イーグルとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > イーグルの意味・解説 

イーグル [1] 【eagle】

(わし)
ゴルフで,ホール-アウトしたときの打数が,そのホール基準打数パー)より二打少ないこと。

【イーグル】(いーぐる)

eagle
。力強い猛禽類代表格であり、航空機などの名称にたびたび用いられる。

  1. HMS Eagle.
    第一次世界大戦後就役した英国航空母艦
    英国チリから発注されていた超ド級戦艦「アルミランテ・コクレーン」を建造途中で買収し、自国戦艦インディア」として建造続けていたところ、更に航空母艦設計変更されて就役した、という経歴を持つ。
    また、イギリス海軍初の島型艦橋アイランド)を持った航空母艦である。
    1924年就役1942年地中海にて輸送船護衛任務中にドイツUボートによる雷撃により魚雷3本を受け撃沈

    【スペックデータ】
    排水量
    基準/常備/満載
    21,600t/22,600t/26,500t
    全長190,5m
    水線191,1m
    全幅28.3m
    吃水7.3~8.8m
    飛行甲板198,7m
    飛行甲板29m
    主缶ヤーロー重油専焼水管缶×32
    主機ブラウン・カーチス式高速低速タービン×2組 4軸推進
    最大出力50,000HP
    最大速力24.0ノット竣工時)
    21.0ノット1941年時)
    航続距離4,000海里/18ノット
    燃料重油:2,500t(常備)/3,750t(満載
    航空燃料:67t
    乗員士官兵員834名
    兵装45口径15.2cm単装速射砲×9基
    45口径10.2cm単装高角砲×5基
    4.7cm単装高角砲×4基
    12,7mm機銃×4連装12
    53.3cm三連魚雷発射管×2基
    装甲舷側:114mm(中央水線部)/25mm(前後端部
    甲板:38mm(主甲板)/38mm(飛行甲板
    主砲砲盾:25~76mm
    搭載24機(ソードフィッシュ、シーグラディエーター、フルマースクア、シーハリケーン)

  2. HMS Eagle(ex.HMS Audacious).
    第二次世界大戦後就役した英国正規空母同型艦に「アーク・ロイヤル」がある。
    当初第二次世界大戦中1942年に「オーディシャス」として起工した艦であったが、就役1951年になってしまった。
    1972年退役し、1978年解体
    【スペックデータ】
    排水量
    基準/満載
    イーグル:33,500t/46,900t
    アーク・ロイヤル33,000t/43,060t(退役時)
    全長247.4m(イーグル)
    245m(アーク・ロイヤル
    全幅34.4m(イーグル)
    34m(建造時)/50m(退役時)(アーク・ロイヤル
    吃水11.0m(イーグル)
    10m(アーク・ロイヤル
    機関蒸気タービン×8缶4基 4軸推進出力152.000馬力
    最大速度31.5ノット
    航続距離7,000海里/14ノット
    乗員士官兵員2,750
    兵装イーグル:
    114mm連装両用砲×4基8門
    GWS.22「シーキャット」SAM 4連装発射機×6基
    アーク・ロイヤル
    4.5インチ連装砲×8基16
    ボフォース40mm機関砲×52
    レーダータイプ984 3次元レーダー×1基
    タイプ965 対空捜索レーダー×1基
    タイプ963 着艦誘導レーダー×1基
    タイプ974 航海レーダー×1基

    同型艦】
    番号艦名造船所起工進水就役退役
    R05イーグル
    HMS Eagle
    旧名オーディシャス
    HMS Audacious))
    ハーランドウルフ1942.10.241946.3.191951.10.51972.1.25
    R09アーク・ロイヤル
    HMS Ark Royal
    キャメル・レアード1943.5.31950.5.31955.2.251978.12.

  3. HMS Eagle.
    上記2.の「オーディシャス」級正規空母3番艦に予定されていた艦名
    1946年第二次世界大戦終戦に伴いキャンセル

  4. ゼネラルモータース傘下フィッシャー社が製造し、アメリカ陸軍航空隊納入するため試作した戦闘機P-75愛称

  5. アビアット社が製造する曲技機
    レシプロエンジン搭載した複葉機である点はピッツと共通だが、本機特徴組み立てキットとして販売されることである。
    組み立て煩雑さや、耐空証明を得ることの難しさからか、その姿見かけ機会少ない。
    参考リンク:http://www.aviataircraft.com/aircraft/eagle.htm

    【スペックデータ(イーグル)】
    乗員:1名
    乗客数:1名
    全長:5.46m
    全高:1.98m
    翼幅:6.07m
    面積:11.6
    空虚重量:465kg
    総重量:716kg
    エンジン:ライカミング AIO-360-1D 4気筒空冷ピストンエンジン出力200hp(149kW))×1基
    最高速度:296km/h
    航続距離:610km
    実用上昇限度:5,180m
    上昇率:11m/s

  6. アポロ計画で初の有人月面着陸成功した、アポロ11号着陸船

  7. アメリカ空軍を代表する戦闘機F-15愛称

  8. シコルスキー民間向けヘリコプターであるS-76軍用型として提唱された「H-76」の愛称
    結局H-76を採用した軍隊現れなかったため、幻の愛称となった。
    (ただし民間型を軍務に用いる例は存在した)

  9. マグナムリサーチ社が開発し、IMI製造する拳銃商標
    デザートイーグルベビーイーグル等。

  10. トルコのモクワ社が開発した軽装装甲車
    イーグル1からイーグル4までのタイプがあり、イーグル1~3まではHMMWVシャーシ足回りベースにしている。
    防御力については、7.62x39mm弾AK47用の実包)に耐える装甲持ち車輪の下で6kgの爆薬爆発しても乗員致命的影響を及ぼさない能力を持つ。
    主に、トルコ・デンマーク・ドイツで採用されている。

    【スペックデータ】
    乗員1+4名
    全長5.37m/3.53m(前後車輪間の間隔)
    全高2.0m
    全幅2.16m
    重量8.5t
    速度110km/h
    エンジンカミンズ ISBe 5.9L 直列6気筒ディーゼルエンジン出力250hp)
    行動距離650km
    武装RWS(リモートウェポンシステム)に搭載


イーグル

名前 Eagle

イーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/05 21:26 UTC 版)

イーグル英語:eagle)




「イーグル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

イーグルに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イーグル」の関連用語

イーグルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

リンクス

レギュラー ティー

90式戦車

グルーブ

96式多目的誘導弾システム

ユーティリティ クラブ

エシュロン

ニー アクション





イーグルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイーグル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS