アンナカレーニナとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 長編小説 > アンナカレーニナの意味・解説 

アンナカレーニナ

作者レフ・トルストイ

収載図書瀬沼夏葉全集
出版社京央書林
刊行年月2004.4


アンナ・カレーニナ

作者レフ・トルストイ

収載図書集英社ギャラリー世界文学14 ロシア 2
出版社集英社
刊行年月1990.5

収載図書明治の女流文翻訳編 第2巻 瀬沼夏葉復刻版
出版社五月書房
刊行年月2000.9
シリーズ名明治文学復刻叢書


アンナ・カレーニナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/19 05:27 UTC 版)

アンナ・カレーニナ』(: Анна Каренина)は、帝政ロシアの作家レフ・トルストイの長編小説。1873年から執筆を開始し、1875年から雑誌『ロシア報知英語版』(: Русскій Вѣстникъ)に連載した。1877年に単行本初版が刊行された。『戦争と平和』と並ぶ作者の代表作であり、現代に至るまで極めて高い評価を受けている。




  1. ^ 藤沼貴『トルストイ』第三文明社・2009・366頁
  2. ^ 『集英社 世界文学大事典3』集英社・1997・240、246頁
  3. ^ マーク・スローニム『ロシア文学史』新潮社・1976・324-325頁
  4. ^ ロマン・ロラン『トルストイの生涯』岩波文庫・1973・65頁
  5. ^ 金子幸彦『ロシア文学案内』岩波文庫・1976・170頁
  6. ^ 木村浩「解説」『アンナ・カレーニナ』新潮文庫・2005年・560-562頁
  7. ^ マーク・スローニム『ロシア文学史』新潮社・1976・309-313頁
  8. ^ 木村彰一『ロシア・ソヴェート文学史』中央公論社・1958・112-113頁
  9. ^ 木村浩「解説」『アンナ・カレーニナ』新潮文庫・2005年・562頁
  10. ^ マーク・スローニム『ロシア文学史』新潮社・1976・321-323頁
  11. ^ 藤沼貴『トルストイ』第三文明社・2009・376頁
  12. ^ 『ドストエフスキー全集15』河出書房新社・1973・231頁
  13. ^ 「『アンナ・カレーニナ』」『トーマス・マン全集 Ⅸ』新潮社、1979、505頁
  14. ^ 藤沼貴『トルストイ』第三文明社・2009・471頁
  15. ^ 桑原武夫『文学入門』岩波新書・1975・131、132頁
  16. ^ Zane,J.Peder(ed.),The Top Ten: Writers Pick Their Favorite Books,New York,London,2007
  17. ^ http://www.toptenbooks.net/newsingle.cgi?1270583875


「アンナ・カレーニナ」の続きの解説一覧





アンナカレーニナと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アンナカレーニナに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アンナカレーニナ」の関連用語

アンナカレーニナのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

貼箱

亀甲竹

一宮町の線香づくり

順子

人工授精

ベレー帽

採鉱地

大悪尉





アンナカレーニナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンナ・カレーニナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS