ウラベニホテイシメジとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > ウラベニホテイシメジの意味・解説 

ウラベニホテイシメジ

学名Entoloma crassipes Imaz. et Toki
イッポンシメジ科 イッポンシメジ属
ウラベニホテイシメジ
一般に秋になるとコナラクヌギアカマツの混ざった地上発生する大型のきのこである。よく似たクサウラベニタケという毒きのこがあるため注意が必要だが、 このきのこを採った時は本当にうれしい。クサウラベニタケとの見分け方の要点は、傘の表面模様、柄の太さ充実度などである。 ウラベニホテイシメジの傘の表面霜降り肉様の模様があるのに対してクサウラベニタケ絹糸状の光沢があり、柄はウラベニホテイシメジでは太く充実しているのに対してクサウラベニタケでは比較細く中空であるといった点である。きのこの見方コツ覚えると、ほんの一瞬判断できる場合もあるが、慣れないうちは、確実なもの以外は口にしない方が良い

特 徴
傘の表面灰褐色から灰黄褐色表面には霜降り肉様の模様がある。ひだははじめクリーム白色胞子成熟するとピンク色になる。柄はつば、つぼを欠き、 肉は充実して指でつまんでも容易にはつぶれない

ウラベニホテイシメジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/26 06:45 UTC 版)

ウラベニホテイシメジ(裏紅布袋占地、学名Entoloma sarcopum)は、ハラタケ目イッポンシメジ科イッポンシメジ属のキノコ。山にキノコ狩りに行って目にすることも多い。旧学名はRhodophyllus crassipes (Imaz.et Toki) Imaz.et Hongo であったが、1999年になって、これは1924年セイロン島で発見された別のキノコにつけられた学名であったことが判明し(=同名)、すでに変更されていた属名を付けると共に種小名が新しく付けられた[1][2]


  1. ^ 長沢栄史・本郷次雄(1999年12月15日)、『ウラベニホテイシメジについての新学名の提案』、日本きのこセンター菌じん研究所研究報告 37:1-6
  2. ^ 長沢栄史著「増補改訂版 日本の毒きのこ」(学習研究社2009年 ISBN 4054042635)P.142


「ウラベニホテイシメジ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ウラベニホテイシメジに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウラベニホテイシメジ」の関連用語

ウラベニホテイシメジのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ウラベニホテイシメジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人農林水産技術情報協会社団法人農林水産技術情報協会
Copyright © 1998-2014 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウラベニホテイシメジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS