インドの歴史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > インドの歴史の意味・解説 

インドの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/23 04:09 UTC 版)

インドの歴史(インドのれきし、History of India)では、インダス文明以来のインドの歴史について略述する。




[ヘルプ]

出典

  1. ^ 未解読のインダス文字を、人工知能で解析 (WIRED.jp)
  2. ^ a b c シングルトン 2014, p. 33.
  3. ^ a b 佐保田 1973, p. 23.
  4. ^ シングルトン 2014, pp. 33-34.
  5. ^ シングルトン 2014, p. 34.
  6. ^ Masica, Colin P (1993) [1991]. The Indo-Aryan languages (paperback ed.). Cambridge University Press. p. 36. ISBN 0521299446. 
  7. ^ 山下 2009, p. 69.
  8. ^ 山下 2009, p. 68.
  9. ^ a b 山下 2009, p. 71.
  10. ^ 佐保田 1973, p. 27.
  11. ^ a b 山下 2009, p. 105.
  12. ^ 『世界宗教百科事典』 丸善出版、2012年p.522
  13. ^ 佐保田 1973, p. 36.
  14. ^ シングルトン 2014, p. 279.
  15. ^ a b シングルトン 2014, p. 35.
  16. ^ 佐保田 1973, p. 35.
  17. ^ 川崎 1993.
  18. ^ 佐保田 1973, p. 37.
  19. ^ 伊藤 2011, p. 96.
  20. ^ a b シングルトン 2014, p. 99.
  21. ^ ポール・ブラントン 『秘められたインド 改訂版』 日本ヴェーダーンタ協会訳、日本ヴェーダーンタ協会、2016年(原著1982年)。ISBN 978-4-931148-58-1
  22. ^ デーヴィッド・ゴッドマン編 『あるがままに - ラマナ・マハルシの教え』 福間巖訳、ナチュラルスピリット、2005年、249-267頁。ISBN 4-931449-77-8
  23. ^ a b シングルトン 2014, pp. 45-52.
  24. ^ 河合秀和訳『20世紀の歴史――極端な時代(上・下)』(三省堂、1996年)
  25. ^ a b 伊藤雅之「現代ヨーガの系譜 : スピリチュアリティ文化との融合に着目して」、『宗教研究』84(4)、日本宗教学会、2011年3月30日、 417-418頁、 NAID 110008514008
  26. ^ シングルトン 2014, p. 5.
  27. ^ Yoga India Inscribed in 2016 (11.COM) on the Representative List of the Intangible Cultural Heritage of Humanity Intangible Heritage UNWSCO
  28. ^ 中村平治「独立インドの国家建設 -国民の政治参加の拡大-」内藤雅雄・中村平治編『南アジアの歴史 -複合的社会の歴史と文化-』有斐閣、2006年、p.204

補注

  1. ^ 例えば、近代インドを代表する聖者であるラマナ・マハルシ[21]は、修練方法としてジュニャーナ・ヨーガ、バクティ・ヨーガ、ラージャ・ヨーガを勧めている。ラマナは、霊性の向上は「心」そのものを扱うことで解決ができるという基本的前提から、ハタ・ヨーガには否定的であった。また、クンダリニー・ヨーガは、潜在的に危険であり必要もないものであり、クンダリニーがサハスラーラに到達したとしても真我の実現は起こらないと発言している[22]
  2. ^ シングルトン 2014によれば、これらの行者のなかには、実際にかなり暴力的な方法で物乞いをする者達もいて、一般の人々から恐れられていたらしい。武装したハタ・ヨーガ行者たちは略奪行為を働くこともあった。略奪行為が統治者から禁止されるようになると、行者らはヨーガを見世物とするようになり、正統的なヒンドゥー教徒たちからは社会の寄生虫として蔑視されていた[23]
  3. ^ 伊藤雅之はこれを1920年代から1930年代のこととしているが、シングルトン 2014によれば、少なくともクリシュナマチャーリヤに関して言えば1930年代以降のことである。伊藤論文では西洋式体操から編み出された近代ハタ・ヨーガをひとりクリシュナマチャーリヤのみに帰しているような記述となっているが[25]、シングルトンによれば同時代のスワーミー・クヴァラヤーナンダとシュリー・ヨーゲーンドラも重要であり、クヴァラヤーナンダの活動はクリシュナマチャーリヤに先行している。また、伊藤は近代ハタ・ヨーガにはインド伝統武術に由来する要素もあるとしているが、シングルトンの著書にはそれを示唆する記述はない。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

インドの歴史に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「インドの歴史」の関連用語

インドの歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

千葉佳裕

安藤 武夫

米選機

内江猪

ノーズ構造

伊達巻

内子町の町並と和ろうそく

日野レンジャー





インドの歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインドの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS