イメルダ・マルコスとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 海外の政治家 > フィリピンの政治家 > イメルダ・マルコスの意味・解説 

イメルダ・マルコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/29 20:06 UTC 版)

イメルダ・マルコス(Imelda Romuáldez Marcos、1929年7月2日 - )は、フィリピン共和国の政治家。第10代大統領フェルディナンド・マルコス夫人。下院議員。マニラ首都圏知事、環境住居大臣、新社会運動英語版党首を務めた。鋼の蝶英語: Steel Butterfly[1]または鉄の蝶英語: Iron Butterfly)という異名がある[2]




注釈

  1. ^ 母のレミディオスがメイドであった、もしくは違法にイメルダを出産したというのは誤りである[3]
  2. ^ ただし、イメルダは映画製作者のラモーナ・ディアスに対してスタンフォード大学の修士論文としての使用を許可したものであり、商用な映画への使用を許可したものでは無いとして地裁に上映中止を求めている[70]

出典

  1. ^ a b Michael Schulman (2013-5-13). “STOMPING GROUNDS BLING RING”. The New Yorker (Condé Nas). http://www.newyorker.com/talk/2013/05/13/130513ta_talk_schulman 2014年1月29日閲覧。. 
  2. ^ a b c Roy Rowan (1976-5-29). “Orchid or Iron Butterfly, Imelda Marcos Is a Prime Mover in Manila”. People (Time Inc.) 5 (12). ISSN 00937673. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20066297,00.html 2014年1月24日閲覧。. 
  3. ^ Remedios T. Romualdez” (English). Omnilexica. 2014年2月1日閲覧。
  4. ^ ペドロサ(1986年)66頁
  5. ^ ペドロサ(1986年)86頁-97頁
  6. ^ a b c d Imelda Marcos Biography” (English). The Famous People. 2014年1月26日閲覧。
  7. ^ a b Imelda Marcos biography” (English). Bio.com. 2014年1月24日閲覧。
  8. ^ ペドロサ(1986年)107頁
  9. ^ a b Imelda Marcos (2010年) (English,Tagalog,日本語字幕). イメルダ 美貌と権力を手にした「女帝」の生涯 (DVD). ユナイテッドエンタテイメント. 
  10. ^ a b c Carol Ramoran (2013年9月22日). “Imelda Marcos: Style icon,for better and worse” (English). Rappler. http://www.rappler.com/life-and-style/fashion/39154-imelda-marcos-style-icon 2014年1月24日閲覧。 
  11. ^ ペドロサ(1986年)119頁
  12. ^ ペドロサ(1986年)128頁
  13. ^ ペドロサ(1986年)124-134頁
  14. ^ a b Norman Pearlstine (2013年10月24日). “Imelda Marcos Has an $829 Billion Idea” (English). Bloomberg Businessweek. http://www.businessweek.com/articles/2013-10-24/imelda-marcos-backs-deuterium-off-philippines-for-clean-energy 2014年1月26日閲覧。 
  15. ^ ペドロサ(1986年)141頁
  16. ^ ペドロサ(1986年)146頁
  17. ^ ペドロサ(1986年)151頁
  18. ^ ペドロサ(1986年)160-165頁
  19. ^ ペドロサ(1986年)177頁
  20. ^ ペドロサ(1986年)189頁
  21. ^ ペドロサ(1986年)189頁
  22. ^ ペドロサ(1986年)200頁
  23. ^ ペドロサ(1986年)222.223頁
  24. ^ ペドロサ(1986年)230頁
  25. ^ ペドロサ(1986年)14頁
  26. ^ Stars and Stripes archives (1966年9月30日). “Marcos arrives for Japan visit” (English). Stars and Stripes. http://www.stripes.com/news/marcos-arrives-for-japan-visit-1.18414 2014年1月29日閲覧。 
  27. ^ Ambeth R. Ocampo (2011年8月25日). “Looking Back‘Sanctuary of the Filipino Soul’” (English). Philippine Daily Inquirer. http://opinion.inquirer.net/10643/%E2%80%98sanctuary-of-the-filipino-soul%E2%80%99 2014年1月26日閲覧。 
  28. ^ ペドロサ(1986年)15頁
  29. ^ a b “The weird world of Imelda Marcos” (English). The Independent. (2006年2月25日). http://www.independent.co.uk/news/world/asia/the-weird-world-of-imelda-marcos-347541.html 2014年1月26日閲覧。 
  30. ^ Mrs. Marcos / Assassination Attempt” (English). Television News Archive. Vanderbilt University. 2014年1月25日閲覧。
  31. ^ Grace Gaddi (2013年7月8日). “Get to know former First Lady Imelda Marcos on Powerhouse” (English). GMA News TV. 2014年1月24日閲覧。
  32. ^ ペドロサ(1986年)266頁
  33. ^ a b c d e f CNN Library (2013年1月24日). “Imelda Marcos Fast Facts” (English). CNN. http://edition.cnn.com/2013/01/24/world/asia/imelda-marcos-fast-facts/ 2014年1月26日閲覧。 
  34. ^ Coconut Palace Manila, come and judge for yourself!” (English). Philippines Travel Guide. 2014年1月29日閲覧。
  35. ^ “Tracking Tacloban’s Treasures (1)” (English). ThingsAsian. (2009年4月29日). http://www.thingsasian.com/stories-photos/36089 2014年1月29日閲覧。 
  36. ^ E.W. Smith (1977-1). “Title:An Example of Rapid Utilization of Geothermal Energy” (English) (PDF). 1979 Session:The Tongonan Geothermal Resource. https://pangea.stanford.edu/ERE/pdf/IGAstandard/NZGW/1979/Smith.pdf 2014年1月29日閲覧。 
  37. ^ “Tacloban mourns the loss of former Ambassador, Leyte Gov. Benjamin “Kokoy” Romualdez” (English). tacloban.gov.ph. (2012年2月29日). http://tacloban.gov.ph/?p=2884 2014年1月29日閲覧。 
  38. ^ ペドロサ(1986年)265,266頁
  39. ^ ペドロサ(1986年)265頁
  40. ^ “Imelda Marcos Talkasia Transcrip” (Englisg). CNN. (2007年1月24日). http://edition.cnn.com/2007/WORLD/asiapcf/01/19/talkasia.marcos.script/index.html 2014年1月26日閲覧。 
  41. ^ PRESIDENTIAL DECREE NO. 1886” (English). VIRTUAL LAW LIBRARY. CHAN ROBLES. 2014年1月26日閲覧。
  42. ^ The investigation of the assasination of Benigno Aquino (PDF)”. Sandiganbayan ruling. Special division court. 2013年1月26日閲覧。
  43. ^ 千野境子 (2011年10月). “独裁者、その最後の時 パート2 ハワイのイメルダ・マルコス夫人”. 日本記者クラブ. 2014年1月26日閲覧。
  44. ^ “Investigations: Imeldarabilia: A Final Count” (English). Time. (1987年2月23日). http://content.time.com/time/magazine/article/0,9171,963620,00.html 2014年1月16日閲覧。 
  45. ^ Arnold H. Lubasch (1988年10月22日). “MARCOS AND WIFE, 8 OTHERS CHARGED BY U.S. WITH FRAUD” (English). The New York Times. http://www.nytimes.com/1988/10/22/world/marcos-and-wife-8-others-charged-by-us-with-fraud.html 2014年1月26日閲覧。 
  46. ^ Craig Wolff (1990年7月3日). “The Marcos Verdict; Marcos Is Cleared of All Charges In Racketeering and Fraud Case” (English). The New York Times. http://www.nytimes.com/1990/07/03/nyregion/marcos-verdict-marcos-cleared-all-charges-racketeering-fraud-case.html 2014年1月26日閲覧。 
  47. ^ “The day in numbers: $100” (English). CNN. (2006年12月7日). http://edition.cnn.com/2006/WORLD/europe/11/07/day.numbers/index.html 2014年1月26日閲覧。 
  48. ^ “Imelda Marcos comes into fashion” (English). BBC. (2006年12月7日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/6123228.stm 2014年1月26日閲覧。 
  49. ^ “イメルダ夫人に無罪 比、国外への違法送金”. 共同通信. (2008年3月10日). http://www.47news.jp/CN/200803/CN2008031001000843.html 2014年1月26日閲覧。 
  50. ^ “MARCOS CONVICTED OF GRAFT IN MANILA” (English). New York Times. (1993年9月24日). http://www.nytimes.com/1993/09/24/world/marcos-convicted-of-graft-in-manila.html 2014年1月27日閲覧。 
  51. ^ Sol Jose Vanz (1998年10月14日). “NO APOLOGY, IT WAS A GODLY ACT -- IMELDA” (English). PHILIPPINE HEADLINE NEWS ONLINE. http://www.newsflash.org/199810/hl/hl000982.htm 2014年1月27日閲覧。 
  52. ^ “Top Court Voids Imelda Marcos's Conviction” (English). New York Times. (1998年10月7日). http://www.nytimes.com/1998/10/07/world/top-court-voids-imelda-marcos-s-conviction.html 2014年1月27日閲覧。 
  53. ^ “Homage to Imelda's shoes” (English). BBC. (2001年2月16日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/1173911.stm 2014年1月26日閲覧。 
  54. ^ “Philippine court orders arrest of Imelda Marcos” (English). The Guardian. (2001年10月16日). http://www.theguardian.com/world/2001/oct/16/philippines 2014年1月27日閲覧。 
  55. ^ Vivienne Khoo (2008年12月15日). “Malice in Wonderland: The Imelda Marcos Story” (English). the asia mag. 2014年1月27日閲覧。
  56. ^ Larry Leviste (2009年7月4日). “Imelda Marcos: The best and worst life” (English). INQUIRER. オリジナル2009年8月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090819114316/http://newsinfo.inquirer.net/inquirerheadlines/nation/view/20090704-213801/Imelda-Marcos-The-best-and-worst-life 2014年1月28日閲覧。 
  57. ^ “イメルダ夫人、来年の議員選に立候補表明 フィリピン”. AFPBB News. AFP. (2009年12月2日). http://www.afpbb.com/articles/-/2670433?pid=4985553 2014年5月11日閲覧。 
  58. ^ “イメルダ夫人当選、娘・息子も当確…比の選挙”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2010年5月12日). オリジナル2010年5月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100513160148/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100512-OYT1T00121.htm 2010年5月12日閲覧。 
  59. ^ “Private sector needed to achieve MDGs – Imelda” (English). abs-cbnNEWS.com. (2011年6月30日). http://www.abs-cbnnews.com/nation/regions/06/30/11/private-sector-needed-achieve-mdgs-%E2%80%93-imelda 2014年1月27日閲覧。 
  60. ^ Lynda Jumilla (2010年9月21日). “Imelda Marcos gives up on UN MDG summit” (English). ABS-CBN News. http://www.abs-cbnnews.com/nation/09/20/10/imelda-marcos-gives-un-mdg-summit 2014年1月27日閲覧。 
  61. ^ “Philippine court orders Imelda Marcos to repay funds” (English). Philippine News. (2011年4月11日). http://www.philippinenews.com/top-stories/1542-philippine-court-orders-imelda-marcos-to-repay-funds.html 2014年1月27日閲覧。 
  62. ^ 鈴木有理佳 (2013年5月). “フィリピン中間選挙の概要”. 日本貿易振興機構. 2014年1月28日閲覧。
  63. ^ “「イメルダ御殿」崩壊 ドレス放置・靴散乱 フィリピン台風3週間”. 朝日新聞. (2013年11月29日). http://www.asahi.com/articles/TKY201311280708.html 2014年1月28日閲覧。 
  64. ^ Miriam Grace A. Go (2013年11月15日). “Imelda Marcos to Warays: Don't lose hope” (English). Rappler. http://www.rappler.com/move-ph/issues/disasters/typhoon-yolanda/43808-imelda-marcos-leyte-hope-yolanda-haiyan 2014年5月20日閲覧。 
  65. ^ “Imelda visits GMA, says admin’s treatment ‘cruel'” (English). Rappler. (2014年1月22日). http://www.rappler.com/nation/48640-imelda-marcos-visits-gloria-arroyo-veterans 2014年1月28日閲覧。 
  66. ^ “IMELDA MARCOS AUTHORS UNPRECEDENTED PHILIPPINE HUMAN RIGHTS BILL” (English). Adobo chronicles. (2015年4月5日). http://adobochronicles.com/2015/04/05/imelda-marcos-authors-unprecedented-philippine-human-rights-bill/ 2015年4月27日閲覧。 
  67. ^ “Si Bongbong na lang: Imee, Imelda Marcos reelected in Ilocos Norte” (English). Politiko Luzon. (2016年5月13日). オリジナル2016年12月6日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/dUmLV 2016年12月7日閲覧。 
  68. ^ a b マッカートニー、ほか著 『The Beatlesアンソロジー』 斎藤早苗、ザ・ビートルズ・クラブ訳、リットーミュージック2000年10月5日、219頁。ISBN 4845605228
  69. ^ Bobby Ng (1966年7月6日). “Beatles booed as they leave” (English). The Manila Times 
  70. ^ “Imelda hits out at documentary” (English). AP. The Sydney Morning Herald. (2004年6月16日). http://www.smh.com.au/articles/2004/06/16/1087244969186.html?from=storyrhs 2014年5月20日閲覧。 
  71. ^ Awards/Festivals” (English). Imelda,Flims. Cine Diaz Films. 2014年9月18日閲覧。
  72. ^ a b 作品紹介”. イメルダ. ユナイテッドエンタテインメント. 2014年9月18日閲覧。
  73. ^ HERE LIES LOVE / ヒア・ライズ・ラヴ”. Warner Music Japan. 2014年1月27日閲覧。
  74. ^ Douglas Wolk (2010年4月10日). “The Imelda Marcos Story — As Told by David Byrne” (English). TIME. http://content.time.com/time/arts/article/0,8599,1981028,00.html#ixzz2rZpmAJPE 2014年1月27日閲覧。 
  75. ^ David Byrne's "Here Lies Love" to Premiere at NYC's Public Theater in April 2013” (English). Nonesuch Records (2012年4月9日). 2014年1月27日閲覧。
  76. ^ BWW News Desk (2014年1月21日). “HERE LIES LOVE to Return to the Public's LuEsther Theatre in March 2014” (English). Broadway World.com. Wisdom Digital Media. 2014年1月27日閲覧。
  77. ^ a b “Imelda Marcos musical Here Lies Love set for London stage” (English). BBC. (2014年5月6日). http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-27291465 2014年5月11日閲覧。 
  78. ^ “2014 Nominees” (English) (プレスリリース), The Lucille Lortel Awards, (2014年5月4日), http://www.lortelaward.com/2014nominees.htm 2014年5月11日閲覧。 
  79. ^ a b 福田晋吾「海外製品流入とフィリピンの地場製造業 : 製靴業の事例から (PDF) 」 、『東南アジア研究 = Japanese journal of Southeast Asian studies』第50巻第1号、京都大学東南アジア研究所、2012年7月、 80頁、 ISSN 05638682
  80. ^ “イメルダ夫人の栄華の跡”. まにら新聞. (2004年10月31日). http://www.manila-shimbun.com/series/sights/series144624.html 2014年7月6日閲覧。 
  81. ^ “フィリピンのイメルダ夫人に「靴ケーキ」、85歳の誕生日祝う”. ロイター (ロイター通信社). (2014年7月3日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0F80KN20140703 2014年7月6日閲覧。 


「イメルダ・マルコス」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

イメルダ・マルコスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イメルダ・マルコス」の関連用語

イメルダ・マルコスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

SH002

新潟焼山

荻田大樹

ミサイル艇「1号」型

泰山府君

イリエワニ

ロムニー

レインフォレストアライアンス





イメルダ・マルコスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイメルダ・マルコス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS