ウルナ・フレクションとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ウルナ・フレクションの意味・解説 

ウルナ・フレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/10/28 13:10 UTC 版)

ウルナ・フレクション(ulnar flexion)は、ウエイトトレーニングの種目の一つ。尺側手根屈筋尺側手根伸筋の筋肥大を促し、筋力を高めることができる。関節可動域いっぱいに手首を動かすことのできる重量で行う。着脱式のダンベルの片側にプレートをセットして行うことができるが、専用のバーがあれば理想的である。




「ウルナ・フレクション」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウルナ・フレクション」の関連用語

ウルナ・フレクションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

阪口悟

921T

乳香

伊藤 優詩

瀬戸内海国立公園

シティロースト

SC430

ディロフォサウルス・シネンシス





ウルナ・フレクションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウルナ・フレクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS