ウィリアム・ドナルド・ハミルトンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 生物学者 > 進化生物学者 > ウィリアム・ドナルド・ハミルトンの意味・解説 

ウィリアム・ドナルド・ハミルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/26 09:23 UTC 版)

ウィリアム・ドナルド・“ビル”・ハミルトンWilliam Donald "Bill" Hamilton, 1936年8月1日 - 2000年3月7日)は、イギリス進化生物学者理論生物学者血縁選択説と包括適応度を提唱し、ダーウィン以来の難問であった生物の利他的行動進化の観点から理解する道を拓いた。近親交配性の狩りバチなどに見られる異常な性比を説明する局所的配偶競争や、進化ゲーム理論のさきがけとなる「打ち負かされない戦略」を提唱した。有性生殖の進化的意義の研究では、ルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』にちなんだ赤の女王仮説への支持と論理の拡張を行った。性選択において、オスの美しさは寄生虫耐性を示すというパラサイト説を唱えた。また老化の進化的意義の研究や、群れは捕食圧によっても形成されるという「利己的な群れ説」を提唱した。晩年には紅葉の進化のハンディキャップ説、微生物による雲の生成説などを提唱した。進化生物学だけでなく生物学分野全般に大きな影響を与え、現代のダーウィンと呼ばれた。




  1. ^ a b c d アラン・グラフェン"William Donald Hamilton"(2000)
  2. ^ 長谷川真理子編 『虫を愛し、虫に愛された人』p.134
  3. ^ マーチン・デイリー&マーゴ・ウィルソン "In Memoriam W.D. Hamilton" Evolution and Human Behavior 21 (2000) 75–77
  4. ^ R.ドーキンス『悪魔に仕える牧師』所収「W・D・ハミルトンへの頌徳の辞」
  5. ^ 長谷川真理子編『虫を愛し、虫に愛された人』所収「虫との日々-埋葬の計画」 このエッセイは1990年に東京動物園協会の昆虫学雑誌インセクタリウムに寄稿され、修正版が論文集『Narrow Roads to the Gene Land』に再録された
  6. ^ 『虫を愛し、虫に愛された人』所収「ショーハムとダウンの間」
  7. ^ Hamilton; William Donald (1936 - 2000)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。


「ウィリアム・ドナルド・ハミルトン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウィリアム・ドナルド・ハミルトン」の関連用語

ウィリアム・ドナルド・ハミルトンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヴェネチアンビーズ

ラコム

シュノンソー城

フクロノリ

及川拓馬

レギウス

ストレートライン

手の関節





ウィリアム・ドナルド・ハミルトンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウィリアム・ドナルド・ハミルトン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS