アーク溶接とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 溶接 > アーク溶接の意味・解説 

アーク溶接

英語 arc welding

相対する両極電源をつなぐとアーク発生するが、このアーク熱エネルギー利用して行う溶接をアーク溶接という。アーク溶接法は溶融金属の酸化窒化を防ぐため使用するシールド材などにより被覆アーク溶接炭酸ガスアーク溶接などいくつかの方法分類される。また、母材(被溶接物)と溶接棒間のアーク利用する溶式と、母材電極の間のアーク利用する非溶式、溶接電流交流直流かにより交流アーク溶接と直流アーク溶接という分類もされ、これらを総称してアーク溶接という。

アーク溶接

参照 アーク電圧
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

アークようせつ アーク溶接 arc welding

溶接部と溶接棒電極としてその間にアーク発光放電)を発生させ、その熱によって溶接棒を溶かし落着させる接合方法で、「電弧溶接」ともいう。器具方法によっていくつかの分類がある。金属アーク溶接、交流アーク溶接、自動アーク溶接、サブマージアーク溶接など。

アーク溶接

電気アーク気体中の正負電極間を放電する現象であり、低電圧・高電流特徴である。電気アーク温度数千から数万度と非常に高いため、これを溶接時の熱源として用いる方法がアーク溶接である。アーク溶接では金属材料電極の間にアーク発生させ、その熱で接合部局所的溶融させ接合を行う。
一方金属大気中で溶接すると、大気中の酸素窒素溶融金属の中へ溶け込んで溶接部分機械的性質劣化することが多い。そのため一般的に被覆剤(フラックスなど)や不活性ガスを用い、溶融部分大気から遮断して溶接する。
アーク溶接は最も広く用いられる溶接法で、溶接する対象合わせ様々な方法開発され使用されている。

被覆アーク溶接

アーク溶接の種類
被覆
アーク溶接
心線回り被覆剤を塗った被覆溶接棒材料母材)との間にアーク発生させ、溶接棒母材とを溶融させて溶接する方法
手作業での溶接
サブマージ
アーク溶接
母剤継手部の表面盛り上げ微細粒状被覆剤の中に、裸溶接棒電極として差し込みその先端と母材との間にアーク発生させ、連続的溶接を行う自動溶接法。
造船鋼管建築構造物など大型厚板溶接
金属不活性
(イナート)
ガス溶接
溶接部をアルゴンAr)やヘリウム(He)など、高温においても母材金属反応しない不活性ガス雰囲気に保ち溶接する方法
電極消耗少なティグTIG溶接と、溶接ワイヤを溶かしながら溶接するミグMIG溶接がある。
銅合金アルミステンレス合金溶接
炭酸ガス
アーク溶接
シールドガスとして安価な炭酸ガスCO2)を用い、溶接ワイヤ使用して溶接する方法自動溶接行われることが多い。
自動車造船など軟鋼低合金鋼溶接
ノーガス
アーク溶接
ガスシールドを行わず、自動溶接
行う場合
鋼の溶接
溶融したスラグ中に電極ワイヤノズルから送給し、スラグ内を流れ電流ジュール熱によって電極ワイヤおよび母材溶融させる方法炭酸ガスシールドガスとし、アーク溶融池を形成しながら溶接金属水冷銅板冷却しながら溶接する。
厚鋼板を用いた大型構造物溶接
片側からアーク熱による点溶接を行う方法。イナートガス雰囲気溶接を行う。
スポット溶接
ボルトスタッド)をチャック挟み電流流しボルト平板の間にアーク発生させ、両者適当に溶融した状態でボルト平板圧接して溶接する方法
平板とボルト・ピンなどの溶接
水冷拘束ノズルによってアーク緊縮させて1万~2万度高温プラズマ流を形成させ、これを熱源として溶接する方法 融点 材料溶接
電極タングステン不活性ガスとして水素ガスを用いる溶接法。
薄板特殊鋼溶接

用語解説

機械的性質
引張強さ降伏点伸び絞り硬さ衝撃値、疲れ強さクリープ強さなど、機械的変形及び破壊に関係する諸性質
溶接棒
溶接時の溶け込み部分充填する必要のある場合には溶接棒呼ばれる母材同種の金属棒を電極として用い、両者溶融させ供給源とする。
軟鋼
鋼のうち炭素含有量が0.12〜0.30%のものを軟鋼という。建築用の構造材水道管など一般的な用途に用いられる。
特殊鋼
炭素鋼普通鋼)に他の元素加え、特別な性質持たせたものを総称して特殊鋼と呼ぶ。添加する元素としてはニッケルマンガンタングステンモリブデンクロムアルミ多様である。
※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。

アーク溶接

母材電極間、または二つ電極間に発生するアークの熱を利用して行う溶接総称
電極溶ける消耗式と溶けない消耗式がある。

アーク溶接

読み方あーくようせつ
【英】 Arc welding

電気溶接
アーク放電によってもたらされる高熱で、接合したい材料を溶かし、溶着させること。
母材電極間、もしくは電極間に発生するアークの熱を利用して行う溶接総称
電極溶ける消耗式と溶けない消耗式がある。
強い紫外線避けるため、作業時は皮手袋防護服溶接面、が必須
アーク溶接を行う際は、労働安全衛生法59条3項「アーク溶接」による特別教育終了する必要。


アーク溶接

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/28 06:06 UTC 版)

アーク溶接(アークようせつ、英語:arc welding)とは溶接方法の一つで、空気(気体)中の放電現象(アーク放電)を利用し、同じ金属同士をつなぎ合わせる溶接法。母材と電極(溶接棒、溶接ワイヤ、TIGトーチなど)の間に発生させたアークによってもたらされる高熱で母材および溶加材(溶接ワイヤ、溶接棒)を溶融させて分子原子レベルで融合一体化する接合法であり接着とはまったく違う。電気溶接とも言われることもあるが、これには抵抗溶接も含まれる。


  1. ^ 新日本製鉄編著 『鉄と鉄鋼がわかる本』 日本実業出版社 2004年11月10日初版発行 ISBN 4534038356







アーク溶接と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アーク溶接に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アーク溶接」の関連用語

アーク溶接のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シフトパターン

5面加工

水中ポンプ

シルビア

電着塗装

疎水

ブロック溶接

酸洗





アーク溶接のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2016 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2016 TECH PLAZA
サムシングサムシング
Copyright (c) 2016 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
兼松日産農林株式会社兼松日産農林株式会社
Copyright ©2016 Kanematsu-NKK Corporation All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアーク溶接 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS