいう。

ウロボロス

関連項目→〔円環構造

★1.自分の尾をくわえて円環状になる

ギュルヴィたぶらかしギュルヴィの惑わし)スノリ)第34ロキ女巨人の間に生まれミズガルズ蛇を、大神オーディン深い海の中へ投げこんだ。大洋横たわる陸地をとりまくようにして成長し、その口が自分尻尾を噛むまでになった。

新編常陸国誌』 地中にいる大魚大蛇ともいう)が日本国土をとり囲み、首と尾とが茨城県鹿島郡出会った鹿島明神が釘でその首と尾を貫き止めた。この釘が要石かなめいし)である。それゆえ、この地には地震少ない〔*要石は、鹿島の神が天から降臨した時に座し給うた石だ、との伝説もある→〔地震〕7の要石伝説〕。

南島神話後藤明)第4章「日本神話南島世界」 とても長いナエ」が、世界取り巻いている。ナエは口で自分の尾をくわえてタガのように日本列島締めつけているのだ。ナエが口から尾を離すと、タガがゆるんで地震が起こる(種子島伝承)→〔地震〕7。

ツァラトゥストラはこう言ったニーチェ)「序説」 1羽のが空に大きな輪を描き、そのに1匹のが絡まっていて、そのの首に輪のように巻きついていた。ツァラトゥストラは「あれはわたし動物たちだ」と叫びをつねに身近に置いた。

自分の足を食べる→〔〕1cの『死なない蛸』(萩原朔太郎)。

★2.「自分の足指を用いて妊娠する女」というのは、「自分の尾をくわえる」と同類のものであろう

足指で孕んだ女 大昔のこと、ナミテという名前の女が海岸現れた。彼女は自分の足の親指を使って自ら受胎し、2人息子、カウケとカウケゲヴァラを産んだ。やがてナミテは年老い、「私を殺して、血を竹筒受け止め、火に入れなさい」と息子たちに言う。息子たちは、たくさんの竹筒に血を詰め、栓をして火に入れる。血が煮え竹筒割れ竹筒と同じ数の人間たちが発生した(東北ニューギニア、カイザー・ヴィルヘルムスラント、モヌムボ族の神話)。

★3a.自分の尾をくわえて回転する

神異経』「西荒経」 崑崙の西に、に似た「混沌」という獣がいる。目が見えず耳が聞こえず、食べた物は口から尻へ素通りする。何もせず無為の状態におり、いつも自分の尾を噛み、くるくる回転して、天を仰いで笑っている

★3b.自分排泄物主食とする

ユープケッチャ安部公房ユープケッチャ体長センチミリ昆虫で、自分の糞を主食とする。移動する必要がないため肢は退化して、なくなってしまった。ユープケッチャは体を左に回転させつつ食べ、食べながら脱糞する。糞はつねにきれいな半円を描く〔*→〔箱船方舟)〕2の『方舟はこぶね)さくら丸』にも、自給自足閉鎖系象徴として、このが出てくる〕

★4a.自分の頭の池へ身投げする男。

あたま山落語桜んぼを食べた男の頭に桜の木生え、皆が花見に来る。男がうるさがって木を引き抜くと、あとに大きな穴があき、がたまって池になる。そこへ魚釣り客が大勢来て騒ぐ。男はたまりかねて、自分の頭の池へ身を投げる

★4b.自分の持つ瓶(びん)の中へ落ちる男。

一千一秒物語稲垣足穂)「どうして酔いよりさめたか?」 ある晩、「自分」は唄をうたいながら歩いていて、井戸落ちた。誰かが綱を下ろしてくれた。「自分」は、片手ぶら下げていた飲みさしのブランディびんの口から、匍(は)い出してきた。

★5.自分身体から自分自身産み出す女。

マイナス・ゼロ広瀬正昭和20年1945)、17歳伊沢啓子はタイムマシンに乗せられて昭和38年1963)へ行き浜田俊夫と出会って関係を持ち、身ごもる。その直後タイムマシン誤作動彼女は昭和2年(1927)へ戻り、それとともに記憶を失う。自分誰か忘れたまま彼女は翌年昭和3年女児産み、「啓子」と名づけて捨て子にする。その後彼女は女優スカウトされ、小田切美子芸名を用いる(*→〔同一人物〕1)。捨てられた啓子は、大学講師伊沢に養われ、伊沢啓子となって昭和20年には17歳になる。伊沢啓子は伊沢啓子自身から産み出されたのだった

*「僕」が江戸時代へ行ってもうけた息子が「僕」の祖父→〔系図2dの『御先祖様万歳』(小松左京)。

息子の夢から生まれ母親息子を産む→〔母と息子〕3の『なぜ神々人間をつくったのか』(シッパー)。

★6.自分と交わり自分産み出した人。父も母も子もすべて「わたし」。

輪廻ハインライン1945年孤児院前に棄てられていた女児の「わたし」は、1963年18歳で妊娠出産する。その折、「わたし」は実は両性具有者だったことが判明する。以後、「わたし」は男として生きてゆく1970年25歳の「わたし(男)」は、タイムマシン1963年へ戻され、18歳の「わたし(女)」と出会い、関係を持って女児生まれる。女児タイムマシン1945年へ戻され、孤児院前に棄てられる。タイムマシン操作したのは、1993年からやって来た未来の「わたし」である。

★7.ヘビ・ガマ・ナメクジ、三すくみのウロボロス。

三すくみの話 ヘビガマを、ガマナメクジを、ナメクジヘビを、追いかけて呑もうとする。3者は丸い輪を描くようにつながる。それぞれそれぞれ呑み始めにつれて、輪は小さくなって行く。3者は同じ速さ互い呑み終わり、呑まれ終わる。その瞬間、3者はパッと消えてなくなった。


ウロボロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/20 05:20 UTC 版)

ウロボロス (ouroboros, uroboros) は、古代の象徴の1つで、己の尾を噛んで環となったヘビもしくはを図案化したもの。




「ウロボロス」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ウロボロスに関連した本

ウロボロスに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウロボロス」の関連用語

ウロボロスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ポーチュラカ

恵庭岳

ポポンテッダ・フルカタ

カウハッチ

ツルハシ

スカイビームPG型拡散型

キャンピングナイフ

ビクトリー





ウロボロスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2015 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2015 物語要素事典 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウロボロス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS